【スイセン(水仙)の怖い花言葉】うぬぼれ?死?中国では良い意味です!色別・種類別に紹介!

寒い冬に凛と咲き、春の訪れをいち早く知らせる花・スイセン。早春になると、海辺・水辺で野生のスイセンが咲く風景を見かけます。スイセンが「ナルシスト」の語源であることはよく知られていますが、実は中国では幸運を呼ぶ花と呼ばれていることをご存知でしょうか?

今回は幸運を呼ぶ神秘の花・スイセンの花言葉や人気の品種を紹介します。最後まで読むと、早春のスイセンの開花をより楽しめますよ。


この記事を読んで、「スイセン」の植栽や剪定、年間管理を業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。

庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

目次

【春を告げる花】スイセン(水仙)ってどんな花?

冬から春にかけて、厳しい寒さの中で花開くスイセンは、スプリングエフェメラル(春の妖精)の代表格として知られます。雪解け時期に咲く姿は、まさに春を告げる「春の妖精」です。

真っすぐに立ち上がった茎と、雪の中で凛と咲くスイセンは、別名「雪中花」とも呼ばれています。花から漂う上品な芳香も特徴です。

スイセンの歴史は長く、古代ギリシャ時代の壁画にはスイセンが描かれています。日本には室町時代に中国を経由して伝わりました。日本でも群生が見られ、福井県では県花として扱われています。

項目詳細
分類球根植物
学名Narcissus
科名ヒガンバナ科
属名スイセン属
別名雪中花
開花時期11~4月
誕生花1月13日
原産地北アフリカ・スペイン・ポルトガル

【花の構造】スイセン(水仙)の花はこうなっている!

スイセンは黄色や白の6枚の花弁と、中央に筒状の花弁があるように見えますよね。実はスイセンの花弁は、6枚のうち上に見える3枚。下側の3枚は「萼片(がくへん)」と呼ばれ、花を保護し支えるためのものです。

中央にある筒状の部分は「副花冠(ふくかかん)」と呼ばれ、おしべが変化したものと言われています。

一般的に、「オレンジのスイセン」や「ピンクのスイセン」といった名称は、花弁の色によるものではありません。中央の副花冠の色を示しています。

【花言葉は死?】スイセン(水仙)が怖いと言われるのは有毒植物だから!

スイセンの花言葉に「死」の意味があるの?

いいえ、「死」の意味はないのでご安心くださいね。

「スイセンの花言葉が怖いものがあるのでは?」と言われる理由は、スイセンが有毒植物だからかもしれません。リコリン・タゼチン・ガランタミンといったアルカロイド系の毒成分を持ち、不溶性のシュウ酸カルシウムを含んでいて食中毒症状や接触性皮膚炎を引き起こします。

毒成分は特に球根に多くの毒を含んでいますが、注意したいのは葉の部分です。

スイセンの葉がニラと似ているため、ニラと間違えて誤食する事故が毎年発生しています。ニラ生産者が、間違えて近くで育てていたスイセンと一緒に出荷してしまうというほど、葉が類似しているためです。

【ちょっぴり怖い?】スイセン(水仙)の名前の由来を解説!

美しい花姿のスイセンは、死に至るほどの毒性を持っているため、「綺麗だけどちょっと怖い」というイメージを持ってる方もいることでしょう。

しかし、国が違えば意味も違うもの。欧米では、スイセンは春の訪れを告げる「希望」の象徴です。がん患者のサポート団体のシンボルにも使われています。また、中国でも「水仙」の名の通り、怖いものではなく尊い存在です。

ここからはスイセンの名前の由来について解説していきましょう。

【水仙の漢字】幸運を呼ぶ中国語が由来!

実は中国では、スイセンは幸運を呼ぶラッキーフラワー。水辺を好んで咲く姿が仙人のように神秘的なので「水の仙人」と呼ばれ、風水上ではとても縁起の良い花として扱われています。

黄色いスイセンは厄除けとして玄関に、恋愛運アップのためにオレンジ色のスイセンを南東方向にと、中国のお正月には必ず自宅に飾られるそうです。

また、スイセンの香水や刺しゅう入りハンカチを持ち歩くなど、スイセンは福を呼ぶお守りとして重宝されています。

【ギリシャ神話】英語圏ではナルシストな美少年の名前が由来!

中国ではスイセンを幸運を招くラッキーアイテムとして尊ばれているものの、学名「Narcissus(ナルキッソス)」の由来は、少し不穏な物語です。

ギリシャ神話の美少年「ナルキッソス」は、誰からも愛される美しさを持っていました。その美しさによってトラブルが起こり、復讐の女神ネメシスがナルキッソスの美しさを呪います。自分自身しか愛せないようになる呪いでした。

呪われたナルキッソスは、水面に映る自分の姿に焦がれ、命を落とします。そして、その姿が一輪の白いスイセンに変わったというエピソードです。英語「ナルシスト」の語源でもあり、花言葉「うぬぼれ」「自己愛」もこのストーリーが由来となっています。

スイセン(水仙)の色別・種類別の花言葉

スイセンの全体の花言葉は「自己愛」「うぬぼれ」と、贈り物にするには少しためらう内容。しかし、スイセンは色や種類によっても異なる花言葉を持っています。

スイセン(水仙)の色別・種類別の花言葉

  • 黄色の花言葉
  • 白色の花言葉
  • オレンジ色の花言葉
  • ピンク色の花言葉
  • ラッパスイセン(水仙)の花言葉
  • クチベニスイセン(水仙)の花言葉

色・種類によっては、素敵なメッセージになる花言葉もあるので、ぜひチェックしてください。メッセージカードに花言葉を添えて、大切な相手に気持ちを伝えたいものですね。

【黄色の花言葉】私のもとへ帰って・もう一度愛してほしい

黄色いスイセンの切ない花言葉「私のもとへ帰って」「もう一度愛してほしい」は、ナルキッソスとは別のギリシャ神話が由来。冥界の王ハデスと豊穣の女神デメテル、その娘ペルセポネの物語が元になっています。

ハデスがペルセポネに一目惚れして冥界に連れ去り、「私のもとへ帰って」と嘆き悲しんだ母デメテルの物語。

そして、連れ去られた冥界で心を閉ざすペルセポネに対して、「愛に応えて」「もう一度愛してほしい」と愛を乞うハデスの物語が花言葉の由来です。

【白色の花言葉】神秘・尊敬

厳しい寒さの中でも開花する白いスイセン。雪を割って凛と立ち上がるスイセンの強さは、まさに「神秘」です。

生命力の強さと、逆境の中でも咲き誇る花姿から「尊敬」の花言葉が付けられました。

フラワーギフトとしてプレゼントするならば、この白いスイセンがおすすめ。尊敬する人・お世話になった人への感謝を込めて贈りましょう。

【オレンジ色の花言葉】希望・春の訪れ

オレンジのスイセンも、その温かい色と同じ「希望」「春の訪れ」の花言葉が託されています。

オレンジ色のスイセンには以下の品種があります。

  • 姫檜扇水仙
  • オレンジジュース
  • ベガ

オレンジ色のスイセンは、日本では姫檜扇水仙(ヒメオウギズイセン)が有名。正確にはスイセンではなく、アヤメ科 クロコスミア属の球根植物です。野生化した姫檜扇水仙は夏時期に咲き、街路樹の下や街中の空き地でも見かけます。

そんな生命力の強さにも「希望」を感じますよね。

【ピンク色の花言葉】上品な

夏に開花するヒガンバナ科ヒガンバナ属の「ナツズイセン」や、ヒガンバナ科ハブランサス属の「ハブランサス」など、優しいピンクの花姿は、ドレス姿の貴婦人のような上品さを感じさせます。

可愛いピンク色ですが、「上品な」という花言葉は年上や年配の女性へのギフトにもぴったりですね。

ピンク色のスイセンには以下の品種があります。

  • ナツズイセン
  • ハブランサス
  • ピンクパラソル
  • プリンセス・キコ

秋篠宮妃殿下にちなんで命名された「プリンセス・キコ」は、副花冠がピンクのスイセン。日本ではひたち海浜公園とオランダ大使館でしか咲いていない希少種です。

【ラッパスイセン(水仙)の花言葉】尊敬・報われぬ恋

ラッパスイセンの花言葉「報われぬ恋」は、前述のギリシャ神話ナルキッソスの物語が由来。

女神の呪いによって、ナルキッソスは湖の水面に映る自分の姿に恋をし、結ばれない想いの果てに湖のほとりで命を落とします。その姿から「報われぬ恋」という花言葉が誕生しました。

また、ラッパスイセンはウェールズの国花にも指定されており、人々の「尊敬」を集める花とも言えます。

【クチベニスイセン(水仙)の花言葉】素敵な装い・詩人の心

クチベニスイセンは、副花冠の縁が口紅を塗ったように赤いという特徴を持っています。鮮やかな紅色が化粧のように花を引き立てている姿から、「素敵な装い」という花言葉が付けられました。

花言葉「詩人の心」は、クチベニスイセンの美しさを古代ギリシャ時代の詩人たちが歌ったというエピソードから。

見つめていると詩を紡ぎたくなる花…詩人の心を刺激する魅力を持つという説もあり、おしゃれな人へのプレゼントにもおすすめです。

スイセン(水仙)は風水的に幸運と金運が上昇!

風水でのスイセンは縁起が良い?

幸運や金運を招く花として、高い風水効果が期待されます。

前述の通り、スイセンは風水では強い運気アップの効果を持っています。玄関に飾れば芳香で邪気を払い、幸運を呼び込んでくれるラッキーフラワーです。

スイセンは、黄色・白・オレンジの花色によって風水上の効果が異なります。早速チェックしていきましょう。

黄色いスイセン(水仙)の風水は?西・北西が吉!

イエローカラーは金運の象徴。「黄色いスイセン」を家の西・北西側に飾ることで、金運アップを願います。

家の西側に庭や玄関があれば、植えてみるのも良さそうですね。

白いスイセン(水仙)の風水は?北・北東・南西が吉!

白いスイセン」は風水では浄化作用があると言われ、悪い運を流す北に飾るのがおすすめ。

また、神聖な方角である北東(鬼門)・南西(裏鬼門)に飾っても浄化してくれます。鬼門・裏鬼門は悪いものを寄せ付けないよう、散らかさないことも大切です。部屋・場所を整え、白いスイセンで浄化してあげましょう。

オレンジ色のスイセン(水仙)の風水は?

オレンジ色のスイセン」は人間関係を円滑にするラッキーアイテム。南東の方角に飾ると、友人や仕事上の良い出会いを運んでくれます。観葉植物などのグリーンも相性が良いため、オレンジ色のスイセンと一緒に飾りましょう。

北の方角の花風水効果は、恋愛運や金運アップがあります。北側にオレンジ色のスイセンを飾ると、素敵な出会いが期待できそうです。お金の保管場所としても、北の方角はおすすめと言われています。

人気のスイセン(水仙)の種類10選!

古代ギリシャの時代から詩人たちに愛でられてきたスイセンは、品種改良によって何万種類もの園芸品種が流通しています。現代でも毎年のように新品種が誕生するほど、スイセンは世界で愛される植物です。

ここではスイセンの品種の中から特に人気のあるものを10種類選びました。

スイセンの人気品種には以下のものがあります。

  • ニホンスイセン
  • ラッパスイセン
  • クチベニスイセン
  • 八重咲のスイセン
  • ペチコートスイセン
  • ペーパーホワイト
  • ティタティタ(テータテート)
  • ピンクチャーム
  • スノーフレーク
  • ツバメスイセン

日本でも馴染みのある品種もありますが、「えっ、これもスイセンという名前だったの?」と驚くものもあるかもしれませんね。早速チェックしていきましょう。

①ニホンスイセン(日本水仙)

日本で最もポピュラーなスイセンといえば、この「ニホンスイセン」です。個人宅の庭や庭園の他、野生化したニホンスイセンの株は公園や街路樹下でも見かけます。日本各地にある群生もニホンスイセンです。

花名には「ニホン」とついているものの、実はニホンスイセンは日本原産ではありません。室町時代以前に、シルクロードを渡り、中国を経由して渡来した品種です。

ニホンスイセンは十分な寒さを経験してからでないと開花しない性質を持ち、冬の寒さが最も厳しい1月~2月頃に、3cm程度の花を咲かせます。

ニホンスイセンの種類

  • ヤエザキニホンズイセン
  • エチゼンスイセン
  • キブサスイセン
  • ペーパーホワイト
  • グランドモナークリスト

ニホンスイセンは先端で枝分かれして房咲きをするため、群生して咲く姿は圧巻。甘く爽やかな香りも人気で、芳香剤や香水の原料にもなっています。

②ラッパスイセン(喇叭水仙)

ラッパスイセン」は、白または黄色の花弁とラッパのような長い副花冠が特徴。1本の花茎から花が1つだけ咲き、華やかな大輪の花は、ウェールズの国章に制定されるほどの風格を漂わせています。

イベリア半島・フランスに自生していたラッパスイセンは、長い時を経て品種改良が続けられ、現在では様々な見た目・香りの品種が誕生しました。

ラッパスイセンの種類

  • タマラ
  • スノーフリルス
  • モジュレーション
  • ペーパーホワイト
  • ティアラ

どの品種も副花冠が大きく色鮮やか。しかしながら、後述の「クチベニスイセン」と酷似した姿から、昔のヨーロッパでは「偽物のスイセン」と呼ばれていた時代もありました。

③クチベニスイセン(口紅水仙)

「偽物のスイセン」と呼ばれたラッパスイセンに対して、真のスイセンと呼ばれていたのが「クチベニスイセン」です。

クチベニスイセンは、白い花弁と縁に口紅を塗ったような鮮やかな副花冠が特徴。1本の花茎に1~2輪の花をつけます。

クチベニスイセンの種類

  • タマアクタエア
  • コモ
  • カバニ
  • セイントペトロック

原種のスイセンの中でも、赤い色を持つのはクチベニスイセンだけです。

④八重咲のスイセン(水仙)

よくあるシンプルな姿のスイセンと違い、「八重咲きのスイセン」は花姿がボリューミーでゴージャス。華やかな見た目から人気が高く、品種改良によって次々新しい品種が誕生しています。

八重咲きスイセンの種類

  • レプリート
  • ホワイトメダル
  • アクロポリス
  • タヒチ

咲き始めから次第に色が変化していくレブリートは、見栄えが良い上に地植えで植えっぱなしでも育つため、初心者にもおすすめです。

⑤ペチコートスイセン(水仙)

ペチコートスイセン」は原種系のスイセンで、地中海沿岸の牧草地や森林に自生する種。流通している園芸品種はナルキッソス・ブルボコディウム種がメインで、「原種スイセン」とも呼ばれています。

ペチコートのような形状の部分は副花冠です。この筒状の副花冠が、ペチコートスイセンの花名の由来となっています。

⑥ペーパーホワイト

原種の一つである「ペーパーホワイト」は、純白の花びらを持つ房咲きのスイセンです。「ニホンスイセン」と違い、副花冠も花弁と同じ白。紙のように繊細かつ小さな花姿はとても清楚です。

日本に伝わったのは江戸時代で、当時は園芸種ではなく薬草として渡来しました。ペーパーホワイトはニホンスイセン以上に強い芳香を持ち、部屋に飾れないほど強い香りを放つものもあります。

⑦ティタティタ(テータテート)

ティタティタ」は草丈10~20cm程度のミニスイセン。3cmくらいの小さな花は、花弁も副花冠も可愛いレモンイエローで、まるで花の妖精です。 「テータテート」 という商品名で市販されることもあります。

ティタティタはフランス語で「Tete a tete」と書き、「ないしょ話」を意味しています。群生して咲く姿が、小さなスイセンが顔を寄せ合い、ないしょのおしゃべりを楽しんでいるように見えたのでしょう。

⑧ピンクチャーム

ピンクチャーム」はクチベニスイセンの一種で、人気の園芸品種。

6枚の白い花弁は星型に咲き、副花冠はサーモンピンクから先端にかけてオレンジ色に染まっています。白・ピンク・オレンジのはっきりしたコントラストは、より立体的で雰囲気のある花姿です。

スイセンらしい神秘的な雰囲気もあるため、他の植物と組み合わせて、上品で個性的な寄せ植えにしてみてはいかがでしょうか。

⑨スノーフレーク(鈴蘭水仙)

「鈴蘭水仙」と名前にスイセンがつくものの、ヒガンバナ科スイセン属ではなく、ヒガンバナ科スノーフレーク属に属します。葉はスイセンの特徴を持ち、花がスズランに似ていることから、鈴蘭水仙の和名が付けられました。

春に開花する点も、冬~早春に開花するスイセンとは異なる点です。スノーフレークの開花は4月から5月頃で、スズランのような形状の花を咲かせます。

⑩ツバメスイセン(燕水仙)

「ツバメスイセン」の学名は「Sprekelia formosissima」。「スプレケリア」の名は、ドイツの植物学者J・スプレケルゼンに由来しています。名前にスイセンとつくものの、ヒガンバナ科スイセン属ではなくヒガンバナ科スプレケリア属です。

ツバメスイセンの和名は、花の姿がツバメの飛ぶ姿に似ていることから名付けられました。

20cm程度の花径に湾曲した真っ赤な花びらは、スイセンというよりもアマリリスやヒガンバナに近いものがありますね。

【まとめ】春を告げるスイセン(水仙)を贈る時は幸運の意味を添えよう!

スイセンの学名や花言葉の由来を思うと、プレゼントにためらう方もいるかもしれません。しかし、日本でもスイセンの群生地は「花絶景」として人気が高く、福井県の花としての誇りも背負った美しい花です。

花言葉としても、白いスイセンの「尊敬」や、ピンクのスイセンの花言葉「上品な」、クチベニスイセンの「素敵な装い」など、素敵なメッセージが込められています。また、中国ではお正月の縁起の良い花として欠かせない存在です。

ギリシャ神話のネガティブな意味が気になる方は、中国の幸運を呼ぶ花の意味合いをメッセージカードに添えて贈ってみてはいかがでしょうか。


この記事を読んで、「スイセン」の植栽や剪定、年間管理を業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。

庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

目次
閉じる