庭革命

庭革命

【ブルーベリーの剪定方法】年数に合わせた剪定の基本も徹底解説!

剪定入門道場

2020.10.14

ブルーベリー

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

お菓子の飾りやジャムなどによく使われている、ブルーベリー。背もさほど高くならず初心者でも比較的育てやすいため、シンボルツリーとしても人気のある果樹です。

しかし「剪定は必要?」「失敗しないためにはどうしたらいいの?」と悩む方も多いと思います。

この記事では、ブルーベリーの時期や年数に合わせた剪定方法と失敗しないための注意点を解説しますので参考にしてくださいね。

ブルーベリーの特徴

ブルーベリー

ブルーベリーの原産は北米で、落葉低木樹です。品種は大きく2つに分かれ、暖かい土地に強く2本以上で実をつける「ラビットアイ系」と、寒い土地に強く1本でも実をつける「ハイブッシュ系」があります。

高さは成長しても1~3メートルほどにしかならず、一般家庭の庭で育てやすいサイズです。

4月から5月にかけて、小さくて可憐な白い花を咲かせます。実は、ハイブッシュ系は6月から9月、ラビットアイ系は7月から9月頃に熟します。

ブルーベリーの育て方の中で剪定は必要?

ブルーベリーは、自然のまま育てても形が崩れにくい樹木です。しかし、安定して花を咲かせ実をつけるためには、剪定は必要です。

剪定の目的は樹木の形を整えることですが、余分な枝を切り風通しをよくすることによって病気を防ぎます。また、枝の成長を促し花を咲かせることで、結果的に実も多くつけるようになりますよ。

樹木の形を整えるだけではなく花も実も楽しみたい方は、必ず剪定を行うようにしましょう。

ブルーベリーの剪定時期

ブルーベリーの剪定時期は、夏と冬の2回です。ぐんぐん成長する夏と成長が止まる冬に剪定することで、健康な木に育ちますよ。木が健康なら、安定して花と実を楽しむことができます。

それでは、夏と冬の剪定時期について詳しく見ていきましょう。

夏剪定

ブルーベリーの花芽

夏は、ブルーベーリーがよく成長する季節です。6月下旬ころに長い枝を3分の1ほど切りましょう。

8月には、枝分かれするはずです。そのほか、伸びすぎた枝や弱い枝・病気の枝・内側に向かって生えている枝も、剪定してください。

これらを残してしまうと、残しておきたい枝の成長を妨げてしまいます。花芽もつきにくくなってしまうため、こまめに剪定するようにしてくださいね。

冬剪定

冬は、11月から2月頃が剪定時期です。ブルーベリーは、夏の間は葉を使って光合成をして冬になると葉を落とし休眠期になります。

枝だけの状態が、冬剪定をするタイミング。葉が落ちてしまえば枝がよく見えるので、剪定もしやすいですよ。

冷感地で育てている場合は、雪や霜の影響で枝が折れてしまうこともあります。降る前に剪定をするなど、育てている土地の気候に合わせて剪定時期を調整してください。

ブルーベリーの剪定方法

剪定道具

ブルーベリーの剪定は、おもに
・ひこばえを剪定する
・交差する不要な枝を取り除く
・枝先を切りつめる

この3つを頭に置きながら剪定をすれば、失敗は少ないですよ。それでは、剪定方法について詳しく解説します。

ひこばえを剪定する

ひこばえ

ひこばえとは、木の根元から生える枝のことをいいます。ブルーベリーはどんどん生えてしまうため、適度に剪定しましょう。

すべて取り除いてしまうのではなく、株が込み合わない程度に残します。残したひこばえの4分の1から5分の1程度切り詰めて、新しい枝を発生しやすくしましょう。

ブルーベリーが毎年安定して実をつけるためには、定期的に木を若返らせる必要があります。残しておいたひこばえは、1~2年もすれば花や果実をつけるようになります。

古い株は根元から切られ、成長した木がメインになるというわけです。

交差する不要な枝を取り除く

枝が交差して混みあっていると、日当たりが悪くなるだけではなく風通しが悪くなってしまいます。枝が弱ったり病気の原因になりますから、不要な枝は取り除きましょう。

弱い枝や病気の枝・内側に向かって生えている枝だけではなく、太く伸びた枝も根元から切ります。

また、花芽がついた短い枝も間引きます。そうすることで残った枝に養分がいきわたり、のちに実らせる果実が大きく成長し甘くなりますよ。

枝先を切りつめる

ブルーベリーはさほど大きくならないとはいえ、樹木なので成長はします。サイズを手入れしやすく調整するために、枝先を切りつめましょう。

30センチ以上伸びた枝やのこしたひこばえは3分の1から4分の1程度切りつめます。枝を切りつめることによってサイズを維持するだけでなく、見栄えもよくなります。

花芽は枝先につくため、切りつめすぎないことがポイント。花芽が少ないと、実も少なくなってしまうので注意してくださいね。 

ブルーベリーの年数に合わせた剪定方法

ブルーベリーの剪定は、植えてからの年数で剪定方法が変わります。1~2年目までは形を整えるために、2~3年目までは横に広がるのを防ぐための剪定をします。年数に合わせた剪定ができるように、心がけましょう。

それでは、それぞれの年数の剪定の仕方を解説します。

【1〜2年目】形を整える剪定

ブルーベリーを植えて1~2年目までは、形を整えるための剪定をしていきます。花芽がついた枝先を、数センチだけ切ってください。

花芽を減らしてしまうと果実はあまりつきませんが、枝を成長させることを優先します。花芽を切ると芽が出てきますが切らないように注意しましょう。

早く花を咲かせ実をつけたい気持ちをぐっと我慢して、まずは形を整えていきましょう。

【2〜3年目】横に広がるのを防ぐ

ブルーベリーは背が高くなりにくい樹木ですが、枝の成長はぐんぐん成長します。放置していると横に広がってしまい、見栄えもよくありません。植えてから2~3年目は、横に広がるのを防ぐための剪定をしましょう。

剪定は、太くて大きな花芽を残して細くて小さな花芽を取り除きます。横に伸びている枝や根元の枝に弱い花芽がついていることが多いです。また、混みあっている枝の花芽も取り除いてください。

剪定する枝はどの部分?

難しそうにする女性

ブルーベリーの剪定は、枝・花芽・葉芽・株が基本です。年数によって取り除く部分は異なりますので注意してくださいね。

枝のどの部分を切るかどうかは、何を目的にするか、どんな枝を剪定するかによって変わります。株や強い枝は、ハサミを使って根元から切りましょう。

内側に向かって生えている枝や株付近の枝・混みあっている枝は、葉芽付近で切ります。長く伸びた枝なら、3分の1か2分の1くらいまで切りましょう。

ブルーベリーの剪定を失敗しないための注意点

注意

剪定は、切ればいいというものではありません。適当に切ってしまうと枯れてしまったり、花や実をつけなくなってしまう恐れがあります。剪定を失敗しないために、

・花芽を切り落とさないようにする
・強剪定をしすぎない
以上2点に注意してくださいね。

それでは、それぞれの注意点を詳しく解説します。

花芽を切り落とさないようにする

花芽は、のちに花が咲き実がつく部分です。残しておけばたくさん実がなると思いがちですが、ひとつひとつに行き渡る養分が少なくなるため取り除きましょう。

しかし、切り落としすぎには注意が必要です。花芽を間引くと甘く大きな実をつけますが、その花芽がなくなってしまうと花も実もつけてくれません

花芽を間引くときは、混みあっている枝や花芽がたくさんついている枝に絞って切り落としましょう。

強剪定をしすぎない

植木鋏

強剪定とは、太い枝を短く切ったりたくさんの枝や芽を切ることです。樹木の背丈を調整するために強剪定することもありますが、切り口が大きいため木へのダメージも多いです。

樹木そのものに力がないと回復できず、そのまま枯れてしまうことも。また、強剪定した後はひょろひょろと長い枝「徒長枝」が生えやすく、樹形を乱す原因にもなります。

剪定するときは、バランスを見ながら行うことが大切です。

ブルーベリーは鉢植えでも楽しめる!

ブルーベリーは、株も幹もそれほど大きくありません。成長しても1~3メートルほどにしかならず、強剪定でサイズを調節することもできます。ですから、鉢植えにして花や実を楽しむことができますよ。

鉢植えが可能なら移動させられるので、寒い時期は家の中に入れられますね。また、ベランダで育てることもできますのでおすすめです。

ブルーベリーの剪定をプロに依頼したときの費用相場

電卓と画像

ブルーベリーを剪定するときの費用相場は、3,000円前後が目安となります。

しかし、業者によって木の高さや本数で料金が決まる場合と、職人の作業時間や人数で料金が決まる場合があります。業者により費用はさまざまですので、剪定を依頼する前に見積もりを取るとよいでしょう。

また、切り落とした枝の処理や消毒などのオプションがついている場合もあります。見積もりを取る際は、サービス内容も確認するようにしてください。

ブルーベリーの剪定はプロに依頼するのがおすすめ

植木屋

ブルーベリーは初心者でも育てることができ、比較的手入れもカンタンです。

しかし、年数によって剪定のやり方が違うことや樹形づくりが、少し難しいと感じるかもしれません。それに、せっかく育てるなら安定して花を咲かせ実をつけたいですよね。

でしたら、プロの業者に依頼するのがおすすめです。ブルーベリーの基礎が出来上がる4~5年は、定期的に業者に手入れをしてもらうとよいでしょう。

庭革命では無料で複数の業者から見積もりをとることができるので、是非ご利用ください。

ブルーベリーの剪定まとめ

ルーベリーの時期や年数に合わせた剪定方法と、失敗しないための注意点について解説しました。初心者でも育てられるとはいえ、放置すれば木は応えてくれません。

正しい時期に正しい方法で剪定すれば、毎年安定した花と実をつけてくれるようになりますよ。また、長い間元気な木でいてくれることでしょう。

とはいえ、慣れない方が剪定するのは不安も大きいですよね。植え始めてから数年は、プロの業者の手を借りるのもよいでしょう。健康で美しいブルーベリーの木を育て、花と実を楽しんでくださいね。

関連記事Related article

剪定入門道場

2020.10.23

【クレマチスの剪定方法】初心者でもわかる種類別……

イチジク

剪定入門道場

2020.10.22

【イチジクの剪定】品種別剪定方法と時期を解説!……

レモンの木

剪定入門道場

2020.10.22

【レモンの剪定方法】実がならない原因やトゲの処……

みかんの木

剪定入門道場

2020.10.21

【みかんの剪定方法】美味しいみかんをつくるには……

剪定入門道場

2020.10.21

【ブドウの剪定方法】時期や方法・育て方について……

剪定入門道場

2020.10.21

【コデマリの剪定方法】育て方や挿し木の方法も徹……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map