【カスミソウの花言葉】結婚祝いに向いている?怖い?|色別の意味をご紹介

小さく繊細な花姿から、花束でも添えられるカスミソウ。感謝の気持ちを込めて贈ることから、「感謝」や「親切」という花言葉を持っています。カスミソウは実はいろいろな種類があり、色によって異なる花言葉があることをご存知でしょうか?

今回は、カスミソウの花言葉の他、基本情報、名前の由来、贈り方、もらった時の飾り方・育て方も紹介。この記事を読めば、贈り贈られるカスミソウをもっと楽しむことができるはず。

目次

カスミソウ(かすみ草)全体の花言葉

カスミソウ

清楚で繊細な小花を散らした姿は、「感謝」「親切」「幸福」「清らかな心」「無垢・無邪気」といった花言葉を持っています。

英語の花言葉では「innocence(純潔)」「everlasting love(永遠の愛)」「purity of heart(清らかな心)」とあり、カスミソウがメインのウェディングブーケも人気。結婚式や結婚記念日のプレゼントにもふさわしい花です。

花色別のカスミソウの花言葉

「感謝」や「幸福」など、贈り物にも最適な花言葉を持つカスミソウですが、これはカスミソウ全体の話。

カスミソウはメジャーな白以外にも、ピンク・水色・黄色などのカラーがあります。花色別のカスミソウの花言葉を紹介しましょう。

白色のカスミソウの花言葉:「清らかな心」

カスミソウの花束

カスミソウといえば定番は白。その純白が象徴するように「清らかな心」という花言葉を持っています。また、白色は、カスミソウ全体の花言葉と同じく、「感謝」「幸福」も託されています。

カスミソウが持つ花言葉の由来は不明とされています。しかし、ウェディングシーンで愛されてきた歴史から、様々な感謝・幸福へのイメージが反映されているのかもしれません。

ピンク色のカスミソウの花言葉:「切なる願い」「感激」

ピンクのカスミソウ

ブーケにポップ・ガーリーな印象を添えるピンク色。その花言葉は「切なる願い」「感激」です。

ピンクの他、赤のカスミソウも同様の意味を持っています。赤いカスミソウは、まるで小さなカーネーションのよう。情熱の赤が感激を表現しているのかもしれません。

水色のカスミソウの花言葉:「清い心」

水色のカスミソウ

花束にロマンティックを添えるパステルブルーのカスミソウは、花言葉は「清い心」。パステルカラーの澄んだ淡い水色が、清らかさ・透明感をイメージさせますね。ウェディングブーケやブライダルの装飾にもおすすめです。

ちなみに青・紫のカスミソウは存在せず、白いカスミソウを着色したものとなっています。

黄色のカスミソウの花言葉:色別の花言葉はない

黄色のカスミソウ

青・紫と同じく、黄色のカスミソウも着色によって造られています。このため、黄色のカスミソウに花言葉はありません。

しかし、黄色は明るいイメージで、希望・元気を感じさせてくれる色。花束やアレンジメントに添えれば、明るい雰囲気を演出できます。もらった人も定番の白とは違う色のカスミソウで、笑顔になってくれるはず。

カスミソウの花言葉は怖い意味がある?

青いカスミソウとガーベラ

タンポポやマリーゴールドのように、花によってはいい意味と、不吉な意味・怖い意味の花言葉を併せ持つものもあります。

お祝いだけでなく、お葬式の供花としても万能なカスミソウ。その花言葉に怖い意味は託されていません。祝い事への喜び、旅立つ大切な人への感謝など、前向きな思いが託されています。

カスミソウ(かすみ草)の基本情報

カスミソウ
学名Gypsophila elegans
科名ナデシコ科
属名カスミソウ属
開花時期5月~7月
原産地アジア・ヨーロッパ一帯

ナデシコ科のカスミソウは、一重咲きと八重咲きがあります。花束の添え花としての他、仏花用の切り花としても生産されています。切り花だけでなく、近年では花壇・プランターでも育てられる種類も生まれました。

カスミソウの名前の由来

カスミソウのブーケ

カスミソウの和名は「霞草」。その名の通り、多岐に分かれた枝先で咲く小さな花が、春霞の如く見えることから霞草という名がつけられました。

学名Gypsophila elegansは、ギリシャ語が由来。カスミソウ属に分類される草花が、石灰質の土壌を好んで育つことから、gypsos=石灰、philios=親愛・最愛という意味から由来しています。

また、カスミソウの英語名はbaby’s breath。「赤ちゃん・恋人の吐息」というロマンティックで可愛い意味を持っています。

カスミソウの風水

瓶に生けたカスミソウ

カスミソウがお祝い事や式典の花束・アレンジメントで使われるのは、風水的にもいい意味を持っているためと言われています。

カスミソウのような白い花は、悪いもの・汚れを取り払い、よりよい人間関係に導くというもの。このため、結婚式やお祝い・感謝を伝える花束にも最適です。おうちの中に飾るのもOK。家の中に迷い込んだ悪いものを払ってもらいましょう。

誕生花としてのカスミソウ(かすみ草)

カスミソウとプレゼント

カスミソウは、4月4日・5月21日・6月1日・11月30日の誕生花。

お祝いの花束の際は、メインの花にカスミソウを添えて、より華やかにしてプレゼントしてあげたいですね。

カスミソウの品種

カスミソウはみな同じように見えて、実は一重咲き・八重咲きがあるように、種類があります。

ここからは知っているとちょっと楽しい、カスミソウの品種について紹介しましょう。

パニクラータ

カスミソウ

カスミソウを代表する品種の1つ。白い花弁に、一重咲き・八重咲きがあります。

草丈が1m前後と高く育つのも特徴。切り花として主に使われているのはこのパニクラータという種類のカスミソウです。

コベントガーデンマーケット

カスミソウ

通常のカスミソウより大きい花が特徴。直径2cm程度の白花大輪のカスミソウです。切り花以外にも、秋撒きの休耕田の景観植物・花壇の花としても愛好されています。

切り花・アレンジメントの他、ドライフラワーとしても使える花です。

エレガンス

カスミソウ

パニクラータと同じく、カスミソウを代表する品種の1つ。花の持ちが良いことから、切り花用として商業的に流通・生産されているカスミソウでか。宿根カスミソウと呼ばれています。

切り花の他、花壇・プランターでも育ちます。また、春は一面に花が咲く姿を楽しむことができます。

おすすめのカスミソウの贈り方

花束・アレンジメントなどのギフトで欠かせないカスミソウ。

感謝・幸福を願う気持ちを込めて贈られる花として、どのような贈り方があるかを紹介しましょう。

花束

カスミソウのブーケ

定番なのが花束。結婚祝いやバースデー以外にも、新たな旅立ちや感謝を示すビジネスシーンにも使える優秀さです。

メインの花に添えての演出はもちろん、カスミソウ単体の花束は、5,000円以上の花束にすれば見ごたえ抜群。もらう人も喜んでくれることでしょう。ちょっとしたギフトとして、カスミソウのミニフラワーブーケも可愛いですよ。

アレンジメントフラワー

カスミソウのアレンジメント

贈り物としてもらったそのままの形で飾れるアレンジメントフラワーでは、カスミソウは添え花として演出してくれます。

和・洋風、様々な種類の花にマッチし、メインの花の雰囲気をアップしてくれます。複数の色のカスミソウを使ったドラマチックなアレンジメントも人気です。

スタンド花

カスミソウを入れたフラワースタンド

フラワースタンドは、開店祝いや舞台の公演祝い、誕生祝いなど、プライベートからビジネスまで幅広く活用されています。カスミソウはどんな場でも使えるため、人気の高い花です。

カスミソウオンリーのスタンド花の場合、かなりのゴージャスな雰囲気に。ただし、店舗側としては使用するカスミソウの量を確保しなくてはならないため、注文する際は、事前に店舗に日時と大きさ等を相談しておきましょう。

カスミソウがぴったりのシーン

花言葉は感謝・幸福。そんなカスミソウの、贈り物としておすすめのシーンを紹介します。

結婚祝い

カスミソウのブーケ

清楚な白い花はブライダルにもぴったり。純白の花嫁を連想させるウェディングブーケの他、結婚祝いにもぴったりです。花束やアレンジメントがおすすめ。

白以外にも、水色・ピンク・黄色などパステルカラーのカスミソウもあります。長く飾れるカスミソウは、その後ドライフラワーとしても楽しめる分、贈り物も長く手元に残してもらえるかもしれません。

お誕生日祝い

カスミソウとオレンジのバラのブーケ

男女関係なく使えるカスミソウは、バースデーギフト用の花束・アレンジメントにもおすすめ。

10代~20代の若い人へのプレゼントなら、カスミソウ単体の可愛らしいギフトもお似合いです。逆に年配の人向けには、メインの花と組み合わせると華やかさ・落ち着きどちらの演出も可能。

退職・退職祝い

薔薇とユリとカスミソウのブーケ

お世話になった人への感謝を表したい、そんな時はカスミソウの花言葉はぴったり。

感謝の気持ちを込めたメッセージを添え、退任・退職祝いの花束・フラワーギフトに、カスミソウと他の花を組み合わせた素敵な花束をプレゼントしましょう。

プロポーズ

カスミソウのウェディングブーケ

かつてはプロポーズといえば、バラとカスミソウを添えるものが定番でしたが、近年はナチュラル嗜好。

ロマンティックなエアリー感とボリュームたっぷり。カスミソウの花束でプロポーズも人気です。カスミソウをメインに、隠れるようにスイトピーなどの淡い色が見え隠れするブーケは、上品な美しさがあります。

カスミソウのおすすめの飾り方

フラワーギフトはプレゼントすることもあれば、もらうこともありますよね。

せっかくのギフト。どうせ飾るなら、素敵に楽しめる方法を知っておきましょう。

季節に合わせて花瓶を変える

ガラスのコップに入れた花

一年中同じガラスの花瓶に生けてもいいけれど、季節に合わせて花瓶を変えるとそのシーズンに合わせた雰囲気になり、場の雰囲気もワンランクアップ。

夏はガラスの花瓶に生けることで、茎が見えて涼し気に。冬は陶器の花瓶に生けましょう。陶器のもつ温かな質感が、冬らしい風情を生み出してくれます。

茎をリボンや布でデコレーションする

リボンで結んだカスミソウとティーセット

意外にやったことがないという人も多い飾り方が、リボンでのデコレーション。繊細なカスミソウの茎に、そっとリボン・布を巻いてみましょう。

白くシンプルなカスミソウに、リボンの色が添え色となって映えます。素朴なカスミソウに差し色が入りドレスアップ。簡単なので、余っているリボンがあれば、ぜひやってみてください。

カスミソウをプレゼントする際の注意点

カスミソウのブーケ

カスミソウはネガティブな花言葉を持たないため、花言葉がネックになることはありません。カスミソウだけで作られたブーケやアレンジメントも人気です。

しかし、年配の人の中にはカスミソウ=添え花というイメージを持っている人も少なくありません。年配の人へのギフトでは、メインの花とカスミソウを組み合わせて贈りましょう。

カスミソウの育て方のコツ

切り花でも鉢植えにも向いているカスミソウ。園芸用として家で育てる場合は、長く楽しむため、育て方のコツも押さえておきましょう。

ここからはカスミソウの設置場所、水やり、病害虫対策について解説します。

設置場所:日当たりと風通しが良い所

日差しを浴びるカスミソウ

カスミソウの鉢植え・プランターは、日当たりが良く、風通しのいい場所で過ごさせてあげましょう。ただし、直射日光は厳禁。夏の暑さにも弱いため、夏場は高温の時間帯は日陰に移すなどの配慮が必要です。

湿気も嫌がるため、水はけの悪い場所に植えないようにしましょう。

水やり:土の表面が乾いた時にたっぷりあげる

じょうろ

カスミソウは湿気をあまり好みません。庭に地植えしている場合は水やりは不要です。降雨がまったくない時期は、乾燥させないように水を与える程度でOKです。鉢植えの場合は、土の表面が乾いているときのみ与えましょう。

病気・害虫対策も忘れずに

あぶらむし

カスミソウは、土の中のカビによる立ち枯れ病に要注意。カスミソウが湿気を好まない分、水を与えすぎることで立ち枯れ病のリスクが高まります。

アブラムシを見つけたら、その都度駆除し、ハダニは霧吹きで葉に水を与えることで予防が可能です。

鮮度の良いカスミソウの見分け方

カスミソウとカーネーション

フラワーショップで並んでいるカスミソウは、通常は鮮度の良い美しい品質のものです。

せっかくのギフトなので、新鮮なものを自分で選びたいという人のために、鮮度の良いカスミソウの見分け方を紹介します。

・花の状態が瑞々しく、乾きすぎていない
・ついている花が咲ききっておらず、ある程度つぼみも残っている
・花の色が変色(黄色~茶色)していない

まとめ

カスミソウは、その花言葉に、「感謝」の気持ちを伝え、旅立つ相手の「幸福」を願う意味を持ちます。花束・アレンジメントにも使えて、お祝い事
・ビジネス・お別れにも使えるため、様々な場で活躍します。

近年はカスミソウだけで作られたギフトも人気。清楚でやさしい印象のカスミソウは、ドライフラワーにしても長く楽しめるので、プレゼントにもおすすめです。

目次
閉じる