庭革命

電話予約

お問合せ

コラム

【子供が遊べる庭づくり】芝生やウッドデッキなど子どもが楽しめる庭遊びアイデアやDIYのポイント・注意点まで紹介

ガーデニング相談所

2021.08.31

庭でシャボン玉

子どもが遊べるお庭は、マイホームを持つ家族の夢の1つ。コロナで外出もままならない時代だからこそ、お家のお庭で自由に安全に遊ばせてあげたいですよね。

しかし、お子さんの成長とともに遊び方も変わるもの。成長を見越した、大人にとっても使い勝手のいいお庭がほしいところです。

今回は、子どもが遊べる庭づくりについて、安全面のポイントや、大人も子どもも一緒に楽しめるアイデアを紹介します。これからお庭づくりを考えている人、子供のためにリフォームを考えている人はぜひ参考にしてくださいね。


この記事を読んで、「子どもが遊べる庭」を、ご自宅に作ってみたいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。
庭革命では、庭造りなどの見積もりを無料相談することができます。
その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

庭革命で見積もりを依頼する

子どもが遊べる庭・楽しい庭が欲しい!

芝生でサッカー

お子さんのいる家庭なら、子どもが楽しく遊べるお庭がほしくなるのは当然です。走ったり、一緒に家庭菜園をしたり、夏はプールも出してあげたいなど、親として夢は膨らみますよね。

ただ、小さいうちは安全面も確保したいところです。せっかくお子さんのためにお庭づくりをするのなら、公園よりも楽しく、安全に遊べるお庭を目指してはいかがでしょうか?

子どもが遊べる楽しい庭づくりのポイント9選

お庭は、お子さんが楽しく遊べることはもちろんですが、親も安全に見守れる環境にしたいですよね。ここからは、子どもが遊べる楽しい庭づくりのポイントを紹介します。

芝生があれば子供に優しい庭に

芝生の親子

青々とした芝生は、明るく楽しいお庭のイメージそのもの。クッション性の高い芝は、子どもやペットが自由に楽しく走り回れる上、転んでもコンクリートやタイルの床よりケガもしにくくなります。

天然芝は美しさはピカ一ですが、芝刈りや水やりなどのメンテナンスが必要です。反対に、人工芝は初期費用が割高ですが、メンテナンスフリー。近年の人工芝は、天然芝には劣るものの、質感・見た目もパッと見た感じでは本物に近い仕様になっています。

子どもが遊ぶスペースはリビング・キッチンから見やすく

テレワーク中に見える庭

安全面を配慮して、お子さんが小さい時ほど、目の届くところで遊ばせてあげたいですよね。お子さんの遊び場は、キッチンやリビングの窓から見えるところに作ってあげましょう。

砂場や遊具、夏ははプール、兄弟や友達が増えればボール遊びやバドミントンと、成長とともに遊びの仕方も変化していきます。子どもたちが遊び、成長していく姿を自然に見守れる時間は、親としてかけがえのないものです。

ウッドデッキ・テラスは子ども大人も満足!

ウッドデッキできゅうりを切る子ども

ウッドデッキや広めのテラスは、大人からも人気。ウッドデッキでリビングから直接出入りできると、子どもは気軽に遊びに出やすくなります。

また、テーブルを用意すれば第2のリビングに変身。子どもが遊ぶ様子を見守りながら、カフェタイムを楽しんだり、家族みんなでバーベキューをしたりと、子どもだけでなく大人も一緒に楽しむことができます。

木製のウッドデッキは経年により傷んでしまいますが、近年は傷みにくくメンテナンスフリーの樹脂製ウッドデッキも人気です。

タープやオーニングで熱中症・日よけ対策

庭の日よけ

暑い時期は紫外線対策・熱中症対策もしたいもの。タープやオーニングで日陰を作れば、日陰で遊ばせてあげることができます。

雨よけにもなるため、雨の日でも外に出たがる活発なお子さんも喜ぶことでしょう。

また、ガーデニングテーブルセットを出せば、大人も日向ぼっこやガーデンパーティが楽しめますね。洗濯物や布団を干すスペースにも使えます。

水栓があると遊んだ後やプールも便利

あると便利なのが水栓です。花壇の水やりや家庭用プールの水張りにも使えて、シャボン玉遊びや泥遊び後の手洗いにも使えておすすめです。

お庭で遊んで手や靴が汚れ、そのまま家にあがってこられるのは親としては勘弁ですよね。お庭に水栓があれば、遊んだ後に手足を洗ってもらう流れもスムーズです。

水栓があれば自宅での洗車も楽しくなりますよ。

花壇やガーデニングで一緒に野菜を育てる

トウモロコシを持った男の子

花壇があるだけで、お庭もぐっと華やかになりますね。お子さんとの時間を大切にしたい人の間では、一緒に花を植えたり、家庭菜園を作ることも人気です。

一緒に自然と触れ合い、一緒に育てた野菜を食べるという経験は、子どもにとっても大切な経験の1つ。子どもが成長してしまうとなかなか機会がありません。

子どもが小さいうちは砂場スペースにして、ある程度成長してから花壇にリフォームするというパターンもあります。

サンルームは室内干し兼全天候型の遊び場に

サンルームの遊び場

雨の日でも関係なく過ごせるサンルームは、子どもにとっては全天候型の遊び場です。

大人にとってもサンルームは使い勝手が良い万能選手。雨の日でも洗濯物を干すことができ、屋内でのガーデニングを楽しむこともできます。

ウッドデッキが古くなり、子どもたちが遊ばなくなったら、サンルームにリフォームするのもおすすめです。

フェンスや生垣は防犯対策にもなる

ウッドフェンス

子どもたちが自由に遊べても、不審者がお庭に自由に覗ける状態はとっても危険。また、外から丸見えの状態では、大人がお庭でリラックスタイムを過ごすこともできません。

生垣があれば、目隠しにもなり、防犯対策にもなります。グリーンがあるだけで、お家全体の景観も良くなりますね。

また、小さな子が投げたボールが道路に出ていかないようにするためにも、フェンスがあると安心です。通気性がよく、ほどよく目隠しになるウッドフェンスは、お庭がナチュラルな雰囲気になります。

柵・門扉で安全対策!飛び出し事故を防ぐ

門扉

お子さんが小さい時ほど安全対策で欲しいのが、柵と門扉です。自宅から子供が飛び出して車と接触する「飛び出し事故」は、今も増え続けています。

防犯面でも門扉は効果大。近所の子供が入って来る、セールスなどの訪問販売などのトラブルも、柵・門扉があれば防ぐことができます。

子供と楽しい庭遊びアイデア【コロナ対策】

コロナで外出もままならず、アクティビティどころか公園遊びも控えざるを得ない状況です。

子どもにお庭でも元気いっぱいに遊ばせてあげたい!そんな親御さんに、子どもと一緒に楽しめる庭遊びアイデアを紹介します。

庭キャンプは子どもも楽しい庭遊び

バーベキュー

いつものお庭がキャンプ場に変身!テントやタープを張って、自宅にいながら非日常を経験させてあげましょう。

家のキッチンも使えるので、片づけも簡単。夜は自宅のベッドで寝るので、キャンプの夜の難しさも無縁です。

芝生に敷物を広げて、バーベキューやプールを出してあげれば、家のお庭でありながらとっておきの一日になります。

砂場は枕木でDIYがおすすめ!花壇にも

砂場

子どもが遊べるようDIYしたい人には、砂場がおすすめです。防水シートを敷いてレンガや枕木で周囲を固め、市販の袋入りの砂を流し込みます。

DIYの砂場は雨が降ると雨水が溜まってしまうため、ビニールシートなどでフタを用意してあげましょう。野良猫のトイレ化も防げます。

手作り花壇で一緒に季節の花を植える

レンガの花壇

レンガやブロックで花壇をDIYして、子どもと一緒に季節の花を植えるのも楽しいものです。子どもが好む小人や動物などのガーデンオブジェを並べるのも可愛いですね。

花壇をいくつか作り、1つを砂場にする方法もあり。子どもの成長とともに、砂場を花壇に切り替えれば、無駄なく長く利用することができます。

子供の成長後も考慮したお庭づくりを

家族のライフステージは変化していくもの。子どもが砂場や遊具などで庭で遊ばなくなるように、親も加齢とともに庭に求めるものが変わっていくものです。

いずれ自転車に乗るようになれば、駐輪スペースが必要になります。子どもが部活やスポーツを始めれば、劣化してきたウッドデッキよりもサンルームのほうが、増える洗濯物に対応できます。

子どもが小さな頃のことだけを考えてお庭づくりをするのではなく、成長後のライフスタイルも考えたお庭づくりができるといいですね。

子どもの幼児期は安全面を重視したエクステリアを

カーゲート

お子さんが小さいうちは、お庭で自由に遊ばせたいと同時に、とにかく安全面が優先されます。

子どもの飛び出し事故は、カーゲートや門扉でクローズ外構で対策を。ウッドデッキに柵をつけると、お子さんの転落防止にもなります。目隠しフェンスも防犯対策には必要です。

コンクリートやブロックで固めた床は見栄えはするものの、芝生の方が子供のケガは防げます。費用と将来のライフスタイルを考慮して、検討していきましょう。

使わなくなったウッドデッキや砂場はリフォーム

花壇

幼児期は砂場遊びもしますが、それは数年の話。いずれ不要になることを考えて、砂場ではなく土で遊べる平らなスペースにしておくのも1つのアイデアです。また花壇を複数作って、1つを砂場とするのも良いでしょう。

子どもが遊びやすいように作ったウッドデッキは、パーゴラやオーニングを設置すれば大人のガーデンカフェに生まれ変わります。

ウッドデッキの劣化が気になるなら、サンルームや子どもが将来大きくなった時の駐車スペースに替えても良いでしょう。

まとめ:子供が喜ぶ庭だけでなく安全面も重視したお庭を

マイホームを持つなら、子どもが遊べて喜んでくれるお庭にしたいですよね。しかし、楽しいだけでなく安全面も確保されていなければ、安心して遊ばせてあげられません。

大切なのは、家族全体のライフステージの変化に対応できるお庭設計。プランナーと相談し、お庭でどんなことをしたいか、将来も見据えた計画を建てることで、失敗のないお庭づくりになりますよ。


この記事を読んで、「子どもが遊べる庭」を、ご自宅に作ってみたいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。
庭革命では、庭造りなどの見積もりを無料相談することができます。
その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

庭革命で見積もりを依頼する

関連記事

記事一覧を見る

庭でシャボン玉

ガーデニング相談所

2021.08.31

【子供が遊べる庭づくり】芝生やウッドデッキなど子どもが楽しめ…

雑草除去

ガーデニング相談所

2021.08.31

庭の雑草対策おすすめ方法を紹介!雑草を放置したときのトラブル…

日陰の庭

ガーデニング相談所

2021.08.31

日陰の庭づくりの魅力とは?日陰でも育つ植栽やおすすめデザイン…

ガーデニング相談所

2021.07.03

【伸びない芝生】「TM9(ティーエムナイン)」とは?メリット…

1月誕生花

ガーデニング相談所

2021.01.29

1月の誕生花は?花の特徴や花言葉を知ってプレゼントに役立てよ…

ガーデニング芝生

ガーデニング相談所

2021.01.29

芝生ガーデニングで庭をお洒落に演出!芝生の種類や育て方・日々…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP