【西洋ニンジンボクの剪定方法】正しい時期や育て方を徹底解説!

薄紫色の綺麗な花を咲かせる西洋ニンジンボク。鑑賞用だけでなくハーブとしても利用できることから注目されています。しかし、中には「剪定のやり方が分からない」「初心者だから育てるのが不安」といった悩みを抱えている方もいるでしょう。

そこで今回は、西洋ニンジンボクの剪定方法を紹介します。育てる時のポイントとハーブとしての利用効果についても解説するのでぜひご覧ください。


この記事を読んで、「西洋ニンジンボク」剪定を業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。

庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

目次

西洋ニンジンボクの特徴

西洋ニンジンボクとは、シソ科の落葉低木で夏に薄紫色の花を咲かせる植物です。細い葉が集合して手のひらのような形になっているのが特徴。成長すると樹高は2~3m程度となり横に枝を広げて大きくなります。

また、西洋ニンジンボクは木全体に香りがある植物です。見た目だけでなく香りも楽しめます。耐寒性・耐暑性にも優れているため、初心者でも育てやすいでしょう。

西洋ニンジンボクの剪定方法

西洋ニンジンボクは、成長スピードの早い植物です。特に、夏時期に勢いを増して横に枝を広げます。剪定をしなければ樹形が崩れる可能性があるため注意しましょう。ここでは、西洋ニンジンボクの剪定方法を以下の4つに分けて紹介します。

剪定のポイント

  • 剪定時期
  • 剪定方法
  • 増やし方
  • 大きく育ちすぎた場合

西洋ニンジンボクを綺麗に育てるためにも、剪定方法をチェックしておきましょう。

西洋ニンジンボクの剪定時期は冬

西洋ニンジンボクは、冬の時期に剪定するのがおすすめです。夏場は西洋ニンジンボクが成長する時期のため、剪定すると成長をストップさせてしまいます。そのため、2月~3月を目安に剪定してください

冬場に剪定すれば、夏場に伸びすぎてしまった枝を綺麗に整えることが可能です。綺麗な樹形を保つためにも適切な時期に剪定しましょう。

西洋ニンジンボクの剪定のやり方

西洋ニンジンボクの剪定では、夏場に伸びた枝葉を切り落とす程度に抑えておくのがポイントです。樹形を整える以外にも、剪定によって株への負担を軽減できます。また、余分な枝葉を切り落とすことで効率良く栄養を届けられるでしょう。

ただし、西洋ニンジンボクの生育に必要となる枝葉まで剪定すると、最終的に枯れてしまう可能性があります。そのため、剪定時は切りすぎないよう注意が必要です。

西洋ニンジンボクの増やし方

西洋ニンジンボクは、種からと挿し木の2パターンで増やせます。種から増やす場合は、花が咲いた後にできる果実から種を採取して育てるのが基本です。

挿し木では、9月頃に新しく真っすぐ生えている枝を使います。2節~3節のところで切り取り、切り口を斜めにカットして水に浸しましょう。その後、挿し木用の土に枝を挿して発根すれば成功です。

西洋ニンジンボクが大きく育ちすぎた場合は?

西洋ニンジンボクの中には、8m近くまで成長するものがあるため注意が必要です。大きく育ちすぎてしまうと、剪定の際に脚立や持ち手の長い剪定ばさみが必要になるなど、手入れに手間がかかります。また、高い木の剪定には危険も伴うため注意が必要です。

自分で剪定をすることも可能ですが、安全面も考慮してプロに依頼するのがおすすめ。怪我のリスクがなくなるだけでなく綺麗に仕上げられるため、西洋ニンジンボクが大きく育ちすぎたら検討してみてください。

西洋ニンジンボクの育て方

見た目も香りも楽しめる西洋ニンジンボクは人気の植物です。育ててみたいと思う方も多いでしょう。そんな方のために、ここからは西洋ニンジンボクの育て方を以下の6つのポイントに分けて紹介します。

育て方

  • 場所
  • 水やり
  • 肥料
  • 植え付け
  • 植え替え

次の章でそれぞれのポイントを詳しく解説するので、西洋ニンジンボクを育てたい方はぜひチェックしてください。

育てる場所は自由度が高い

西洋ニンジンボクは日当たりの良い場所を好むため、午前中でも日が当たる場所を選びましょう。耐陰性には弱いため日当たりが悪い場所での生育は向いていません。

また、西洋ニンジンボクは3m以上成長する可能性があります。鉢植えで育てる場合は、安定感のある大きめの鉢を選ぶのがポイント。また、地植えの場合は隣に植えている植物と葉が重ならないよう、距離をあけるようにしてください。

水やりの頻度は少なめ

西洋ニンジンボクへの水やりは、地植えの場合はほとんど必要ありません。雨水だけである程度育ちます。ただし、植え付けてから根付くまでは毎日水をあげてください。

また、夏場などで晴れた日が続く場合も水を与えるのがポイントです。鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

肥料は冬の2月頃に与える

西洋ニンジンボクは育てやすい植物であり、肥料は必須ではありません。ただし、肥料を与えてあげることで株が弱るのを防ぎ大きく育てられます。

与える時期は冬の2月頃がおすすめです。春に新芽を増やすための寒肥として、腐葉土や油粕を与えましょう。

土は乾燥気味の土壌を用意する

西洋ニンジンボクを育てる時は、乾燥気味の土壌を用意してください。基本的に、撥水性に優れた土壌であればどんな土でも構いません。

購入する場合は普通の培養土を選びましょう。自分で作る場合は赤玉土7、腐葉土3の割合で混ぜてください。

植え付けは3〜4月にかけて

西洋ニンジンボクの植え付け時期は、春の3月~4月がおすすめです。西洋ニンジンボクにとってこの時期は落葉期であり、ちょうど新芽が出る頃となります。

また、植え付けを行った後は根がしっかりとはるまでたっぷりと水を与えましょう。また、鉢に植え付ける場合は底石を敷くなど撥水性がよくなるよう工夫するのがおすすめです。

植え替えは育て方に合わせよう

西洋ニンジンボクの植え替えは必要?

西洋二ンジンボクの植え替えは、鉢植えの場合のみ必要です。

地植えで育てる場合、植え替えは不要となります。西洋ニンジンボクは基本的に移植を好まない植物のため、植え替えが不要な場所に最初から植え付けてあげましょう。

鉢植えの場合は、成長に合わせて鉢を交換しましょう。一回り大きな鉢を用意して植え替えをすることで、根詰まりを防げます。

西洋ニンジンボクで注意する病害虫はなし

西洋ニンジンボクを育てる場合、病気や害虫の心配はありません。特に気にしていなくても病害虫による被害はないため、初心者でも育てやすいでしょう。

ただし、カミキリムシがよってくることがたまにあります。株元に木くずが落ちていたり幹に穴があいていないかチェックするのがおすすめです。

西洋ニンジンボクはハーブに使用される

西洋ニンジンボクは、花が咲いた後に実る果実からさわやかな香りがします。昔からハーブとして使用されてきた植物であり、様々な効果が期待できるでしょう。

次の章で、西洋ニンジンボクのハーブとしての効果について詳しく解説します。鑑賞用としてだけでなく、ハーブとしても利用するためにチェックしてみてください

西洋ニンジンボクのハーブとしての効果

西洋ニンジンボクにはどんな効果がある?

西洋ニンジンボクにはホ ルモンバランスを整える効果があります。

女性ホルモンを正常に戻したり、更年期障害のイライラを軽減させるなどの目的で利用することが多いです。

西洋ニンジンボクのハーブとしての効果を体験したい場合は、ハーブティーとして摂取するのがおすすめ。他のハーブと組み合わせれば飲みやすくなりますが、高い効果を期待するなら西洋ニンジンボク単品で摂取しましょう。

ハーブの管理に注意しよう

西洋ニンジンボクをハーブとして使用する場合は、管理に注意してください。子どもが西洋ニンジンボクのハーブを口にしてしまうと、効果が強く出て悪影響を及ぼす可能性があります。子どもの手の届かない場所で管理してください。

また、西洋ニンジンボクのハーブは妊娠中に口にすると流産の危険につながります。妊娠している可能性がある場合は摂取を控えてください。また、薬を服用している場合は摂取しても問題ないか必ず医師に確認を取りましょう。

まとめ

今回は、西洋ニンジンボクの剪定方法について紹介しました。綺麗な花と香りが楽しめる西洋ニンジンボクは、剪定が必須な植物です。成長スピードも早いため適切な時期に剪定をしてあげましょう

また、育ちすぎてしまった場合は安全のためにもプロに剪定を依頼するのがおすすめです。正しい方法で育てることで美しい花を楽しみ、ハーブとしても利用できる果実を実らせられるでしょう。


この記事を読んで、「西洋ニンジンボク」剪定を業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。

庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

目次
閉じる