庭革命

庭革命

【バジルの剪定】初心者でも簡単に栽培できるバジルの剪定時期や方法を解説

剪定入門道場

2021.01.25

バジル

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

パスタやピザなど、イタリア料理のトッピングとして目にすることも多い「バジル」。剪定を繰り返すことで、たくさんの葉を収穫することができます。

ハーブのなかでもなじみの深い種類ですが、実際に育てるとなると「剪定の仕方は?」「水やりや肥料はどうすればいいの?」とたくさんの疑問が湧きますね。

この記事では、イタリア料理に欠かすことのできないハーブ・バジルの剪定時期や方法を解説します。

バジルの特徴

バジル

バジルはシソ科のハーブで、スイートバジルやバジリコと呼ばれることもあります。スーパーマーケットなどで出回ているものは、スイートバジルが一般的です。

本来は多年草の植物ですが、日本は寒いため一年草の扱いになります。原産地は南アジア~東南アジアにかけてと、アフリカです。

成長しても背丈は25~60センチほどにしかならず、狭い庭やベランダで気軽に栽培することができます

花の開花時期は夏以降。白い花を咲かせ、食べることができますよ。正しく剪定することで、より多くのバジルを収穫することができます。

バジルにはさまざま種類がありますが、レモンのように爽やかな香りのするレモンバジルやイタリアンバジルなどがあります。

バジルの剪定時期

バジル

バジルの剪定時期は、苗の背丈が20センチほどになったらです。ほかの樹木のように決まった時期はありませんが、だいたい夏頃が剪定時期になるでしょう。

ある程度成長したら、剪定を繰り返して苗を大きくしていきます。また、バジルは蒸れると風通しが悪くなり成長を妨げます。

こまめに手入れをして、長い期間収穫を楽しめるようにしていきましょう。

バジルの剪定方法

バジルの剪定の基本は、「摘芯(摘心)」です。ほかの樹木のように難しい剪定は、必要ありません。

ときどき「切り戻し」もしてあげますが、摘芯を繰り返して苗を大きく成長させます。

ここでは、バジルの剪定方法について解説します。それでは、詳しく見ていきましょう。

基本の剪定は「摘芯(摘心)」

バジル

バジルの背丈が20センチほどになったら、摘心をしてあげましょう。摘芯をすることで、側芽の成長を促します。

切り方は、地面から2~3節目の少し上を切ります。摘芯は時期関係なく、地面から2~3節くらい成長していればいつでも行えます。

バジルは摘芯をしなくても成長しますが、より多くの葉を収穫するなら剪定は必要不可欠です。

摘芯をすれば茎が増え、摘心を繰り返すことでたくさんのバジルを収穫することができます。

脇芽の成長を促す「切り戻し」

剪定

バジルの花は、夏以降に開花します。花が開花するよりも前、7月上旬ごろに、葉を全体の3分の1くらいに切り戻しましょう

切り戻す目的は、脇芽の成長を促すためと蒸れの防止です。葉が多く蒸れてしまうと、害虫被害にあう可能性が高まります。

剪定したバジルの葉は、料理などに使ってくださいね。

バジルの育て方

バジルは初心者でも育てやすい、植物です。しかし、手入れをしなければ収穫できないどころか、枯らしてしまいます。正しく育てて、より多くの葉を収穫してくださいね。

ここでは、バジルの育て方について解説します。ぜひ、参考にしてください。

水やりや肥料の頻度とタイミング

ガーデニング

バジルは、水を好む植物です。乾燥にも弱いため、水は切らさないように与えてください。土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりをします。

水やりは、朝の涼しい時間帯にするのがおすすめです。

夏の暑い時期は、水やりをしてもバジルの葉がぐったりすることもあります。そのような場合は、夕方の涼しくなったころに再度水を与えてください。

肥料は、植え付ける際に緩効性肥料を与えます。その後は、5月~9月にハーブ用の肥料を与えましょう

バジルは、肥料が足りないと葉が黄色くなってしまうので忘れずに肥料をあげてくださいね。

冬越しの方法

雪

バジルは多年草の植物ですが、日本の冬は寒いため一年草とされています。

一年草とは、種をまいた年に花をつけ枯れる植物のこと。同じ株が翌年に花をつけることはありません。ですから、株を年越しすることは難しいと言えます。

バジルは11月頃になると葉が黄色くなったり黒ずんだりして、苗が弱ります。それが、バジルの終わりの合図です。

翌年もバジルを育て収穫したい場合は、種を残しておきましょう。

バジルの収穫時期と方法

バジルの収穫時期は、とても分かりやすいです。バジルは花を咲かせると葉はかたくなり、味も落ちてしまいます。ですから、花が蕾をつけ咲かす前に収穫をしましょう

だいたい、夏から秋までが収穫時期になります。ここでは、バジルの収穫時期と方法について解説します。それでは、さっそく見ていきましょう。

花の蕾をつけたら収穫の合図

バジル

バジルは、花の蕾をつけたら収穫の合図です。花を咲かせた後種ができますが、種をつけてしまうと枯れてしまいます。バジル自身が、役目を終えたと認識してしまうのです。

ですから、まだまだ収穫を楽しみたいなら花が蕾をつけた時点で摘み取りましょう。花は食べることができますよ。

また、翌年も育てたいなら、種をつけさせ残しておくとよいでしょう。

収穫の仕方は「摘芯」と同じ

バジル

葉の摘み取り方は、摘心と同じやり方です。

バジルの苗の一番先の葉を4枚ほどまとめてハサミで切り取ります。数日たつと脇芽が伸びますので、ちょうどよい大きさになったら再び収穫できますよ。

このようにして、収穫することでどんどん脇芽が生え、たくさん収穫することが可能となります。肥料が不足すると成長も止まってしまうので、追肥は必ず行ってくださいね。

バジルのおすすめの使い方

たくさん収穫できるのは嬉しいけど、どうやって活用しようか悩みますよね。バジルの葉は乾燥させて保存することができます

そのほか、生のままサラダにしたりトッピングに使うこともできます。また、ハーブティーもおすすめです。

バジルソースやトッピングとして料理に活用

バジル

大量のバジルを消費するには、バジルソースを作るのがおすすめです。一度にたくさんの葉を必要としますし、手作りのソースならより一層パスタが美味しく感じられます。

バジルソースは簡単に作ることができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

また、バジルはパスタやピザなどのイタリア料理によく合います。ソースを作るのがハードルが高いなと感じる方は、バジルをトッピングとして利用するのもおすすめです。

ハーブティーにしても◎

茶

バジルをハーブティーとして利用するのもおすすめです。バジルのハーブティーは、胃腸の働きを助けたり鬱々とした気分を晴らしたりする効能が期待されています。

作り方も簡単で、ポットにバジルの葉を入れお湯を注ぐだけ。お湯を入れたら5分間、蒸らすのが美味しくいただくポイントです。

甘みが欲しい方は、はちみつを入れるとよいでしょう。ぜひ、バジルのハーブティーで癒しの時間を過ごしてくださいね。

バジルが枯れる理由

バジルはとても育てやすい植物ですが、枯れてしまうこともあります。主な原因は、害虫被害と剪定の失敗です。

あまり神経質にならなくても育ちますが、放置しないように注意してくださいね。それでは、バジルが枯れてしまう理由について、解説します。

害虫被害よって枯れる

アブラムシ

バジルを栽培する際は、害虫被害に注意してください。気をつけたい害虫は、アブラムシやハモグリバエです。アブラムシは葉の裏や茎に寄生し、養分を吸って苗を弱らせます。

ハモグリバエは、葉のなかに卵を産む害虫です。卵が孵化すると葉のなかをトンネル状に食害し、苗を弱らせます。どちらの害虫も見つけ次第、殺虫剤で駆除してください

剪定時期や剪定カ所を失敗した

枯れ

バジルは摘芯を繰り返すことで成長し、たくさん収穫のできるハーブです。どんどん剪定をしたいところですが、あまりにも切り過ぎると次第に苗が弱まってしまいます

よっぽどのことがない限り枯れることはありませんが、食べごろになるまで気長に成長を見守りましょう。

また、気温が急激に下がる11月頃に枯れるのは、寿命ととらえましょう

バジルの葉が大きくならない原因と対策

バジル

バジルを育てていると、なかなか葉が大きくならないことがあります。その原因は、葉が多すぎて栄養が行き渡っていないからかもしれません。

バジルの葉があまり成長しないなと感じたら、摘心をしてスッキリさせてあげてくださいね。

あまり剪定しすぎると光合成ができる葉が少なくなってしまいます。適度に残しつつ、様子を見ながら剪定をしてください。

バジルは種まきや挿し木で増やせる!

バジルは植えたその年に収穫し役目を終えてしまうので、種まきや挿し木で苗を増やしましょう

挿し木の場合は冬に枯れてしまいますが、その分たくさんの葉を収穫することができますよ。翌年もバジルを育てたいなら、種は採取しておきましょう。

ここでは、バジルの苗の増やし方について解説します。

じっくり育てたいなら「種まき」

種まき

バジルは種から育てることができます。種は、ホームセンターやインターネット通販でも気軽に購入できますよ。また、花を咲かせた後にも種を採取することができます

採取した種は乾燥させ、封筒に入れて保管しておきます。翌年の春に種をまくとよいでしょう

種まきの仕方は、プランターや鉢植えに土と肥料を入れまきます。水切れを起こさないように管理し、背丈が20センチほどになったら摘芯をしましょう。

その後は、通常通り栽培してください。

土に挿して増やす「挿し木」もおすすめ

バジル

バジルは、挿し木でも増やすことができます

挿し木のやり方は、バジルの枝を10~15センチほど切り取ります。先端に近い部分の葉を数枚残して、さらに葉を半分にカットします。

用意したプランターに土を入れ、挿し穂を挿しましょう。発根するまではたっぷり水をやり、半日陰で管理します。2~3週間したら根が生えます。

バジルの剪定をプロに依頼した場合の費用は?

剪定

バジルは初心者でも簡単に栽培することができ、剪定も難しくありません。家庭菜園やガーデニングの入門にはとてもよい、植物といえるでしょう。

しかし、植物を育てた経験のない方は上手に育てられるの?と不安になりますよね。そんなときは、プロの業者に頼ってみてはいかがでしょうか。

気になる剪定料金ですが、職人一人あたりで費用を計算する業者や植物1本で計算する業者などさまざまです。

たとえば、職人一人あたりの日当なら15,000円~30,000円が相場となります。

植物の高さで料金が決まる場合は、3メートル未満の樹木なら5,000円。5メートルまでなら7,000円。7メートルなら15,000円

それ以上になると、実物を見て見積もりを出す業者が多いです。

バジルは成長しても、60センチほどにしかなりません。本数にもよりますが、業者に依頼しても数千円で済むと思っておいてよいでしょう

見積もりは複数の業者でとるのがおすすめ

見積書

見積もりの算出方法やサービス内容は、業者により異なります。実際に剪定を依頼する前に、見積もりをとって確認しておきましょう。

見積もりは1社ではなく、3~5社の複数社からとることをおすすめします。自宅に来てもらう場合や持ち込みなど、状況によって金額が異なるからです。

見積もりをとって、あなたに合った業者を選んでくださいね。

なお、庭革命では無料で複数社から見積もりをとることができます。ぜひ利用してください

バジルの剪定のまとめ

バジル

バジルの剪定時期や方法、収穫の仕方について解説しました。

摘芯すればするほど成長してくれるバジルは、丁寧に育てることで応えてくれる頼もしい植物です。

水やりや肥料の施しは必要ですが、難しい剪定も必要なく初心者でも始めやすいと言えるでしょう。

しかし、剪定のやり方を間違えてしまうと思うように育ちません。バジルをこれから育ててみたいという方は、この記事を参考にしてくださいね。

関連記事Related article

木瓜の木

剪定入門道場

2021.02.27

【木瓜(ボケ)の木の剪定】華やかで美しい花を咲……

ウツギ

剪定入門道場

2021.02.27

【ウツギの剪定】ウツギの剪定時期は年2回!季節……

アカシア

剪定入門道場

2021.02.27

【アカシア(ミモザ)の剪定】ふわふわで黄色の花……

タラの木

剪定入門道場

2021.02.26

【タラの木の剪定】山菜の王「タラ」の木を自宅で……

すももの木

剪定入門道場

2021.02.26

【すももの木(プラム)の剪定】甘酸っぱい夏の果……

梨

剪定入門道場

2021.02.26

【梨の木の剪定】みずみずしく甘い梨の実を自宅で……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map