庭革命

0120-734-828受付時間 9:00~18:00

無料見積もり申し込み

庭革命

コラム

【しだれ桜(枝垂れさくら)の剪定】垂れた枝が優美なしだれ桜の剪定時期や方法・育て方を解説

剪定入門道場

2021.02.21

しだれ桜

垂れ下がった枝に白やピンクの花をつけるのが特徴の、しだれ桜。春になると、日本全国でしだれ桜を鑑賞することができます。

桜といえばソメイヨシノも有名ですが、優美なしだれ桜も魅力的ですね。しだれ桜は、シンボルツリーなど庭木としても人気です。

しかし、「剪定は必要?」「桜の木は枝切りはしていいの?」と不安になりますよね。この記事では、しだれ桜の剪定時期や方法・育て方について解説します。

しだれ桜(枝垂れさくら)の特徴

しだれ桜

しだれ桜(枝垂れさくら)はバラ科サクラ属の落葉樹で、原産地は日本です。文字通り枝が柳の木のように垂れ下がるのが特徴で、糸桜(イトザクラ)という別名を持っています。

しだれ桜には、八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)や清澄枝垂(キヨスミシダレ)などさまざまな品種があります。

しだれ桜は寿命が長く、福島県の「三春滝桜」は樹齢1000年を超えています。「三春滝桜」はベニシダレ桜という品種で、日本三大桜のひとつ

しだれ桜の開花時期は3月下旬~4月頃。桜の代表・ソメイヨシノよりも1週間早い開花です。花の色は白・ピンク・赤で、花言葉は「優美・ごまかし」

しだれ桜(枝垂れさくら)の剪定時期

しだれ桜

しだれ桜の剪定に適した時期は、11月頃です。冬の間は、休眠期となります。休眠期は成長がゆっくりになり、多少の強剪定をしても木にとって負担が少なく済みます。

切り口の腐敗は、そのほかの季節と比べると進行が遅くなります。

また、しだれ桜は落葉樹なため、冬になると葉が落ちます。葉が落ちて枝が見やすくなると、剪定しやすいからという理由もあります。

しだれ桜(枝垂れさくら)の剪定方法

しだれ桜を大きく健康に育てるためには、剪定が必要です。剪定を行うことにより、樹木全体に養分が行き渡り健康な株に成長します。

しだれ桜の剪定の基本は、間引き剪定です。樹高が好みの高さになったら、芯止めをしましょう。

ここでは、しだれ桜の剪定の仕方について解説します。

目標の高さまで成長したら「芯止め」を行う

しだれ桜

しだれ桜の苗を植え付けたら、目標の高さまで育てます。目標の高さまで成長したら、それ以上大きくならないように「芯止め」をしましょう

芯止めとは、目標の高さになった主幹を切ること。切った主幹から脇芽が生え枝となり、傘上に伸ばして垂れ下がります。

盆栽や鉢植えなどで小さく育てたい場合も、芯止めで好みの大きさに育てることができますよ。

「間引き剪定」で不要枝を切る

剪定

しだれ桜はたくさん剪定をしなくても、美しい樹形をキープしてくれる樹木です。しかし、混み合う枝があれば間引き剪定をして風通しをよくしてあげましょう

細い枝や枯れた枝・内側に向かって生えた枝も剪定します。また、株元から生えるヒコバエ(ヤゴ)も根元から切り落としましょう。

剪定の時期は冬ですが、夏も枝の込み具合が気になるなら剪定をしてもかまいません。その場合は、たくさん切り過ぎないように注意してください。

庭革命
1970.01.01
庭革命
https://zoen-uekiya.com/column/sentei/senteisyurui/
庭に関する全ての情報を発信。全国の造園・植木屋職人の情報から、剪定・ガーデニングに関するマメ知識を徹底紹介。庭造りから始まる、アナタの人生革命を応援します。

「強剪定」は極力行わないように注意

剪定

強剪定とは太い枝や幹を切ることですが、切り過ぎは枯らしてしまう原因になります。太い枝を切る際は冬に行い、一度に何本も切らずに様子を見ながら行いましょう。

枝は成長するにつれ、太く大きくなります。太くなってから切ると「強剪定」となってしまうため、不要な枝と判断したら細く小さな枝の段階で剪定するようにしましょう。

こまめに剪定し、日々手入れすることがポイントです。

しだれ桜(枝垂れさくら)の育て方

しだれ桜を丈夫に育てるには、普段の手入れが欠かせません。水やりや肥料など、怠らないように世話をしましょう。

また、鉢植えで育てる場合は、植え替えという作業が必要です。ここでは、しだれ桜の育て方について解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

水やりや肥料の頻度とタイミング

ベランダガーデニング

水やりですが、地植えの場合は乾燥させないように管理してください。植え付けた後は基本的には水を与える必要はなく、雨水でまかなえます。

夏の日照りが続くときだけ、水を与えましょう。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしてください

肥料は、地植えの場合は緩効性肥料と腐葉土を混ぜて作ったものを掘った穴の底に入れてから植え付けをします。

その後は、秋から冬にかけてしだれ桜の株の周りに数カ所穴を掘り、「寒肥」を与えましょう。春になり花が咲き終われば、5月頃に「お礼肥」を施します。

鉢替えのタイミングと方法

ガーデニング

しだれ桜を鉢植えで育てる場合は、定期的に植え替え(鉢替え)という作業が必要です。植え替えをせずに放置すると、根詰まりや根腐れを起こしてしまいます

鉢底から根が出てきたら、植え替えのタイミングです。植え替えに適した時期は、11月頃です。

鉢替えの仕方は、ひと回り大きな鉢に肥料を混ぜた土をいれて準備をしておきます。しだれ桜の株を引き抜いたら、新しい鉢に植え替え土を足し水をたっぷりと与えて完了です。

植え替えの際は、根をなるべく触らないように気をつけてくださいね。

しだれ桜(枝垂れさくら)の誘引方法

しだれ桜

しだれ桜は、樹形を整えるために誘引をします。誘引の仕方は、苗を植え付けた後に支柱を立てて幹を誘引します。麻紐などで縛って倒れないように固定しましょう。

目標の高さに育つまで、幹の途中から生える枝は剪定してください。株元から生えるヒコバエ(ヤゴ)も剪定しましょう。

誘引することで、上へまっすぐと伸びた樹木を育てることができます。

しだれ桜(枝垂れさくら)の花が咲かない原因と対策

しだれ桜

しだれ桜の花が咲かない原因はいくつか考えられますが、日光不足と剪定の失敗が考えられます

しだれ桜は日当たりのよい場所を好むため、日陰の多い場所で育てると上手く光合成ができません。光合成ができないと養分を作ることができないため、花つきが悪くなってしまいます

また、剪定をする時期が遅くなると、花芽を切り落としてしまう可能性があります。遅くても2月までには、剪定を終えるようにしてくださいね。

しだれ桜(枝垂れさくら)の木が枯れる理由

せっかく育てたしだれ桜は、枯らしたくないですよね。しだれ桜が枯れてしまう主な原因は、害虫被害や病気になってしまうことと剪定の失敗です。

ここでは、しだれ桜が枯れる2つの原因について解説します。それでは、詳しく見ていきましょう。

害虫被害や病気によって枯れる

モンクロシャチホコ

しだれ桜につきやすい害虫は、コスカシバの幼虫やモンクロシャチホコです。

コスカシバの幼虫は、幹のなかに入り込んで食害します。幹の皮からヤニが出ていたら、被害にあっている可能性を疑いましょう。

モンクロシャチホコは、葉っぱを食べてしまう害虫です。どちらの害虫も見つけ次第駆除し、日頃から観察して被害にあわないように注意してください。

病気は、テング巣病にかかりやすいです。ほうきのように枝が細く糸状に枝分かれしたら、被害を疑いましょう。

テング巣病はハサミからも感染するため、剪定の際は消毒を行うなどして被害を広げないように注意してください。

庭革命
1970.01.01
庭革命
https://zoen-uekiya.com/column/gardening/gaityuutaisaku/
庭に関する全ての情報を発信。全国の造園・植木屋職人の情報から、剪定・ガーデニングに関するマメ知識を徹底紹介。庭造りから始まる、アナタの人生革命を応援します。

剪定時期や剪定カ所を失敗した

枯れ

しだれ桜の剪定に適した時期は11月です。前項目でも解説しましたが、冬の休眠期に枝を切るのは、負担が少ないからです。

しかし、春から秋にかけて剪定してしまうと負担が大きく、株を弱らせてしまいます。最悪の場合には回復が追い付かず、枯らしてしまうことも。

小さな枝や葉の剪定は許容範囲内ですが、太い枝は冬以外は切らないようにしてください。

しだれ桜(枝垂れさくら)は挿し木で増やせる!

しだれ桜

しだれ桜は、挿し木で増やすことができます。挿し木は、6月~7月頃行うとよいでしょう

挿し木の作り方は、その年に生えた新しい枝を10~15センチほど切り取ります。土に挿す方の切り口は、斜めにカットしてください。

枝の2分の1~3分の1の葉は、すべて取り除きましょう。

切り口を2~3時間水に浸したら、発根促進剤を塗ります。土を入れ用意した育苗ポットに、挿します。土が乾かないように水やりをして、明るい日陰で管理しましょう。

根が出るまで、およそ1~2カ月かかります。発根したら、庭に地植えするか鉢植えに植え替えてください。

しだれ桜(枝垂れさくら)は盆栽にしてもお洒落

しだれ桜

挿し木などで株を増やしたら、盆栽で育てるのもおすすめです。和の雰囲気にも洋の雰囲気にも合いますから、お部屋庭せて器を選ぶとよいでしょう。

白やベージュの器を選べばナチュラルで可愛らし雰囲気に、グレーや黒など暗い色の器を選べばシックで大人の雰囲気になります。

日本の春を感じられる盆栽を部屋のなかでも楽しんでくださいね。

しだれ桜(枝垂れさくら)の剪定をプロに依頼した場合の費用は?

剪定

しだれ桜の剪定は、さほど難しくありません。初心者でも挑戦できそうですね。

しかし、木が大きくなって剪定がしにくい場合は、怪我をするリスクが高まります。また、寒い冬に剪定をするのは大変ですね。

そんなときは、プロの業者に頼るのもひとつです。

そこで気になるのは剪定料金ですが、職人一人あたりで費用を計算する業者や樹木1本で計算する業者などさまざまです。

たとえば、職人一人あたりの日当なら15,000円~30,000円が相場となります。

樹木の高さで料金が決まる場合は、3メートル未満の樹木なら5,000円。5メートルまでなら7,000円。7メートルなら15,000円

それ以上になると、実物を見て見積もりを出す業者が多いです。

見積もりは複数の業者でとるのがおすすめ

見積書

見積もりの算出方法やサービス内容は、業者により異なります。実際に剪定を依頼する前に、見積もりをとって確認しておきましょう。

見積もりは1社ではなく、3~5社の複数社からとることをおすすめします。樹高や本数など、状況によって金額が異なるからです。

見積もりをとって、あなたに合った業者を選んでくださいね。

なお、庭革命では無料で複数社から見積もりをとることができます。ぜひ利用してください

しだれ桜(枝垂れさくら)の剪定のまとめ

しだれ桜

しだれ桜の剪定時期や方法、育て方について解説しました。

しだれ桜は昔から親しまれてきた樹木で、お花見などで出かけた先で見る機会が多いと思います。そのせいか、どこか自宅で育てるのは難しいのではないか?と感じていませんか?

誘引やこまめな剪定は必要ですが、庭木として自宅で育てることもできますよ

しかし、大きく丈夫に育てるのが不安な方はプロに任せるのもひとつでしょう。美しいしだれ桜を育てて、春には自宅で花見を楽しんでくださいね

関連記事

記事一覧を見る

木瓜の木

剪定入門道場

2021.02.27

【木瓜(ボケ)の木の剪定】華やかで美しい花を咲かせる木瓜の木…

ウツギ

剪定入門道場

2021.02.27

【ウツギの剪定】ウツギの剪定時期は年2回!季節ごとの方法や育…

アカシア

剪定入門道場

2021.02.27

【アカシア(ミモザ)の剪定】ふわふわで黄色の花が愛らしいアカ…

タラの木

剪定入門道場

2021.02.26

【タラの木の剪定】山菜の王「タラ」の木を自宅で栽培!剪定時期…

すももの木

剪定入門道場

2021.02.26

【すももの木(プラム)の剪定】甘酸っぱい夏の果実「すもも」の…

ザクロ

剪定入門道場

2021.02.26

【ザクロの剪定】剪定でザクロの木を上手に育てよう!剪定時期や…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP