庭革命

庭革命

【大木の伐採方法】業者に見積もりをした時の費用相場も徹底解説!

植物大百科

2020.08.29

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「大木の伐採を任せたいけど、どれくらいの費用がかかるの?」と困っている人も多いでしょう。

大きな樹木となると伐採も大変ですし、コストもそれなりにかかってしまいます。

そこで今回は大木伐採にかかる費用や、伐採方法などについて詳しくまとめていきます。

大木を放置しておくと枯れて倒木してしまう危険性もありますし、伐採することを決めたら迅速に行動しなければいけません。

大木伐採の費用は何で決まる?

まず最初に大木伐採の費用はどのように決まるのかをまとめていきます。

高さや太さによって値段が変わるので、自分が伐採したい大木がどれだけのサイズなのかを把握しておく必要があります。

【木の高さ】場合によっては大型トラックが必要に…

丸太を運ぶトレーラー

大木を伐採する際に木が高ければ高いほど、費用も難易度も上がっていきます。
伐採の時に怪我をしてしまうリスクが上がってしまいますし、搬出する際にも大型のトラックを用意しなければいけません。

処分するのにも時間がかかってしまうので、膨大な時間と労力を必要としてしまいます。

伐採した木や枝葉を処分する時も、処分費として料金が追加され、単価も上がっていきます。特に高く成長しやすいケヤキなどは、単価が高いと思っておいても良いでしょう。

【幹の太さ】20㎝以上の太さになると難易度があがる

木を倒す

伐採する際の費用が上がってしまうのは、高さがある木だけではありません。幹の太さによっても費用が変わります。
特に幹の太さが20センチ以上ある大木は、伐採するときの難易度も上がり、危険性も高いと言われています。

木を倒したときに下敷きになってしまったり、周りの建物に傷が付いてしまったり、枝が体に刺さってしまったりと数多くのリスクを伴います。考えただけでも少し恐ろしくなってしまうほどのたくさんのリスクが…。

プロの業者は太さや倒す方向なども考えて仕事を行ってくれますが、初心者が伐採するとなると大怪我をしてしまう危険性があります。

リスクが上がるにつれ伐採費用も上がってしまうことを覚えておきましょう。特に幹が太い杉の木などは伐採にかかる単価は高いです。

大木を切ることができる業者は?

チェーンソー

大木の伐採を頼みたいけど、どこに依頼すればいいかわからないという人も多いですよね。

大木を伐採してくれる業者は森林組合、造園業者、伐採業者の3つです。会社によってそれぞれ費用が違ってくるので、いくつかの会社の費用を見比べた上で決めると良いでしょう。

どこもプロなので安全面を最大限に考慮した上で、大木を切ってくれます。

大木伐採の費用相場

費用

次に大木を伐採したときの費用相場についてまとめていきます。
ただあくまでも相場であって、地域や周囲の環境、業者によっても変動するので各業者に伐採費用を見積もってもらって比較してみると良いでしょう。

・抜根 5,000円〜
・高木伐採 25,000円〜
・大木伐採 15,000円〜40,000円
・庭木処分 11500円〜80,000円

他にも処分費がかかります。
本数が多かったり、木のサイズが大きかったりすると大型のトラックを用意しなければいけないので、移動なども含め費用が追加されてしまいます。
業者によっては機材のレンタル費用枝おろしにかかる費用も追加される場合があるので、事前にチェックしておきましょう。

大木の伐採方法

次に大木の伐採方法について説明していきます。
大木を伐採する前に怪我をしないためにもヘルメット、手袋、安全靴、長袖長ズボンと服装を整えてください。

1.木を倒す方向を決める

伐採

周りに何もないことを確認して、木を倒す方向を決めます。
まず倒したい方向にロープを張ってください。ロープを張らないと思いもよらないところに倒木してしまう危険性があるので、絶対に必要な工程です。

2.切れ込みを入れる

木の伐採

倒す方向の幹に45度程度の切り込みを入れてください。
切り込みを入れる際は下部分が水平になることを意識します。
次に反対側の幹に入れた切り込みの3分の2程度の高さに水平になるように切り込みを入れてください。切り込みを入れる時は10センチメートルほど残しておくと、根の除去がしやすくなりますよ。

3.根を除去する

シャベルで撤去

伐採したらシャベルで土を掘り起こして、根を取り除きます。
根が思ったよりも深かった場合は除草剤などを使用して、枯らす必要があります。

以上の3ステップです。

大木の伐採は危険!プロに依頼した方が安心

伐採

大木の伐採は自分が怪我をしてしまう可能性がありますし、他人を怪我させてしまう可能性もあります。さらに周りの建物を傷つけてしまうこともあるので、本当に危険です。

少しでも不安に思った場合はプロに依頼した方が安心ですよ。

プロの知識を持って安全に伐採してくれますし、失敗もほとんどありません。費用はかかってしまいますが安全性を考慮してプロの業者に依頼することをおすすめします。

大木の伐採まとめ

今回は大木の伐採方法についてまとめていきました。

何度も言うようですが、大木の伐採を自分でやるのはとても危険です。怪我のリスクも伴いますし、周りの建物を傷つけてしまうリスクも…。

慰謝料などを請求されてより高い費用を支払わなければいけなくなるかもしれません。

より安全に確実に伐採するためにも、ぜひプロの業者に依頼してみてください。

関連記事Related article

苔庭

植物大百科

2020.10.12

苔庭の作り方とは?初心者でもカンタンにできる!……

生垣

植物大百科

2020.10.07

【生垣を作る費用相場は?】手間のかからない種類……

ガーデン

植物大百科

2020.08.29

【シマトネリコの適切な移植方法は?】適切な時期……

しだれもみじ

植物大百科

2020.08.29

【シダレモミジの育て方】剪定方法から復活のさせ……

グランドカバー

植物大百科

2020.08.29

グランドカバーとして人気の植物「タマリュウ」の……

梅

植物大百科

2020.08.29

植木と庭木の代表種を徹底解説!【樹木の種類も紹……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map