庭革命

庭革命

【大阪城西の丸庭園】大阪冬の風物詩・大阪城イルミナージュがアツい!

全国の庭園図鑑

2020.11.22

大阪城西の丸庭園

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

特別史跡・大阪城の麓に広がる『西の丸庭園』は、桜の名所としても有名なスポットです。

観桜ナイターや大阪城イルミナージュなど、ライトアップで夜も賑わう芝生庭園。

今回はその3つの見どころとともに、大阪城西の丸庭園の楽しみ方をご紹介いたします。

大阪城西の丸庭園とは?

大阪城西の丸庭園

大阪城の麓にある大阪城公園は、総面積105.6ha、様々な歴史的建築物を有する都市公園です。

その一部である西の丸庭園は、かつては豊臣秀吉の正室・北政所が居住していた屋敷があった場所。

昭和40年、天守閣西側に約6.5ha(約2万坪)の広さの西の丸庭園として開園。天守閣や御堀の石垣を眺めながら季節の花を楽しむことができる場所となりました。

大阪城西の丸庭園の3つの見どころ!

桜の名所としても有名な西の丸庭園は、毎年開催されるライトアップイベントの他、伝統ある結婚式を実現する迎賓館も人気です。

桜や梅を手前に聳え立つ大阪城天守閣は写真撮影の定番。都会の真ん中で、今も歴史の趣を残す風景を眺めることができます。

1【観桜ナイター】庭園の桜とライトアップが映える

観桜ナイター

大阪城西の丸庭園には、ソメイヨシノなど約300本の桜が植えられており、桜の名所としても知られています。

お花見のシーズンには「観桜ナイター」が開催され、約300本の桜がライトアップ

桜とともに大阪の夜に浮かび上がる大阪城は、時がたつことを忘れる幽玄な迫力に満ちています。

2【大阪城イルミナージュ】庭園でもイルミネーションを!

Walker+イルミネーション特集全国ランキング第1位!毎年秋~冬にかけて西の丸庭園で開催される人気イベントが「大阪城イルミナージュ」です。

大阪城を背景に展開されるこのイルミネーションは、2020年で開催4年目。ネオンやバルーンを使って、大阪ならではのイルミネーションを表現しています。

イルミネーションを通して、豊臣城下町と華やかな大阪の歴史を巡る旅。関西に行くなら一度は見てみたいイベントですね。

3【大阪迎賓館】和風の迎賓館が日本らしい!

1995年に西の丸庭園に建造されたこの建物は、APECの大阪開催で海外の要人をおもてなしするための迎賓館でした。

日本を代表する世界遺産・二条城二の丸御殿の白書院をモチーフにした壮麗な和風調建築となっています。

現在はウェディングの他、宴会やレストランとして利用されており、大阪城を背景にした圧巻の自然美を楽しみながら、最高級のおもてなしを受けることができる場となっています。

大阪城西の丸庭園は四季で楽しみ方が変わる!

季節によって花々で風景の変化を楽しめる点は、日本庭園の醍醐味です。

海外観光客も多く訪れる大阪城西の丸庭園、その季節ごとの見どころをご紹介いたします。

【春】約300本の桜が朝と夜に楽しめる

大阪城の桜

ソメイヨシノを中心に植えられた桜の数は約300本。梅の花は約1270本という、春の花の饗宴も人気です。

昼間の大阪城と桜の組み合わせも清廉ですが、夜のライトアップは毎年たくさんの観光客が写真を撮りに来るほどの人気です。

毎年開催される「観桜ナイター」では、満開の桜と威風を感じる天守閣の幻想的コラボが必見!

【夏】緑いっぱいの庭園を見学できる

大阪城西の丸庭園

広さ約6.5ha(約2万坪)の大阪城西の丸庭園は、その敷地の約半分が芝生広場。

広大な芝生広場は、都会の真ん中と思えない落ち着きと解放感。静かに1人の時間を楽しむも良し、カップルで二人だけの時間を過ごすも良し。

とても広いのでお子さん連れのピクニックにも最適!芝生で思いっきり走り回れます。

【秋】紅葉が楽しめるが一番の見どころは彼岸花!

彼岸花と大阪城

秋の庭園といえば、もちろん紅葉。西の丸庭園ももちろん紅葉が楽しめます。

しかし、紅葉だけではありません。実は西の丸庭園は彼岸花でも有名なスポット。大阪城公園全体の至る所で、目に鮮やかな彼岸花を見かけることができます。

西の丸庭園では、入口を入ってすぐのところで彼岸花があります。定番の赤だけでなく、ピンクや白、黄色の彼岸花もあり。色が違えば、彼岸花の印象もかなり違うので、ぜひ比べてみてくださいね。

【冬】イルミナージュも落ち着いた雰囲気の庭園も楽しめる

大阪城西の丸庭園の梅

毎年冬に開催される大阪城イルミナージュは、西の丸庭園の冬の風物詩。「幕末・維新・文明開化」をテーマに、個性あふれる演出が成されています。

大阪城を背景に、約300万球の電球を使っての、大阪らしさあふれる華やかでイルミネーション。子どもが遊べるイルミネーションや、撮影スポットも用意されており、冬だからこそ楽しめる庭園となっています。

2月の西の丸庭園は蝋梅や椿、梅が見ごろ。落ち着いた冬の庭園で、楚々と色づく冬の花を観賞しましょう。

大阪城西の丸庭園の基本情報

約2万坪の広大な庭園は、お花見シーズン以外でも、ライトアップやピクニックなど、都会の喧騒を忘れて過ごすことができる場です。

大阪城を背景に撮影すれば写真映え間違いなし。季節ごとに写真を撮っても楽しいかもしれませんね。

大阪城西の丸庭園の入場料

入園料
・一般:200円
・中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明書提示)、障がい者手帳をお持ちの方は無料

大阪城西の丸庭園の営業時間

開園時間:午前9時
閉園時間:午後5時(3月~10月)、午後16時半(11~2月)
※最終入園は閉園の30分前まで

定休日
・月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
・年末年始(12月28日~翌年1月4日まで)

大阪城西の丸庭園へのアクセス

電車を利用する場合
・大阪環状線「大阪城公園駅」から徒歩5分
・Osaka Metro谷町線「谷町四丁目駅」から徒歩10分

駐車場
・専用駐車場はございません。
・大阪城公園周辺にコインパーキングが点在しています。

大阪城西の丸庭園で結婚式を開くのもおすすめ!

特別史跡・大阪城を背景にした最高のロケーションで挙式できるのが、西の丸庭園のすごいところ!

かつて世界のVIPをおもてなしした大阪迎賓館。格調高いこの迎賓館を貸し切りで使う贅沢は、一生の思い出になること間違いなしです。

美しい芝生庭園と大阪城を背景にガーデンスタイルの挙式にしたり、迎賓館にて伝統の美の写真を残すのもOK。広大な敷地だからこそできる見渡す限りの青空の元、最高のロケーションで思い出を作ることができますね。

大阪城西の丸庭園のまとめ

西の丸庭園は、桜や彼岸花の名所。春の観桜ナイトや冬の大阪城イルミナージュと、昼も夜も楽しむことができる芝生庭園です。

芝生広場ではファミリーでのピクニック、迎賓館では伝統美溢れる結婚式、様々な年代・立場の人たちがそれぞれの楽しみ方ができる場となっています。

都会の真ん中で、普段の喧騒を忘れて思い切り自然の美しさを楽しんでみませんか?

関連記事Related article

全国の庭園図鑑

2020.11.22

【三大庭園】有力大名が威信をかけた傑作!日本を……

大阪城西の丸庭園

全国の庭園図鑑

2020.11.22

【大阪城西の丸庭園】大阪冬の風物詩・大阪城イル……

旧安田庭園

全国の庭園図鑑

2020.11.20

【旧安田庭園】東京スカイツリーを背景にした小さ……

全国の庭園図鑑

2020.11.20

【ハーブ庭園旅日記(勝沼庭園)】約200種類の……

白鳥庭園

全国の庭園図鑑

2020.11.20

【白鳥庭園】東海地区最大級!世界デザイン博覧会……

清澄庭園

全国の庭園図鑑

2020.11.20

【清澄庭園】三菱創業者一族によって完成した庭園

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map