【マリーゴールドの花言葉は怖い?】色ごとの意味や由来を徹底解説

マリーゴールドは、元気な黄色や鮮やかなオレンジ色の花を咲かせる夏の定番花。豪華で鮮やかな花姿は、寄せ植えにも、花束にも使われています。

また、虫を寄せ付けないため、ガーデニングでも定番。今回は、マリア様の花・マリーゴールドの花の色の種類や由来、そして、意外に怖い花言葉を紹介します。

目次

マリーゴールドの花言葉

マリーゴールドの花と白いフレーム

イエローカラーの花は不吉な花言葉を持つものが多く、イエスを裏切ったイスカリオテのユダの衣装の色がその根幹にあるようです。

黄金の花・マリーゴールドも、例に漏れず不吉な花言葉を背負っていますが、反面、聖母マリアの花に相応しい良い意味の花言葉も持っています。マリーゴールドの花言葉は、太陽神アポロンの勇敢さと、彼に恋した女性が堕ちていく姿の二面性を持っています。

花色別のマリーゴールドの花言葉

マリーゴールド誕生の伝説は諸説あり、花色ごとに花言葉も異なります。不吉な花言葉に纏わる逸話は、どれも太陽神アポロンと彼に恋した女性の話が定番。アポロンに恋した女性が、恋するが故の愚かさで身を滅ぼし、マリーゴールドになったという説です。

ここからは、花色別のマリーゴールドの花言葉について、そのエピソードと一緒に紹介します。

黄色のマリーゴールド:「健康」「下品な心」

黄色のマリーゴールドの花

花言葉「健康」は、マリーゴールドの花としての寿命の長さと、太陽神アポロンから由来しています。

もう1つの花言葉「下品な心」は、アポロンの恋人に嫉妬した水の精霊の神話。水の精霊が嫉妬に駆られて取った行動によって、アポロンの恋人が殺されてしまいます。自らの行いを悔いた精霊が、太陽を9日間見上げ続け、マリーゴールドへと姿を変えたという神話です。

オレンジ色のマリーゴールド:「真心」「予言」

オレンジのマリーゴールドの花

聖母といえば「予言」。マリーゴールドの「予言」の花言葉は、聖母マリアにちなんだものです。

もう1つの「真心」の由来は、太陽を崇拝する美少年クレムノンの神話から。太陽であるアポロンと美少年クレムノンが思いを交わすようになります。それに嫉妬した雲の神が太陽を隠し、二人の逢瀬を邪魔します。

クレムノンは嘆き悲しんだ末に命を落とし、アポロンはその深い愛情に真心で応え、クレムノンをオレンジ色のマリーゴールドに変え、愛したというエピソードです。

白色のマリーゴールド:まだ存在しない

白いマリーゴールド

マリーゴールド=黄色・オレンジというイメージですが、実は白色のマリーゴールドも存在します。

白色のマリーゴールドは、近年品種改良によって誕生したばかり。その花言葉はまだ存在しないようです。

種類別のマリーゴールドの花言葉

マリーゴールドは色別だけでなく、種類によっても花言葉があります。色別ではポジティブとネガティブを併せ持つマリーゴールドですが、種類ではどんな花言葉とエピソードを背負っているのでしょうか。

ここからは代表的な3種、フレンチマリーゴールド・アフリカンマリーゴールド・レモンマリーゴールドの花言葉を紹介します。

フレンチマリーゴールド:「いつも側に置いて」

マリーゴールドと蝶
学名Tagetes patula
科名キク科
属名コウオウソウ属
原産地メキシコ

小ぶりな花が特徴のフレンチマリーゴールドは、メキシコ原産ですが、フランス王室で愛され、パリで栽培されたものが広がったことからフレンチマリーゴールドの名がついたと言われています。

黄色・オレンジの花は観賞用としてだけでなく、食用のエディブルフラワーとしても人気。また、畑では虫を撃退するコンパニオンプランツとしても重宝されていました。

見て愛でるだけでなく、食用・農業でも生活に寄り添う、まさに「いつも側に置いて」と言える花ですね。

アフリカンマリーゴールド:「逆境を乗り越えて生きる」

アフリカンマリーゴールド
学名Tagetes erecta
科名キク科
属名コウオウソウ属
原産地メキシコ

オレンジ・黄色・白の花色を持つ大輪のアフリカンマリーゴールドは、名にアフリカとついているものの、原産はメキシコ。

メキシコから、アフリカやスペインなどの環境の異なる場所へと輸入され、野生化しながら生き抜いてきた強さから「逆境を乗り越えて生きる」という花言葉を持っています。アフリカでも育ち、暑さに強い性質を持っています。

レモンマリーゴールド:「愛情」

レモンマリーゴールド
学名Tagetes lemmonii
科名キク科
属名タゲテス属
原産地南部アメリカ・メキシコ北部

その名の通り、レモンのような黄色の舌状花と、柑橘系の芳香を持つレモンマリーゴールド。花言葉は「愛情」です。メキシコ北部や北アメリカの山岳地帯に自生しており、別名「マウンテン・マリーゴールド」という名も持っています。

一年草のフレンチマリーゴールド・アフリカンマリーゴールドと違い、レモンマリーゴールドは多年草。秋(9月~11月)に開花し、葉はハーブティーとしても愛用されています。根には線虫・ナメクジが忌避する成分があり、コンパニオンプランツとして虫よけに使われることもあります。

マリーゴールドの花言葉の由来

黄色いマリーゴールドの花

「健康」「真心」「愛情」「勇者」というポジティブな花言葉の反面、「下品な心」「絶望」「悲しみ」等の不吉な花言葉を持つ両極端さ。

マリーゴールドの花言葉のポジティブ面は、太陽神アポロンと聖母マリアから。ネガティブ面は、アポロンに纏わる恋と裏切りの神話が由来となっています。

色別ではネガティブな花言葉を持つだけに、花束や鉢をプレゼントする際には注意しましょう。

マリーゴールドの基本情報

一面のマリーゴールドの花畑

マリーゴールドはメキシコ原産で世界に広がっていった花。メキシコでは、日本の盆にあたる「死者の日」にお供えされています。アラブ首長国連邦では国花とされている花でもあります。

ひまわり同様、太陽が出ている間は花が開き、日没とともに花が閉じるのも、太陽神アポロンと関連づけられる理由なのでしょう。

ここからは、マリーゴールドの特徴や開花時期・活用方法について紹介します。

マリーゴールドの特徴

マリーゴールドの花畑

マリーゴールドは開花が5月~11月と、長い期間楽しめる一年草。草丈は20cm~1mほどで、メキシコ原産で暑さにも強いため、ガーデニング初心者にもおすすめです。

花の色は、オレンジ・黄色・山吹色・クリーム色等のイエローカラーで、大きさは直径4~7cm程度。太陽を思わせる華やかで明るく色合いが、寄せ植えや花壇に彩を添えてくれます。

マリーゴールドの名前の由来

聖母マリアの像

マリーゴールドは、聖母マリアの祝日に花開くことから、「聖母マリアの黄金の花=マリーゴールド」と名づけられました。

聖母マリアの祝日は宗派によって異なり、年に5~10回程あります。そんな長期に渡って咲いている点も「聖母マリアの黄金の花」の名に相応しいですね。

マリーゴールドの開花時期・季節

黄色いマリーゴールドの花

開花時期は長く、5月~11月(種類によっては4月~12月)と、長期に渡って楽しめる花です。

4月~6月と9月~10月が最盛期。一年草なので1つの花が長く咲き続けますが、早めに花を咲かせて摘んでおくと、秋頃もう1度花を楽しむことができます。

マリーゴールドの利用法

乾燥させたマリーゴールドの花弁

食用として利用されており、花はハーブティーやエディブルフラワーにも。マリーゴールドの花弁から作った食用オイルは、ドレッシングも販売されています。

ただし、どの種類でも食用として利用できるわけではありません。食用として楽しみたい場合は、園芸用ではなく、ハーブ等の「食用」として販売されている苗から育てましょう。園芸用は、経口摂取に不向きな薬剤が使われている苗もあるため、食用を考えている人は要注意です。

マリーゴールドはコンパニオンプランツとしてもおすすめ

オクラとマリーゴールドの花

コンパニオンプランツとは、他の植物と一緒に植えると良く育ったり、病害虫避けにもなってくれる植物のこと。マリーゴールドはコンパニオンプランツの1種で、様々な植物と相性が良いため、その華やかな色合いもあって寄せ植えにも活躍しています。

マリーゴールドの多くの種類は、根っこから土壌有害線虫を害する成分を分泌するため、線虫駆除にも利用されています。このためマリーゴールドは、野菜を育てる際にも一緒に植えると、コンパニオンプランツとしての役割を果たしてくれます。

誕生花としてのマリーゴールド

マリーゴールドとハーブの花束

マリーゴールドは7月18日の誕生花。元気なビタミンカラーは、まさに夏のイメージですね。

7月18日とは別に、アフリカンマリーゴールドは10月28日の誕生花にもなっています。

まとめ

暑さにも強く、長期間開花するマリーゴールドは、その色合いもあって寄せ植えやガーデニングにもおすすめな植物。コンパニオンプランツとしても活躍するため、家庭菜園と一緒に楽しむこともできるのもポイントです。

太陽神アポロンや聖母マリアを象徴した「真心」「健康」等のポジティブな花言葉の反面、「下品な心」「絶望」「悲しみ」といったネガティブな意味合いも持っているため、プレゼントには相手を選ぶ花です。花束に使う際には、ポジティブな花言葉をメッセージに添えてみても良いかもしれません。

目次
閉じる