庭革命

電話予約

お問合せ

コラム

【シマトネリコの適切な移植方法は?】適切な時期や育て方も徹底解説!

植物大百科

2020.08.29

ガーデン

庭木といえばシマトネリコと言われるほど人気の庭木ですが、植えるとなると「どうやって植えたらいいの?」「いつ植えればいいの?」と悩んだりしませんか?

今回は、移植方法の手順適切な時期などを解説しますので、シマトネリコを庭に植えたい、場所を移動したいと考えいる方は是非参考にしてくださいね。

この記事を読んで、「シマトネリコ」などのお手入れを、業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。
庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。
その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

庭革命で見積もりを依頼する

シマトネリコの移植や植え替え時期

シマトネリコは成長するのがはやい樹木です。そのため根詰まりしやすいという特徴を持っており、とくに鉢植えで育てている場合は植え替える必要があります。根詰まりによって根が傷み、育成不良を起こしかねません。

しかしながら一年中いつでも植え替えや移植をしていいわけではないのです。シマトネリコが移植によって負担になってしまう時期があります。樹木にとってやさしいシーズンを狙って植え替えるべきでしょう。

シマトネリコの適した移植時期について解説するので参考にしてください。

「4月」一番樹木に優しいベストシーズン

土

シマトネリコの植え替えや移植時期に最も適しているのが4月です。樹木にとって移植や剪定といった行為は負担になるため、なるべく傷つけたり負担にならない時期を選ぶ必要があります。

植えたあとは、有機質肥料暖効性化成肥料を元肥として施してあげるのがポイントです。植え替えの際には根っこや枝を切ったりする必要があります。普段より栄養を吸収しにくいので、水やりは頻繁に行いましょう。

「12〜2月」寒い冬の時期はNG

シマトネリコ

一般的に寒い時期は多くの樹木が休眠時期に入ります。樹木の成長もとまるため、寒い時期に剪定や植え替えを行うことも多いでしょう。しかしシマトネリコの場合は12月〜2月の寒い時期はNGです。

シマトネリコは寒さに弱い樹木ですので、真冬に負担がかかるようなことをしてしまうと、枝や根っこが弱って枯れることもあります。せっかく新しい場所に植えてあげてもそこからしっかり育ってくれなければ意味がありませんね。

シマトネリコの移植(地植え)の方法

シマトネリコの適した移植時期について把握したら、では実際に移植方法についてご紹介いたします。今回は鉢植えではなく地植えにおける移植方法について解説いたします。

シマトネリコに限りませんが、スコップ手袋などしっかりと事前準備をしておきましょう。うっかり怪我をしてしまってはいけませんね。

場合によっては枝が邪魔になってしまうこともありますので、念のため剪定ばさみも用意しておくといいですよ。

スコップで土を掘っていき根切りをする

まずは掘りたい範囲を決めましょう。大体スコップを使って直径20cmくらいを目安に掘っていきます。丸く範囲を形作るようなイメージで掘っていくのがコツ。

あまり根っこを揺らさないよう注意しながら、掘ってください。途中根の広がりがあったり、太い根っこが出てきたりしますので根切りをします。きちんと根切りをしないと作業の邪魔になりますから気を付けてくださいね。

植え替えたい場所を決めて穴を掘る

新芽とスコップ

移動させたい場所を決めたら、その場所に穴を掘ります。しっかりと植わるように、適切な大きさに掘ってください。

土をなるべく落としてしまわないようにするために「根巻き」をします。これで移植の準備は完了です。

土づくりをして水やりをする

掘った部分の土が乾いてしまうと、しっかりと根を張ることができなくなります。掘った部分の土に培養土などの土を混ぜておいてあげると、より根付きがよくなります。

移植は樹木にとってかなりの負担になりますから、土づくりをしっかりと行い掘った穴を元に戻してから水やりを行いましょう。土全体がしっかりとうるおったら◎

庭植えする場所に注意しよう

シマトネリコを庭木として植える場合、注視しなければならない点があります。日当たりや植え付ける場所の選び方について把握しておきましょう。注意点を詳しく解説いたします。

落葉樹なので寄せ植えの相性はよくない

寄せ植え

シマトネリコは落葉樹です。成長とともに芯が別れて行き横に広がりやすいので寄せ植えには適してません。自然樹形の場合込み合ってしまいがちなので余裕をもって場所をとるのがおすすめ。

他の樹木と近い位置に植えてしまうと葉が落ちたり枝が伸びたりして見栄えも悪くなってしまいます。不要な枝が増えると湿気が滞ったりもするので植え付ける間隔には注意しましょう。

成長速度が早いので日当たりをイメージしてから植え替える

シマトネリコ

シマトネリコは比較的成長速度の速い樹木です。そのため日のあたりには注意しましょう。西日など強い日が当たる場所に植えてしまうのは避けてください。土が乾燥しやすく、植え替えた直後のシマトネリコには負担です。

もちろん常に影になっている場所はよくありませんが、直射日光が当たらない場所で適度に土の水分が保たれる場所に植え替えます。日陰と日向のバランスをきちんと確認しておくのがベストですね。

室内で育てたい場合は地植えから鉢植えにするのも◎

パキラ

シマトネリコを室内で育てたいと思うこともあるでしょう。それほど大きくなっていない樹木で、室内に置いておけるようであれば地植えから鉢植えに植え替えても問題ありません。

基本的に移植方法は同じですが、鉢植えので場合は根っこが入りきらない場合あり迷うかもしれません。ですので太い根は絶対に切らないとだけ覚えておきましょう。

プロに業者に依頼するのもおすすめ

大きくなったシマトネリコや移植をしたことがない方の場合は、プロの業者さんに依頼してみるものおすすめです。大きな庭木の場合人一人の力ではなかなか難しいでしょう。プロの業者さんであれば専門知識もあります。

確実にシマトネリコを傷つけることなくきちんとした技術によって移植を行ってくれます。樹木の大きさなどによって値段が異なりますから、まずは複数から見積もりを出してもらいましょう。

シマトネリコの移植のまとめ

今回はシマトネリコの移植時期や方法についてみてきました。育成が早い分根詰まりなどのデメリットが生じます。余裕をもって場所を選んで移植をしてあげてください。

適した植え替えの時期を把握して、シマトネリコに負担がかからないよう注意して植え替えたいですね。庭木の移植方法が難しいと感じた場合は、植木屋さんなどに依頼をして植え替えをしてもらうのもひとつの手です。

この記事を読んで、「シマトネリコ」などのお手入れを、業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。
庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。
その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

庭革命にシマトネリコの剪定の見積もりを無料で依頼する

関連記事

記事一覧を見る

苔庭

植物大百科

2021.08.20

【初心者でもカンタン!】苔庭の作り方や手入れ方法、5種類のお…

ホワイトセージ

植物大百科

2021.01.31

ホワイトセージとは?スピリチュアルの世界では欠かせない存在ホ…

ミント

植物大百科

2021.01.31

ミント(ペパーミント)の効果・効能とは?自宅で育てたミントの…

ドクダミ

植物大百科

2021.01.29

薬草「ドクダミ」の効果・効能は?成分や育て方を徹底解説!ドク…

生垣

植物大百科

2020.10.07

【生垣を作る費用相場は?】手間のかからない種類も紹介!

ガーデン

植物大百科

2020.08.29

【シマトネリコの適切な移植方法は?】適切な時期や育て方も徹底…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP