庭革命

庭革命

【植木屋の剪定料金相場】見積もりを決めるポイントも徹底解説!

剪定入門道場

2020.08.01

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

「庭を手入れいしたいけど料金がわからない」「高く請求をされたらどうしよう」あなたはこんな悩みを持っていませんか?確かに料金相場は業者によって様々です。

今回の記事では、業者がどの基準で剪定料金を決めているのか剪定以外に掛かる費用などを、徹底解説を致しますので見積もりをしてもらう際には是非参考にしてください。

植木屋の料金体系は2種類

植木屋の料金形態には「日当制」と「単価制」2つの種類があります。大きく料金が変わってくる場合があるので、まずは複数の業者に料金体制を聞いてみるのもいいですよ。

では、実際にどのような違いがあるのかそれぞれの特徴を解説していきますので理解をしてから安心して依頼をしましょう。

【日当制】庭師1人での値段

まず一つ目の料金体系は日当制です。一日当たりの作業でいくらという値段が決まっている料金体系となります。

日当制であれば、頼んでいた作業が終わった後でも残った時間でお庭の気になるところも頼めるといった利点もありますが、一日で予定していた作業が終わらなかった場合は2日目の料金も払わなければならないといったデメリットもあります。
また、庭師一人一日いくらという計算になるので人数が増えるにつれて高くなるので、作業が日数が多くなると高くなってしまうので注意が必要です。

【単価制】庭木1本・生垣の幅などで料金が変動

単価制とは、日当制とは違い、庭木の数や生垣の幅によって料金が変動する形態です。

単価制のメリットとしては、作業に取り掛かる前にやってほしい作業がいくらでできるのかがわかる点にあります
イレギュラーが起きてしまい日数が増えた場合などでも、料金が見積と大きく異なるといったことが起きにくく、難しい作業ほど高いといったわかりやすい料金形態が特徴です。

見積もりを決めるポイント!それぞれの相場は?

二つの料金体系について特徴がわかると、どのように見積もりを決めるかポイントを知りたいですよね。これも料金体系によってポイントが大きく異なるのでそれぞれの特徴をまとめました。

【日当制】都会に近づくほど高単価になる

日当制の職人一人当たりの相場は15,000円~30,000円程度が一般的な目安です。もちろん職人の腕や経験によるところも多いですが、日当制ならではの特徴があります。
それは、都会に近づくほど料金が高単価になることです。

見積もりをお願いすると庭師が時給か日当かを決めてくれることが多いですが、ほかにもやってほしい作業があるならば日当制にして色々やってもらったほうが安いですよ。

【単価制】庭木の高さや植栽の種類で費用が変わる

単価制の相場はもちろん庭木の高さや種類によって価格が変わってきます。費用の相場をまとめましたので参考にしてください。

  • 低木(3m未満) 3,000円~4,000円程度
  • 中木(3m〜5m) 5,000円~7,000円程度
  • 高木(5m以上) 15,000円〜

また、植栽の種類でも剪定料金が変わってきます。代表的なのが「松」です。手入れのなかでも難易度が高いので料金が高くなります。

剪定料金以外に掛かる3つの費用は?

剪定料金以外にも掛かってくる費用があります。見積もりにはこれらの料金が含まれていないことが多く、きちんと確認しないと終わった後にトラブルになったりする場合があります。

では、実際にどのような費用が掛かるのか解説致しますので見積もりの際に参考にしてください。

1.ゴミの処分費用がかかる

一つ目はごみの処分費用です。剪定をする際に葉っぱや枝などのごみが発生した場合、業者が処分してくれることになります。ごみ袋一つにつき500円程度かかり、高いと10,000円近くなることもあります

業者によって見積もりの中に、ごみの処分費用が含まれている場合とない場合がりますので注意しましょう。また、依頼者側でごみを処分すると安くすむ場合もあります。

2.駐車場料金がかかる植木屋さんもある

次にかかる費用として、駐車料金がかかる場合があります。特に自宅に軽トラックを置くスペースがない、近所の路上駐車が厳しく取り締まられる場合はどうしてもかかってしまう費用です。

都会になると駐車料金が高額となり、数千円に上ってしまうケースもありますので、事前に駐車場所を決めておくなどして予定外の出費にならないように注意しましょう

3.出張費用がかかる場合もある

最近ではインターネットの普及によって、気に入った植木屋さんを選ぶことができるようになりましたが、営業地域外への主張となると出張費用がかかる場合があります

特に高速道路を利用する場合や、数日かかる作業の場合には日数分の出張費用がかさむので営業エリア内の剪定業者に頼むか、事前に出張費用について聞いておくことが大切です。

失敗しない植木屋さんを選ぶ3つのポイント

植木屋さんを選ぶのには3つのポイントがあります。このポイントを3つすべて確認しておけば、初めて頼む植木屋さんでも失敗することが少なるなるので確認しておきましょう。

安くても腕が悪かったり、腕のある植木屋さんでも料金体系がよくわからなかったりする場合があります。そんな時はこの3つのポイントを注意深く見てみましょう

1.直接足を運んでくれるか

まず初めに選ぶポイントは、直接足を運んでくれるかです。見積もりや相談をお願いした際に、実際に見て料金や剪定の方法を選んでくれる業者を選びましょう

植木屋さんは足を運ぶと手間がかかるので嫌がる場合もありますが、丁寧な剪定をしようと考えている業者は、仕事をきちんとこなすためにその場でやり方を決めるのではなく一度植木を見てお客さんの顔を見て作業内容を決めるのです。

2.まずは相場をあらかじめ確認する

剪定をお願いする際は相場をあらかじめイメージしておきましょう。作業をしてもらうのに大体いくらくらいとイメージをしておくと見積もりをしてもらった際に高いか安いかの判断をしやすいです。

把握しておくことによって植木屋さんとの会話の中で、植木の相場を知っている人という風に見られ、適正な相場を提示してもらえるというメリットもあります

3.技量があって仕事が丁寧で早いか

最後のポイントは技量があって仕事が丁寧で早いかです。技量があっても作業が適当で遅いと作業時間が長くなり相場より高くなってしまいます。逆に早くても適当な剪定で終わらせてしまう業者もいます。

ホームページや話した感じ、インターネットでの口コミを参考にして「技量」「丁寧」「早い」の三点を兼ねそろえた植木屋さんに仕事をお願いするようにしましょう

相場がわかったらまずは見積もりを!

実際に見積もりを出すことによって業者の雰囲気や接客態度も知ることができます。

見積もりをお願いしないで現場に来てもらうことはあまりおすすめしません。当日の作業となるとお金の話があいまいになりがちです。
植木屋さんも事前に見ることによって作業の流れを汲んで重機を使うか使わないか、従業員の人数は何人かなどを決めることができます

植木屋の剪定料金相場のまとめ

植木屋の剪定料金のことがこの記事を読んでわかりましたね。様々なポイントを忘れないようにすれば、見積もりを出したときの不安もなくなるでしょう
納得のいく剪定料金でお庭を素敵にしてくださいね。

関連記事Related article

金柑の実

剪定入門道場

2020.10.30

【金柑(キンカン)の剪定方法】収穫時期や剪定を……

ゆずの木

剪定入門道場

2020.10.29

【ゆず(柚子)の木の剪定】上手に育てて実をつけ……

剪定入門道場

2020.10.29

【シャクナゲの剪定】豪華な花を咲かせよう!シャ……

さくらんぼ

剪定入門道場

2020.10.29

【さくらんぼの木の剪定方法】剪定時期や剪定を依……

サツキ

剪定入門道場

2020.10.29

【サツキ(皐月)の剪定方法】適切な時期や依頼し……

ハイビスカス

剪定入門道場

2020.10.28

【ハイビスカスの剪定方法】南国の花ハイビスカス……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map