庭革命

電話予約

お問合せ

コラム

【植木屋・庭師に転職】年齢や経験、転職後の年収アップやその後の独立まで解説

全国の植木屋辞典

2021.06.08

上向きの矢印

植木屋・造園業は、庭の木1本から、街のシンボルツリーの維持管理、都市環境開発などの大きな社会貢献にもつながる仕事です。

職人の業界だけに、転職するにあたって、年齢や経験の有無が必要なのか、年収はどうなるのかも気になるところでしょう。

この記事では、庭師になってみたい、挑戦してみたいと考えている人に向けての採用・給料面やキャリアアップについてを解説します。

植木屋・庭師に転職するなら年齢や経験は重要?

履歴書

転職サイトを一度でも見てもらえばわかる通り、植木屋・庭師は年齢・経験は不問。

若いうちから親方の下で技術を磨く人もいれば、40代~50代まで他の業界で会社員として働き、植木屋に転職する人もいます。

植木屋に定年はありません。手に職をつけ、体力が続く限り働き続けることができる点も、この仕事の魅力です。

庭師に転職後の給料は?植木屋年収はどれくらい?

気になるのが転職後の植木屋・庭師の給料面ですよね。造園業・植木屋の年収は200~500万程度と言われています。

参考として、順当に経験を積んでいった場合、平均月収・相場は、以下のようなモデルとなっています。

20代15万~20万
30代20万~25万
40代35万~50万

植木屋さんの給料は日給月給制が基本

給料袋と一万円札

造園業・植木屋さんで働く職人の給料は「日給月給制」

繁忙期でなければ、雨や雪、台風などの天候によってはその日の作業はお休み。日給制のため、お休みになれば収入はありません。繁忙期にできるだけ稼ぎ、閑散期はゆっくり過ごすという年間スケジュールを組んでいる業者もあります。

また、日給制のため、体調管理も職人には重要です。体調不良やケガで休むと、収入に直結します。また、工期にも影響が出て、同僚にも迷惑をかけるため、植木屋転職後の体調管理は必須となります。

植木屋・造園業の修行中は給料も少ない

給料明細書とスマホ

職人の見習いの期間は、親方や先輩から技術を教えてもらう修業期間。どんな仕事でも給料が安いと考えてもらっていいでしょう。

若いうちは何事も勉強と思い、経験を積んでからじっくりと稼ぐのも良いでしょう。

職人の世界は奥が深く、努力次第で仕事の幅・年収も増やすことが可能です。

植木屋・庭師に転職で求められるものは「体力」

筋肉がついた腕

植木屋・庭師は外の仕事が基本。年齢や経験よりも、体力が重視されます。

納期・時期によっては、夏の炎天下で作業など、かなりハードな働き方になります。体が資本です。

温泉やホテル、レジャー施設などの観光地での造園工事の場合、普段は行くことができないような場所に関われます。体力は必要ですが、やりがいも感じることでしょう。

植木屋・庭師の就職・求人で庭園管理士の資格は重要?口コミは?

積まれた本とコーヒーカップ

植木屋・庭師に転職を考えている人は、「庭園管理士」の資格に興味を持つ人も多いでしょう。

庭園管理士は、未経験者でも通信教育で比較的簡単に取得できる資格ですが、資格を持っていなくても、植木屋・庭師として転職は可能です。ただ、ある程度規模の大きいフランチャイズ系の会社など、資格を持っていた方が採用されやすいという口コミもあります。

また、庭園管理士の通信教育では、花木の剪定方法や説明が本・DVDが教材として配布されます。予備知識なしで転職するよりは、通信教育で事前に勉強してからのほうが、現場での不安も軽くなりそうです。

《求人PR》庭革命への転職なら植木屋・庭師の年収も安定

IT×植木屋ベンチャー・庭革命では、転職者募集中。新しい時代に合わせた植木屋・庭師として、一緒に働きませんか?

造園業・植木屋への転職で不安な給料面や、年功序列の理不尽さ。これらは実際は環境次第です。

庭革命は、新時代ベンチャー植木屋・造園会社。以下のような、造園業界定番の悩みは無縁です。

  • ・給与形態が割に合わない
  • ・小さなミスで理不尽に怒鳴られる
  • ・休むことができない
  • ・努力しても給料に反映されない
  • ・意味のない年功序列で先輩から理不尽な目に合う

庭革命の特徴は、IT×植木屋ベンチャーという特殊な業態。ITを駆使した集客力・広告力で、町の植木屋さんで終わらない仕事の幅を持っています。

そして、ベンチャーだからこその働きやすさもポイント。転職組であっても、安心できる就労環境で職人生活をスタートすることができます。

《求人PR》ベンチャー植木屋・庭革命の募集要項:未経験OK・20代の若手中心!

庭革命では、庭師業界を変える新しい植木職人を積極採用しています。

在籍する職人は20代の若手中心。上下関係もなく、働きやすさ・みんなでやりがいを共有できる会社を目指しています。

また、ITベンチャーだからこそ、古い慣習にとらわれることもありません。業界特有の価値観・不条理を覆す働き方にも取り組んでいます。求人に関するお問い合わせ、質問はこちらのリンクからお気軽にご連絡ください

庭革命の求人に関する問い合わせをする

植木屋に未経験から転職して成功するパターン

他業種から植木屋に転職する人は少なくありません。

サラリーマンや飲食業など、全く違う業界で働いていて、植木屋に転職する人もいます。

また、植木屋として実力をつけた後、独立し、転職前の経験を活かして成功するパターンも珍しくありません。

40代でも未経験から造園業転職で成功している人はいる

未経験の看板を持った人形

年齢・経験は関係なく転職できるのが造園業。

意外にあるのが、40~50代までサラリーマンとして働き、造園業に転職、その後半年~1年程度修行してすぐに独立開業するパターンです。

独立開業後、サラリーマン時代に培った営業経験や企画・広告を存分に活かし、植木屋として事業展開に成功する人もあり。転職はいつからでも遅くないのです。

植木屋・造園業に転職後、独立開業するなら儲かる

植木屋・造園業は、転職しても、雇われている間はがっつり稼ぐということは難しい業界です。

しかし、独立開業することで大きく変わります。

職人歴15年、独立開業から4年で平均月収60万という人もいます。見習い期間中に、独立開業を視野に入れてしっかりと計画を立てて、先輩から学んでおきましょう。

植木屋の個人経営は営業力も必要

独立してしまえば、仕事は自分でとってこなければなりません。

不動産会社と提携したり、下請けとなったり、個人邸の年間管理の契約を取るなど、営業力も必須となります。

人が生きる限り庭は存在するため、市場は無限。また、リゾートや商業施設の庭園など、造園業の仕事は文化の発展とともに広がるものです。

提携先・契約先によっては、年収1000万という成功例もいます。

植木屋のフランチャイズ化の道

フランチャイズ

独立開業後も様々なスタイルがあります。

独立したばかりで営業力に自信がないなら、フランチャイズ化も手段の1つ。

エリア内で仕事をもらったり、好きな時期に直営店のサポートとして入ったりなど、フリースタイルな働き方も選べます。

転職後、儲かる植木職人になるには集客力の勉強も必要

デジタルマーケティング

足で営業する以外に、集客する方法もあります。それがITを活用した集客です。

ホームページに対応エリアや実際の施工事例の写真が掲載されていれば、信頼度はぐっと増します。電話番号しかわからない近隣の植木屋よりも、情報がしっかり公開されていて、メールやLINEで依頼できるほうが安心して依頼できますよね。

また、SNSを使った植木屋の情報発信も増えています。剪定作業のビフォーアフターや、情報が多いほど「この植木屋さんは依頼が多くてしっかりしているところなんだ」という信頼感にも繋がります。

まとめ

植木屋・庭師の転職に、年齢・経験は不問です。いつからでもスタートでき、体力が続く限り、定年もなく働けます。

また、庭木を通して顧客と長い目でお付き合いできる他、都市開発など大きな仕事に関わるチャンスもあり。

見習い期間は定収入ですが、独立開業することで収入アップし、自分の力で飛躍できるという面白さもある職業です。

庭革命の求人に関する問い合わせをする

関連記事

記事一覧を見る

羽村駅東口

全国の植木屋辞典

2021.08.25

東京都 羽村市のおすすめの植木屋7選|お庭の手入れでお悩みの…

スカイツリー

全国の植木屋辞典

2021.08.25

東京都 墨田区のおすすめの植木屋6選|草刈りでお悩みの方必見

立川市 国営昭和記念公園 水鳥の池

全国の植木屋辞典

2021.08.11

東京都 立川市のおすすめの植木屋11選|庭木の伐採を考えてい…

青梅市御岳山ケーブルカー

全国の植木屋辞典

2021.08.11

東京都 青梅市のおすすめの植木屋11選|庭木のお手入れでお困…

荒川河川敷

全国の植木屋辞典

2021.08.10

東京都 荒川区のおすすめ植木屋6選|お庭の手入れでお悩みの方…

全国の植木屋辞典

2021.07.15

【植木屋のアルバイトはきつい?】仕事内容や給料、年収について…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP