庭革命

庭革命

【コニファーを小さくする方法】剪定時期や種類も徹底解説!

ガーデニング相談所

2020.08.21

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

大きくなり過ぎたコニファーを持て余してしまっているなんてことはありませんか?お手入れができるくらいに小さくしたいと悩んでいる方へ、大きくなり過ぎたコニファーを小さくする方法をご紹介いたします。

うっかり長く放置してしまったときのお手入れ方法やコニファーを小さくする料金相場など幅広い観点から見ていきましょう。

 

大きくなりすぎたコニファーを小さくする2つの剪定方法

出典:gardenstory.jp

コニファーを小さく育てることはそれほど難しいことではありません。鉢植えにしたり定期的に剪定をしてあげるなど、手入れを欠かさなければ大きさを抑えることは可能です。

しかしながらお庭にコニファーを植えていて、うっかり放置してしまっている間に大きくなり過ぎてしまったらどうしたらよいのでしょうか?大きくなったコニファーはおもにふたつの剪定によって小さくすることができます。

 

高さを低くしたいなら「芯止め」

出典:youtube.com

大きくなりすぎたコニファーを小さくするのに適しているのが「芯止め」です。強剪定の一種で主に剪定のこぎりを使用して行います。

一番成長力の高い主幹を切り落としてあげることで、それ以上は大きく成長しなくなります。樹木も生きていますので完全にそのまま成長が止まるわけではありませんが、大きくなり過ぎている高さを低くできるでしょう。

 

横に大きいなら「枝抜き」

出典:facebook.com

枝抜き」は剪定はさみを使って行います。芯止めとは違い込み合っている枝を間引くような剪定方法で、透かし剪定とも呼ばれています。全体のバランスを整えるとともに、横に大きくなってしまったコニファーを小さくできますよ。

不要だと感じる枝や枯れている枝、密集し過ぎて風通しが悪い部分などを見極めて剪定していくのがコツです。不要な枝の付け根から切り取って大きさを小さくしていきましょう。

 

コニファーの剪定時期

コニファーの剪定には適した時期があります。暑さに弱いという特徴があるので、真夏など極端に気温が高い時期の剪定は適していません。6月〜10月までは強剪定などの大きな刈込ではなく、こまめな手入れがぴったりです。

大がかりな剪定は樹木が休息している寒い時期、とくに3月〜4月がおすすめの時期です。樹木の全体をみて暑くなる前に大きくなり過ぎた部分を剪定しましょう。

 

手入れが大変なら伐採するのも◎

出典:sweetomyan.exblog.jp

放置されてしまった樹木は大きくなり過ぎてしまい手入れが難しかったり、部分的に枯れる枝があったりします。手入れをするのが大変だという場合には伐採をしてしまうものひとつの手です。

伐採と剪定は混同されがちですが、伐採は立ち木をそのまま根元から切ってしまうことを指します。枯れてしまった樹木や必要のない木々を整理することが可能です。大きくなり過ぎてしまったコニファーは業者さんなどに頼んで伐採してもらうこともできます。

 

家庭に植えられていることが多いコニファーの種類と特徴

コニファーは家庭で植えられることが多く、一年中爽やかなグリーンが楽しめる定番的な樹木です。常緑針葉樹の総称をコニファーと表します。種類が豊富も自分好みのものを見つけることができるでしょう。

庭木以外にも生垣や鉢植えにして玄関先に置いている方も珍しくありません。数あるコニファーの中から、とくに人気がありご家庭で親しまれているものを3つご紹介いたします。

 

【ゴールドクレスト】最もポピュラー!

出典:uekipedia.jp

コニファーのなかでも最もポピュラーな樹木がゴールドクレストです。明るめの黄緑色の葉っぱをつけるのが特徴的で、洋風のお庭によくあいます。自然な形で円錐形に育ってくれるので冬の飾りつけを行うのにも適しています。

ですが、コニファーの中では寒さにあまり強くありません。また高温多湿環境にもあまり適していないので梅雨時期や湿度が高い夏には十分注意が必要ですね。さわやかな香りが楽しめるのもまた魅力の一つです。

 

【ヨーロッパゴールド】季節によって表情が変わる

出典:seikatsu110.jp

ヨーロッパゴールドは黄色味を帯びている明るめの葉っぱが特徴的な樹木で日当たりの良い場所でよく育ってくれます。夏場は濃いグリーンで、冬になるとやや褐色に近づくことから、発色の幅がたのしまれている樹木です。

寒い地域でも地植えで育てることが可能です。育成スピードはそれ程速くありませんが樹形が乱れにくいのでお手入れは面倒ではありません。初心者でも育成が難しくないですね。

 

【エメラルドグリーン】爽やかな香りが魅力

出典:gardenstory.jp

冬場のクリスマスツリーとしても愛されているのがエメラルドグリーンです。名前の通りまるでエメラルドように発色がよく、葉っぱに光沢があります。

自然樹形で円錐形に育ってくれるので見栄えもいいですね。日本の気候に合っている樹木で寒さだけではなく暑さにも強く生命力があるので育てやすいでしょう。

 

コニファーを小さくする作業の料金相場

コニファーを小さくする作業では、どの程度小さくするのかや枝を切った後のゴミの量などによって相場が変わってきます。多くの業者では5,000円以上の費用がかかりますが、場合によっては数万円の差が生じる場合もあるので注意が必要です。

 

複数の植木屋から見積もりをしてもらうのがおすすめ

出典:photo-ac.com

植木屋に剪定を頼む場合はひとつの業者さんではなく、複数の業者さんに見積もりを頼みましょう。3社以上の植木屋を見比べるのがおすすめです。相場や見積もりについては具体的に紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

コニファーを小さくする方法のまとめ

コニファーは比較的ご家庭でも育てやすくガーデニングや生け垣など多くの場面で愛されている樹木たちです。しかし長期間放置してしまうと伸び放題になってしまいますから、しっかりと剪定をおこなってあげて計画的に育成をしてあげましょう。

関連記事Related article

ガーデニング相談所

2020.10.07

【ロックガーデンの作り方】石や植物の選び方も紹……

小さい花壇

ガーデニング相談所

2020.10.07

【花壇作りにかかる費用は?】DIYをする業者に……

ガーデニング相談所

2020.08.30

【シンボルツリーの人気おすすめ15選】大きくな……

ガーデニング相談所

2020.08.30

【支柱の種類や立て方】結び方まで徹底解説!

ガーデニング相談所

2020.08.29

【目隠しにおすすめ人気の庭木8選】日陰でも育つ……

ガーデニング相談所

2020.08.29

【駐車場の目地に砂利を敷こう!】DIYをしてお……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map