【ガーベラの花言葉】色・本数ごとの意味や人気品種も紹介!おすすめのギフトシーンは?

お世話になっている人や家族・恋人へのフラワーギフト。どの花を贈るか迷っている人にはガーベラがおすすめです。赤・ピンク・黄色・オレンジと、鮮やかな大輪の花は、見るだけで明るい気持ちにさせてくれます。

ガーベラの花言葉は、実は花の色によって託されている意味が違うことをご存知でしたか?どれもポジティブなものばかりなので、ギフトや結婚式にも人気です。今回はガーベラの花言葉の数々と、人気の品種を紹介します。


この記事を読んで、「ガーベラ」などのお手入れを業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。

庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。


この記事を読んで、「ガーベラ」などのお手入れを業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。

庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

目次

ガーベラ(全般)の花言葉:常に前進・希望・光に満ちた

まずはガーベラ全般の花言葉から解説します。花言葉は「常に前身」「希望」「光に満ちた」と、ポジティブさ全開!花束でもアレンジメントでも、フラワーギフトにぴったりです。

ガーベラの花はどの色も発色の良さが特徴。赤・ピンク・黄色・オレンジと、明るく元気な色合いは見る人を前向きな気持ちにさせてくれます。人を元気にする色鮮やかさから、このような明るい花言葉が託されたと言われています。

ガーベラの花言葉は色・種類でも意味が異なる?

薔薇やカーネーション・ユリなど、花の色によって花言葉が異なるものもあります。ガーベラも色によって花言葉が変わる花の1つですが、他の花と違って、どのカラーでも素敵で前向きな花言葉が託されているのが特徴です。

ガーベラをプレゼントするときには、相手に伝えたい思いに合わせて色を選んでみるのも良さそうですね。

赤・黄色・白・ピンク・オレンジ、どの色を選んでも、相手の幸せを願い応援する素敵な花言葉の数々。ガーベラの色別の花言葉はこの後紹介いたします。

ガーベラの花言葉は怖い?怖くない?

元気なビタミンカラーの代表といえば黄色!しかし、黄色い花弁を持つ花は、ネガティブな怖いイメージの花言葉が多くあります。黄色のガーベラも、同じくネガティブな花言葉なのかといえば、実はそうでもありません。

黄色いマリーゴールドは「絶望」「嫉妬」、チューリップは「望み無き愛」、タンポポは「別離」、バラは「嫉妬」と、黄色の花はどれも不吉なラインナップ。というのも、黄色はキリスト教では「裏切りの色」とされています。キリストを裏切ったユダの服の色から由来しているのだそうです。

しかし、ガーベラはそんなセオリーも跳ね飛ばすポジティブフラワーです。黄色のガーベラは「親しみやすい」という意味もあります。黄色のガーベラに限らず、ガーベラの花言葉は、全ての色でスーパーポジティブ。贈り物に迷うことはありません!

ガーベラの花言葉は未来を応援:結婚式でも人気の理由!

ウェディングシーンにも人気のガーベラ。花言葉「常に前進」「希望」「光に満ちた」は、どれも人生の門出にふさわしいものばかりです。

明るい未来を応援する花として、結婚式の会場装花やウェディングブーケなどに、様々な色のガーベラが使われています。

ミニガーベラの花言葉は?

ガーベラには、花束のメインに使うような大輪のものもあれば、アレンジメントで華やかさを添えるためのミニサイズのガーベラもあります。

ガーベラは花の大きさでは花言葉は変わらないため、ミニガーベラに花言葉は用意されていません。サイズは花びらの大きさによって、大輪(12cm)・ミニサイズ(4cm程度)・マイクロミニ(3cm程度)に分かれます。

サイズの他、一重咲き・八重咲き・スパイダー咲きなど、咲き方によって見た目も大きく異なります。サイズや咲き方で花束の雰囲気もぐっと変わります。ガーベラの種類を知っておくことで、より個性的なアレンジメントのオーダーができるかもしれません。

ガーベラの花言葉(色別)の意味

ここからは、お待ちかねのガーベラの色別の花言葉の解説です。どれもポジティブで素敵な花言葉ばかり。

自宅で楽しむ切り花にしてもよし、自分の気に入った花言葉の色で選ぶのもよし。カラフルなガーベラと共に、その花言葉を楽しみましょう。

赤いガーベラの花言葉:いつも前向き・限りなき挑戦・燃える神秘の愛

ガーベラの花言葉(赤)は、その色の通り情熱的。受験や旅立ちなど、新しい挑戦の応援にふさわしいと言えますね。原種ガーベラも赤で、この赤色から品種改良が始まり、現在のカラフルな品種が誕生したそうです。

赤いガーベラは「愛」の花言葉を背負っているため、プロポーズに使われることも。バラの花束12本はプロポーズの定番です。しかし、「バラは気取りすぎて恥ずかしい」「大人っぽいバラよりも、元気で可愛い雰囲気を出したい」という場合には、大輪の赤いガーベラ12本の花束もおすすめです。

オレンジ色のガーベラの花言葉:あなたは私の輝く太陽

ガーベラのオレンジ色の場合、その花言葉は、英語で「You are my sunshine(君は僕の太陽)」。恋人に、尊敬する人にも渡せる花です。

この他、オレンジカラーのガーベラは「我慢」「忍耐強さ」「冒険心」といった花言葉も託されています。卒業や異動・職場を離れる同僚に、エールの気持ちを込めて渡したい花ですね。

黄色のガーベラの花言葉:究極愛・親しみやすい

前述でも紹介した通り、黄色は裏切りの色。黄色の花はネガティブな花言葉が多めです。

しかし、イエローガーベラの花言葉に限っては裏切りの色ではありません。「究極の愛や美」「優しさ」「親しみやすい」といった花言葉を持っています。

明るい黄色のガーベラは、メインにもなるし、明るさを演出する差し色にも。敬老や家族・友人・お世話になった人へのお礼など、どんなシーンでも使える色です。

ピンクのガーベラの花言葉:感謝・思いやり

ガーベラの花言葉(ピンク)は「いつもありがとう」の気持ちを伝えるにはぴったり。ピンクのガーベラは、色の種類も豊富です。はっと目が覚めるようなビビッド系の濃いピンクから、甘い雰囲気になるパステル系の薄いピンクまで多彩な色が揃っています。

「熱愛」「崇高美」という花言葉も持っているので、恋人や憧れている人に渡すプレゼントにも良さそうです。

青いガーベラの花言葉:神秘

ガーベラの花言葉に、青色のものは存在するのでしょうか?というのも、青いガーベラは自然界に存在しないため。店頭やフラワーギフトで見かける青いガーベラは、実は青く染めたものなのです。

存在しないからこその「神秘」。青いガーベラの花言葉には、そんな意味が託されています。

人工的に染めた花でも素敵な花言葉があるのは、不思議な感じですよね。存在しない花色に「神秘」の意味を持たせるということ自体に、なんだかロマンを感じませんか?

白いガーベラの花言葉:希望・純潔

ガーベラの花言葉(白)は、その色のイメージの通り「希望」「純潔」の他、「律儀」があります。

白いガーベラは結婚式でも定番。お通夜に贈る枕花・お悔やみの花にも使われる万能選手です。どんなシーンにも使える上、他の花に添えても文句なし。フラワーギフトでも使いやすい花となっています。

海外のガーベラの花言葉:英語でもポジティブ!

日本ではガーベラの花言葉はどのカラーも明るいメッセージを発信していますが、海外ではどうでしょうか?

結論から言えば、そのポジティブさは国が違っても同じ。どれも前向きさ・優しさを感じさせるメッセージが込められています。

  • ガーベラ全般の花言葉:「上機嫌(cheerfulness)」「美(beauty)」
  • ガーベラ(赤)の花言葉:「情熱(passion)」「愛(love)」
  • ガーベラ(ピンク)の花言葉:「感謝(appreciation)」
  • ガーベラ(黄色)の花言葉:「太陽の光(sunshine)」「暖かさ・優しさ(warmth)」
  • ガーベラ(白)の花言葉:「純粋(purity)」
  • ガーベラ(オレンジ)の花言葉:「あなたはわたしの輝く太陽(You are my sunshine)」

ガーベラは本数でも花言葉が変わる?6本や100本は?

バラやひまわりの花が本数によって花言葉が異なるのをご存知でしょうか?本数ごとの花言葉は、プロポーズや恋人へのプレゼントに使われることが多いようです。「バラは雰囲気的に重い…」「バラというキャラじゃない」という時もありますよね。そんな時はガーベラでもOK。

ガーベラ1輪の花言葉は、バラと同じく「一目ぼれ」や「あなたが私の運命の人」。ガーベラの赤3本なら「愛しています」。ガーベラ6本なら花言葉は「あなたに夢中」となります。明るくポップな雰囲気のガーベラであれば、同じ花言葉でもちょっと雰囲気が気軽になりますね。

ちなみにガーベラの花言葉100本の場合は「100%の愛」「私と結婚してください」になります。

10月12日の誕生花はガーベラ!花言葉とともに贈りたい

ガーベラの開花時期は、春(4月~6月)と秋(10月~11月)。暑さにも強く、長持ちするガーベラは、10月12日の誕生花です。

ガーベラは品種にこだわらなければほぼ年中手に入るので、誕生日に誕生花をプレゼントも難しくありません。

ガーベラの特徴:開花時期・原産地等の基本情報

学名Gerbera
別名花車(はなぐるま)・アフリカ千本槍(せんぼんやり)
科名キク科
属名ガーベラ属
原産地南アフリカ
開花時期4月~6月、10月~11月

ガーベラは南アフリカ・アフリカ原産のキク科の多年草で、温暖な地域であれば地植えで翌年も花を咲かせます。

すらりと真っすぐに伸びた茎と、はっきりした発色の花弁が特徴。花もちの良さで人気です。ヨーロッパで品種改良されて、今やその数は2000種以上。一重咲きから八重咲き、糸状の花びらのスパイダータイプ、球状タイプなど、豊富な品種が流通しています。

ガーベラの花名の由来

ガーベラの名前の由来は、その発見者の名前から。ドイツの植物学者ゲルペル氏(Traugott Gerber)にちなんで名づけられました。

ガーベラが原産の南アフリカで発見されたのは19世紀後半。日本に輸入されたのは大正時代のことです。当時の日本人の間で、ガーベラの見た目から「花車」「花の千本槍」の名で愛されました。

ガーベラは種類が豊富!人気品種を紹介

品種改良を重ね、約2000種以上の品種を持つガーベラ。定番花から個性派まで、紹介しきれないほどの種類が存在し、人々の目を癒してきました。

大輪の花が特徴の品種グループ「パティオシリーズ」。花粉が出にくいよう品種改良された、赤色花弁のアップルケーキや、白色花弁のココナッツケーキは「ルーツケーキシリーズ」というシリーズ名で愛されています。

ここからは、そんなガーベラの中でも特に人気の高い5種を紹介いたします。

ガーベラの人気品種①トレイシー(トレーシー)

八重咲きのゴージャスさで、ダリアに近い華やかな花姿。言われないと「ガーベラ」だとわからない人も多いかもしれません。薄ピンクの上品な花姿は、年齢問わずで人気の高いガーベラです。

このトレーシーだけで約40種の品種があると言われています。

ガーベラの人気品種②スパイダウェネチア

出典:Instagram

数多いガーベラの中でも珍しい品種の1つが、このスパイダウェネチア。クモ(スパイダー)の巣のように細く放射線状に咲く姿から、「スパイダー咲き」に分類されるガーベラです。

花びらの先端がグリーンで、くるりと特徴的に伸びている姿が個性的。上に向かって真っすぐ伸びる花びらが、見ているだけで元気をくれます。スパイダー咲きのガーベラは「崇高な美」という花言葉も託されています。

スパイダウェネチアは1輪で飾ってもインパクトがあり、花もちも良いため、部屋に飾って個人的に楽しみたい人にもおすすめです。

ガーベラの人気品種③トマホーク

出典:Instagram

トマホークは別名「オレンジスパイダー」。その名の通り、スパイダー咲きのオレンジカラーが特徴です。元気なオレンジ色で、細い線状に広がる花弁はインパクトも抜群。

他の色のガーベラや、他の種類の花と組み合わせて、メインにも添え花にも使えます。

ガーベラの人気品種④ミノウ

出典:Instagram

柔らかなパステルトーンで、優しい雰囲気のミノウ。暖かく柔らかいオレンジピンクは、アプリコットカラーとも呼ばれます。

一重咲きのシンプルでたおやかな花姿は、重めの花束には遊びを、明るい花束は柔らかな雰囲気をプラス。どんなシーンにも使えます。

ガーベラの人気品種⑤「パスタ」シリーズ

出典:Instagram

「パティオシリーズ」や「ルーツケーキシリーズ」など、ガーベラの数あるシリーズの1つ「パスタシリーズ」。ねじれた花びらは、イタリアのショートパスタの形にも似ていますね。上記の写真は「パスタカルボナーラ」という品種です。

パスタシリーズは大輪系が多く、「パスタカルボナーラ」「パスタロサート」、ストロー咲きの「コルヴァーラ」などが人気です。

「カルボナーラ」という、食べ物の名前がついてしまう個性派ガーベラは、一輪だけでもインパクト大。個性的なブーケを演出したい時にもおすすめです。

どんなシーンにも使えるガーベラをプレゼントに!

「フラワーギフトで迷った時にはガーベラ!」と言っていいくらいに、ガーベラは万能選手。幅広い年齢に親しまれ、パスタシリーズのような個性派の品種であれば男女も選びません。

ウェディングから、お祝い・お別れ・お通夜などのお悔やみ花まで、シーンを選ばない有能さが人気です。

前向きな花言葉のガーベラは誕生日・お見舞い・開店祝いにも

明るいガーベラはバースデーギフトでも定番。また、花言葉に「希望」を持つため、病気の人のお見舞いにもおすすめです。

赤いガーベラの「常に前進」「限りなき挑戦」という花言葉も、開店・開業祝いにはぴったりですね。豪華なフラワースタンドで贈るのも良いでしょう。

ピンクのガーベラの「感謝」は、お世話になった人への思いを込めて、メッセージとともに渡したいものです。

ガーベラの贈り方・渡し方

様々なシーンで使えるだけに、ガーぺラの贈り方は花束に限りません。

ミニブーケから、スタンド・アレンジメントなど、ガーベラの贈り方を知っておくと、気持ちも伝えやすいですよね。ここでは定番のガーベラの渡し方を紹介します。

ガーベラのブーケ・花束

色で選んでもよし、花言葉で選んでも良し。ガーベラの長くすらりとした茎は、アレンジメントにも花束にも最適です。小さな3,000円程度のものから、ゴージャスさを求めるなら5,000円以上のものがおすすめ。

ガーベラは中心(芯)の色によっても全体の雰囲気が変わります。中心が黒っぽいガーベラであれば、重厚でゴージャスな雰囲気に、中心が白系のガーベラを使えば可愛い雰囲気のブーケに仕上がります。

気軽に受け取ってもらいたいような時や、プレゼントを添えたいときは、かわいい「ミニブーケ」がおすすめです。プレゼントの素敵な演出になってくれます。ガーベラの入ったミニブーケは、500円程度のワンコインでも販売されています。

スタンド花でもガーベラは人気

出典:Instagram

開店祝い等のビジネスシーンにもガーベラは人気の花です。「常に前進」「限りなき挑戦」の花言葉を持つ赤いガーベラは、新たな門出を応援します。

主役にも脇役にもなれるガーベラは、他の花と組み合わせるとより華やかな雰囲気に。10,000円~50,000円の相場で、芸能人の舞台やコンサートのお祝いにも使われています。

ガーベラはアレンジメントにも万能

水を含んだオアシスに花を生け、そのまま飾ることができるのがアレンジメントの魅力。華やかなアレンジメントは、プライベートでもビジネスでも人気があります。

フラワーアレンジメントは、ボリュームやガーベラと組み合わせる花の種類でも料金が上下します。定番のものなら5,000円~、ビジネスシーンでのお祝いに使うのであれば~20,000円程になります。

ガーベラを長く楽しむ方法・注意点

ガーベラを一輪挿しで飾る場合も、贈り物としてもらった場合も、飾る場所には注意しましょう。日光に長時間当てると、花が痛みやすいため、直射日光を避けて涼しい場所で管理がおすすめです。

また、花もちの良いガーベラは、一手間かけるだけでさらに長持ちさせることができます。切り花用の延命剤を入れて、毎日綺麗な水に交換・花瓶も洗ってあげるとさらに長く楽しめるので、プレゼントを長持ちさせたい人は試してみてください。

ガーベラの切り花を花瓶に美しく飾るポイント:水の量と切り方

切り花を長く美しく保たせるためには、水揚げの処理も欠かせません。バラの水揚げは、多く給水させるために茎を斜めに切って給水させますが、ガーベラの場合は茎を水平に切ることがポイント。ガーベラは茎が太く空洞になっているため、斜めに切るとたくさん給水して茎が腐りやすくなります。

このため、花瓶の水も少な目に。ガーベラが給水しすぎないように、浅水(茎が2~3cm入る程度)の深さで水を用意しましょう。

花瓶が短い場合は、茎は花から10cm下を切るようにしましょう。ガーベラのすらっと長い茎を生かしたいのであれば、縦に長い花瓶にいけることをおすすめします。

ガーベラのドライフラワーもおすすめ

プレゼントにもらったガーベラを、ドライフラワーにして思い出に残すのもおすすめ。

発色鮮やかなガーベラの色が、少しずつ変化していく様を眺めるのも素敵ですね。ガーベラの色を活かし、他の香りの強い花と混ぜてポプリにするのも楽しさの1つ。ただ、ガーベラ自体は香りは僅かなので、色味を添える脇役として使ってあげましょう。

まとめ:ガーベラの花言葉は結婚式やギフトにおすすめ

主役級にも、脇役にもなれるガーベラは、花言葉も前向きなものばかり。男女・年齢を問わず、幅広い年代に愛される花なので、誕生日祝いから卒業祝い・開店祝い・お見舞い・お悔やみまで、幅広いシーンで使えます。

また、好きな花言葉を選んでガーベラの花の色を選ぶ楽しみもあります。相手のこれからを応援する、そんなメッセージを添えて贈ってみましょう。

ガーベラは風水でも「人と人の縁を繫ぐ」効果があると言われ、縁を繋ぎ、幸福を運ぶ花です。ギフトに限らず、切り花を自宅で飾るのも良いですね。


この記事を読んで、「ガーベラ」などのお手入れを業者に依頼したいと思われた方は、お庭手入れのプロである庭師に相談することがおすすめです。

庭革命では、お庭造り・剪定・植栽などの、見積もりを無料相談することができます。その他、お庭・植物に関する悩みがあるお客様も、気軽に利用されているので、この機会に是非一度相談してみてください。

目次
閉じる