庭革命

庭革命

【花壇の植栽方法】初心者でも作れるナチュラル花壇も紹介!

ガーデニング相談所

2020.08.29

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

家の周りに美しい花壇があったら華やかに見えますし、周りの人からの注目も浴びられます。でもどうしたら見栄えの良い花壇が作れるのかわからないと困っていませんか?

そこで今回は初心者の方でも簡単にできる花壇の植栽方法について詳しくまとめていきます。お花の植え方やポイント、おすすめの植物もまとめていくのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

花壇の雰囲気を決めよう!

出典:ainomori.or.jp

まずは自分がどのような花壇を作りたいのか理想をイメージしてみましょう。「華やかな雰囲気」や「緑を中心にしたデザイン」がいいなど人それぞれ好みのイメージは違いますね。

いきなり花壇の植栽に入るよりもまずは雰囲気を決めることが大切です。

どんな雰囲気が花壇でできるのか解説していきますので参考にしてください。

 

【ナチュラル花壇】木材などを使って柔らかさを出したい

出典:thebest-1.com

柔らかな雰囲気や家の外観に合わせて花壇を作りたい方は、「ナチュラル花壇」がおすすめです。植栽するときに木材をうまく使用して柔らかさを演出します。

お花だけだと高級感があって近寄りがたい雰囲気になってしまいますが、緑や木材を取り入れることでナチュラルであたたかみのある花壇に仕上がりますよ。

 

【モダン花壇】大人っぽさを庭で出したい

出典:souensha.com

大人っぽい雰囲気に仕上げたい場合は「モダン花壇」がおすすめです。スタイリッシュな雰囲気にするためにも、色味が落ち着いた植物や木材を使用します。一気に大人っぽいイメージになりますし、家全体の雰囲気も高級感のある感じに仕上げることが可能です。

 

花壇のレイアウトを決める

出典:gardening.bz

どんな花壇にしたいかイメージを固めたら、次はレイアウトを決めていきましょう。一度植え付けると植え替えが大変なので、よく考えた上でレイアウトを考える必要があります。

花が咲いた時をイメージしてレイアウトを考えるとよいですよ。

お庭も家によって形が違います。小さい庭から長方形まで、お庭の形も頭に入れてイメージしていきましょう。

例えば中心に鮮やかなお花を配置して周りを緑で固めるのもステキですし、全体的に色味が落ち着いた植物で覆うのも◎。

雰囲気や植える本数などを考えて、自分なりのレイアウトを考えてみてください。頭の中だけで考えるよりも紙に書き起こしたほうが具体的にイメージが湧きやすいですよ!

 

花の植え方やコツ!

出典:k-kabegami.com

次に花の植え方とコツについて説明していきます。それぞれの手順でポイントがあるので、ぜひチェックして参考にしてみてくださいね。基本的には花木でも草花でも大きく植え方が違うことはないので安心してください。

 

配置したい場所を決めて穴を掘る

出典:sc-engei.co.jp

自分の中でレイアウトが決まったら、さっそく配置したい場所に穴を掘りましょう。花壇の寄植えの奥側から手前に向かってスコップで土を掘っていくのがポイントです。

穴の深さは約一般的なポットの高さ15㎝ほどを意識してください。

 

ポットから花をとる

出典:sc-engei.co.jp

植えたい場所に穴を掘ったら、ポットから花を取り出します。人差し指と中指の間で植物の茎を挟み込むような感じで、スポッと抜いてみてください。

ここでワンポイントアドバイス!そのまま植えるのではなく、ポットから取り出したら逆さにして根の状態を確認してください。もし根がぐちゃぐちゃに張り巡らされていたら、根の下部分を手でいいのでちぎりましょう。

こうすることで植え付けたときに新しい根が生えやすくなります。土にも馴染みやすくなるので、根の状態の確認を忘れないようにしましょう。

 

土を戻して水やりをする

出典:sc-engei.co.jp

根の状態を確認して整えたら、土に戻してあげます。土にしっかり根付けるためにもスコップや手で苗の回りに空気が入り込まないように押し込んであげてください。最後に茎を少し引っ張って抜けないかどうかを確認しましょう。

土に戻したら花ではなく根の部分にあげるように意識して水やりをしていきます。ちなみに土質としては水はけがいいものを選ぶとすくすくと成長しやすいですよ。

 

小さい庭には寄せ植えが◎

出典:gardenstory.jp

規模が小さいお庭には寄せ植えがおすすめ!一つの器に複数の植物を植えることです。小さなお庭でも色んな種類のお花や草花などが楽しめますよ。

寄せ植えのポイントとしては主役の植物を決めること、主役と言っても自分の好きな植物で構いません。好きなお花を主役にして高さやボリュームなどを加えていきます。

小さなお庭でも華やかな花壇に仕上がるので、気分もいっそう盛り上がること間違いないです。

 

ガーデニング初心者におすすめの植物!

出典:w-style.red

続いてガーデニング初心者の方におすすめの植物をご紹介します。成功させるポイントとしては、植物選びが重要です。

初心者の方でも簡単に育てやすい植物もあるので、ガーデニングに挑戦しようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【ハーブ】収穫して料理などにも使える!

出典:belcy.jp

ハーブはガーデニング初心者の方でも育てやすいですし、なんといっても収穫したら料理やアロマなどに使用できるのがメリット!

わざわざハーブを買う必要もないですし、栽培しておけば好きな時に好きなだけ使えます。料理のアクセントにすれば一気にプロ級になりますし、使い勝手バツグンです。

また、ハーブは病害虫に強い種類が多く農薬を使用しなくていいのもポイント!料理が好きな方やアロマなどの癒やしがほしい方にぴったりですね。

 

【ラベンダー】匂いもよくて花が可愛らしい

出典:susuwatari.cocolog-nifty.com

ラベンダーは暑さに比較的に強く、大きく成長しやすいのが特徴です。いろいろな種類があり、ティーにして楽しめるものやドライフラワーにして観賞用で楽しめるものもあります。

また、匂いもいいのでお風呂に入れて入浴剤としてアロマとして楽しむのもOK!いろいろな楽しみ方ができるのもラベンダーの魅力です。自分の用途に合わせたラベンダーを選んでみてください。

 

【コニファー】爽やかなグリーンをアクセントに

出典:shuminoengei.jp

コニファーは水やりさえ意識して行えば、大きくすくすくと成長してくれます。鮮やかな緑色が目を惹きますし、家の目隠しとしても活躍してくれますよ。

コニファーやベランダやお庭にも簡単に取り入れられる緑なので、爽やかな雰囲気にしたいと考えている方にぴったりです。

 

【チューリップ】王道!色鮮やかにしたいなら

出典:tba.or.jp

色鮮やかでおしゃれな雰囲気にしたいならチューチップがおすすめです。世界中で高い人気を誇っている植物の一種でもあり、数え切れないほどの種類が誕生しています。

チューリップといえば赤や黄色などを思い浮かべる人も多いですが、白やオレンジなどの色もありますし、いろんなカラーを使って庭を鮮やかにするのもいいですね。

また、一重咲き、八重咲き、ユリ咲きなど形でも楽しめる種類もあるので選ぶのに迷ってしまいそうですね。チューリップを植える場合は日当たり水はけがよい場所を選んでください。水やりもたっぷりあげるのが成長の鍵!

 

レイアウト制作からプロの業者に任せるのも◎

出典:kenkyo.akkeshi.jp

もし自分で行うのが不安な場合は、プロの業者に任せてみるのもアリ!レイアウトからすべて携わってくれるので、自分のイメージさえ伝えれば理想通りに仕上げてくれます!

費用はかかってしまいますが、失敗なくイメージ通りに仕上げてくれるのでコスパは良いと言えるでしょう。どんなお庭にしたいかイメージを作ったら、業者さんにしっかり伝えて打ち合わせをしていきましょう!

 

花壇の植栽方法のまとめ

出典:tochinavi.net

今回の記事では花壇の植栽方法をまとめていきました。レイアウトから植栽まで手順があるので、順番に行っていきましょう。

ガーデニングは初心者の方でも始めやすい趣味の一つでもあり、家の周りにお花を植えることで一気に華やかな雰囲気になります。

もし不安になった場合はプロの業者に頼んで、最初だけ仕上げてもらうのもアリ!家の周りに植物を取り入れてぜひ素敵な空間にしてください。

関連記事Related article

ガーデニング相談所

2020.10.07

【ロックガーデンの作り方】石や植物の選び方も紹……

小さい花壇

ガーデニング相談所

2020.10.07

【花壇作りにかかる費用は?】DIYをする業者に……

ガーデニング相談所

2020.08.30

【シンボルツリーの人気おすすめ15選】大きくな……

ガーデニング相談所

2020.08.30

【支柱の種類や立て方】結び方まで徹底解説!

ガーデニング相談所

2020.08.29

【目隠しにおすすめ人気の庭木8選】日陰でも育つ……

ガーデニング相談所

2020.08.29

【駐車場の目地に砂利を敷こう!】DIYをしてお……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map