庭革命

電話予約

お問合せ

コラム

【エレガンテシマの剪定方法】剪定時期・枯らさないお手入れ方法を解説

剪定入門道場

2020.07.31

エレガンテシマ

育てやすいと人気のエレガンテシマ。鮮やかな緑は見ていてとてもすがすがしいですよね。手に入りやすい価格のため生垣にも好まれています。

今回は注目を集めているエレガンテシマの剪定時期や方法などを詳しくご紹介していきます。

「これは大丈夫なの?」と不安に思ったお悩みにもお答えしていくので、最後までぜひチェックしてみてください。

 

エレガンテシマはどんな植物?

エレガンテシマとは常緑針葉樹の1種で、育てやすい庭木として高い人気を誇っている植物です。葉が落ちることもなく、掃除する手間が省けるのも人気の理由の1つでしょう。

こまめな手入れをしなくても勝手にぐんぐん育ってくれるので、ガーデニング初心者の方にもぴったりです。

葉っぱを少し揉んでみるとパイナップルのような爽やかな香りが感じられ、明るい緑色なので庭を華やかにしてくれます。寒くなると葉っぱが茶色く変化してしまいますが、春になればまた元のように鮮やかな緑色に戻ります。

シンボルツリーや目隠しにもおすすめ!

エレガンテシマ

エレガンテシマ(エレガンティシマ)は、コノテガシワ(ヒノキ科の常緑樹)の一種。シンボルツリーや目隠しにもぴったりの植物です。家のシンボルツリーにして周りにお花やハーブなどを育ててみるのも素敵ですし、家の周りを囲むように何本か生垣として植えれば目隠しにもなります。

エレガンテシマは価格が数百円と手に入れやすいので、お財布に優しいのがポイント。エレガンテシマの緑の生垣で、外から家の中が見えにくいようにしたいという方にもぴったりです。

エレガンテシマの剪定時期!

エレガンテシマ(コノテガシワ・エレガンティシマ)にも剪定時期があります。エレガンテシマは生命力が非常に強く、冬になると葉っぱの色が茶色くなってしまいますが、枯れている訳ではないので安心してください。

他の植物と比べて、決まった剪定時期があるわけではないのですが、それぞれの季節によって特徴があるのでそちらをご紹介していきましょう。

新芽が伸びる「春〜初夏」が最適!

剪定鋏

一年中剪定に適しているエレガンテシマですが、中でも春から初夏にかけてが1番最適だといえます。エレガンテシマは剪定するときに使用する、ハサミの金属部分に触れてしまい、茶色く変色してしまう場合があります

1ヶ月ほどすれば元に戻るのですが、なるべく変色は避けたいもの。春から初夏にかけては新芽が伸びるため、変色が目立ちにくい時期です。

また、梅雨の時期は内側に湿気が溜まりがちで害虫が発生してしまう危険性があるのですが、風通しの良い春や初夏であればそのような心配もいりません。

台風や積雪の対策をするなら「秋〜冬」の剪定も

剪定

台風や積雪の対策をするのであれば秋から冬にかけて剪定するのもいいでしょう。エレガンテシマは暑さや寒さに強い植物ではあるのですが、台風による強い強風や積雪によって枝が折れてしまう可能性があります

エレガンテシマが傷ついてしまうのは避けたいなら、秋から冬にかけてしっかり対策をしておきましょう。

ただ、地域によっては必ずしも必要となるわけではありません。自分の住んでいるところによく台風が来るのか、雪が多いのかを考えた上で剪定時期を決めてみてください。

エレガンテシマの剪定方法

エレガンテシマ(コノテガシワ・エレガンティシマ)の剪定時期は、一年に1回程度で充分です。剪定方法は「間引き」「透かし剪定」主にこの2つがあります。

【間引き剪定】不要な枝を剪定して樹勢をコントロール

ガーデニング道具

不要な枝や枯れ枝を取り除いていかないと、周りの元気な枝が枯れてしまう場合があります。不要な枝を剪定=「間引き」をして全体の樹勢をコントロールしましょう。

剪定する枝の見分けがつかない場合は、葉がついてない枝、伸びている方向がおかしい枝を取り除くのがベストです。

【透かし剪定】美観だけでなく病害虫予防にも有効

剪定

葉っぱや枝が込み合ってしまうと、日陰が多くなり湿気がこもりやすくなります。害虫被害や病気の原因にもなりますので「透かし剪定」をしてあげましょう。

透かし剪定をする場所の見分け方は、離れてみて樹木の向こうが透けていない部分を透かしていきます。エレガンテシマが、どの状態なのかをみて剪定方法を決めくださいね。

剪定をする際の注意点は?

芽を摘む

コノテガシワの1種・エレガンテシマを剪定する際の注意点としては、なるべく金属のハサミを使用しないことが大切です。葉っぱが金属部分に触れてしまうと色が茶色く変色します。

健康にはあまり問題はないのですが、見た目が少し悪くなってしまいます。

「ハサミを使わないでどうやって切るの?」と思いますよね。それは、エレガンテシマの葉は柔らかいので手でむしることができます。もし、ハサミを使うのが不安、見た目が悪くなってしまうのを避けたい方は手で不要な葉っぱを取り除きましょう

こんな症状が現れてしまったら要注意!

温度変化に強く一年中ぐんぐんと育つエレガンテシマですが、見慣れない症状を見て不安になってしまうこともあるでしょう。実はその症状はエレガンテシマに危険が迫っているのかもしれません。

以下でご紹介する症状が見られたら、すぐに対策してあげることが大切です。

毛虫・アブラムシなどの害虫が大量発生

イラガ・害虫

毛虫やアブラムシなどの害虫が大量発生しているという悩みは多いです。もしアブラムシが大量に発生しているのであれば、根元にアリが巣を作っている可能性があります

エレガンテシマは一本の太い根だけで支えられているのですが、アリが巣を作ると根を食い荒らしてしまう可能性が…。食い荒らされてしまうとすぐに枯れてしまうので、いち早く対処する必要があります。

アブラムシが大量発生しているのであれば乳化させた石鹸水を吹きかけたり、もしくは牛乳を吹きかけても撃退できるのですぐに試してみてください。

葉の色が悪い

枯れ葉

葉っぱの色が見る限り悪くなっていたり、先が枯れ始めているのであれば少し危険な状態です。残念ながらこの状態になってしまうと完全な回復は難しいでしょう…。

エレガンテシマは高さもあるので、倒木の危険性を避けるためにも一刻も早く伐採してあげてください。

プロの業者に任せるのもおすすめ!

エレガンテシマ(エレガンティシマ)の剪定方法に自信がないのなら、プロの業者に頼んでもいいでしょう。ロの業者に頼めば万が一害虫が発生したり、病気にかかったとしても手早く対処してくれます

エレガンテシマを元気よくすくすくと育ててくれますし、鮮やかな緑色の葉っぱをたくさんつけてくれるでしょう。自分で育てるのにも自信がない方は、プロの業者を頼ってみてください

エレガンテシマの剪定の料金相場は?

費用

生垣にもよく使われるエレガンテシマ(コノテガシワ・エレガンティシマ)の剪定。

剪定の価格は安いところでおよそ500円から対応してくれます。エレガンテシマの大きさや本数によっても料金価格は変わってきますが、そこまで高い費用はかからないので安心してください。

厳しい研修制度をクリアしたプロの庭師が丁寧にお手入れをしてくれるので、いつまでも元気な姿が見られますよ。

エレガンテシマの剪定方法・病害虫対策も庭革命におまかせ!

剪定方法がわからないからプロに依頼したいけど、自分で植木屋・造園業を探して見積もりをとるのは、なんとなく腰が重い…という人もいるのでは?

そんなときは庭革命におまかせください。庭革命の熟練の植木職人が、自分で剪定するよりさらに美しい樹形に仕上げます。

万が一、エレガンテシマに病害虫が発生した場合もプロなら安心。剪定方法や病害虫対策についても、的確なアドバイスをいたします。

庭革命に依頼した方がいい3つの理由

①スピード対応!ご依頼から最短で翌日に施工

業者

庭木の枝や雑草が伸びて、ご近所トラブルが不安…。

しかし通常、植木屋・造園に依頼しても、見積もりの予約をして、実際の作業はその翌週…と、なかなか予約がとれないこともあります。

庭革命は、最短翌日から作業開始できるスピード感を重視。お待たせするストレスなく、お庭トラブルを解決します。

②無駄な追加料金は発生しない

費用

植木屋・造園に依頼した人の口コミでは、「料金がわかりにくい」という声もあります。

請求書の内訳に、その他費用や諸経費など、作業費以外の項目が加算されていると、なんだかすっきりしませんよね。

庭革命は明朗会計!無駄な費用が発生しないので、安心してご依頼いただけます。

③お庭のプロ集団!有名庭園の管理をしていた職人が在籍

リーズナブルだから、スピードサービスだからといって、職人の質が低いわけではありません。

庭革命の職人はプロ集団揃い。有名庭園管理の経験を持つ、熟練の職人が在籍しています。

まとめ

コノテガシワの品種の1つ・エレガンテシマ(エレガンティシマ)はガーデニング初心者の方でも育てやすく、鮮やかな緑が家を明るく見せてくれます。

価格もお手頃なので、ホームセンターや園芸店でも気軽に購入できるのもポイント。

家の周りに緑があるだけで自然に感じられますし、目隠しにもなるのでまずは1本から育ててみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

記事一覧を見る

ケヤキの並木道

剪定入門道場

2021.08.31

ケヤキ(欅)の剪定方法と時期・業者依頼の費用についてもご紹介…

木瓜の木

剪定入門道場

2021.02.27

【木瓜(ボケ)の木の剪定】華やかで美しい花を咲かせる木瓜の木…

ウツギ

剪定入門道場

2021.02.27

【ウツギの剪定】ウツギの剪定時期は年2回!季節ごとの方法や育…

アカシア

剪定入門道場

2021.02.27

【アカシア(ミモザ)の剪定】ふわふわで黄色の花が愛らしいアカ…

タラの木

剪定入門道場

2021.02.26

【タラの木の剪定】山菜の王「タラ」の木を自宅で栽培!剪定時期…

すももの木

剪定入門道場

2021.02.26

【すももの木(プラム)の剪定】甘酸っぱい夏の果実「すもも」の…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP