【植木屋・庭師・造園のチラシ集客】配布・作り方のポイントや無料テンプレートも紹介

植木屋・造園業で一念発起して夢の独立!でも、その後の営業はどうしたらいいのか不安を感じませんか?

チラシやタウンページ頼りではお客さんはやってきません。植木屋としての本来の業務に集中するためには、効率的な営業をする必要があります。

営業面でどうしたらいいかわからない方にむけて、この記事では植木屋・造園業で独立後の集客方法について解説します。


この記事を読んで、「チラシ集客」に悩まれた方は、庭革命に依頼してみてはいかがでしょうか?
庭革命なら、web上からカンタンに無料相談をすることができます。
しつこい営業もないため、お客様からは、簡単なお悩みでも気兼ねなく利用して頂いております。この機会に是非一度相談してみてください。

庭革命に問い合わせをする

目次

植木屋・造園・庭師の営業方法・集客方法

植木屋さんたちの営業方法はどんなものがあるのでしようか。植木屋・造園は業界的にはまだまだアナログ。

しかし、お得意様を抱える老舗を除き、独立開業した若手植木屋たちは、一歩先を行くため、アナログ営業だけでなく、デジタル面でも集客をしています。

①チラシのポスティング

自分の営業エリアを回れば、お庭・庭木がある家は一目瞭然。新興住宅街や庭木の多い地域を狙ってポスティングしましょう

実は植木屋のチラシの反応率は、他の業種に比べるとかなり良いのも特徴。反応がない地域は以降は諦め、反応が良かった地域に絞ってポスティングしていくのが良さそうです。

ホームページを持っている場合は、チラシにホームページのURLやQRコードを掲載しておくとなお効果的。「実際の施工例はホームページでたくさんご覧いただけます」とホームページに誘導できれば、問い合わせの確率もぐっと高まります。

②ホームページ・SNS

 

ホームページは、製作費やサーバー代など、初期投資も必要ですが、公開しているだけで集客ができる集客ツール

ホームページはただあればいいというわけではありません。見る人に伝わるように、掲載する情報を厳選することで集客力が高まります。

また、近年はSNSで情報発信する業者も増えてきました。その日の施工写真をビフォーアフターで掲載してあると、技術力のアピールにもなり、定期的に仕事が入っていることから「顧客からも需要のある植木屋さんなんだな」と、信頼度が増します。

③飛び込み営業・チラシの手渡し

独立開業した植木屋がやるべきなのが、地域の人への挨拶を兼ねた飛び込み営業です。

ホームページやポスティングされたチラシを見るより、実際に会って「の人ならお願いしてもいいかも」と思ってもらえればOKです。

独立するほどの経験があれば、剪定が必要そうなお庭はわかるはず。地域を回って、「剪定や消毒でお困りごとはないですか?」と、チラシと合わせて営業してみましょう。

植木屋・造園・庭師のチラシ成約率は高い

植木・庭がある限り、植木屋の需要が無くなることはありません。そして、植木屋のチラシは意外にも成約率がかなり高く、地域によっては100件ポスティングして受注1件という成果も出ています

ポスティングする地域を調査し、その地域の庭木に合わせたチラシを作成することが成功のポイントです。

植木屋・造園の企業・独立準備にチラシは必須

植木屋のホームページも増え、営業もデジタル化が進んでいますが、チラシのようなアナログ広告は決して馬鹿にできません

お庭がある古い家に住んでいる人は高齢者が多く、インターネットに馴染みのない人が圧倒的です。「詳しくはwebでって言われても、よくわからない」という人もいるため、チラシや誰かの紹介というアナログ広告も必要なのです。

高齢者にもわかりやすく、彼らのお庭の悩みに寄り添える、そんなチラシで顧客のニーズに応えましょう

植木屋・造園・庭師のチラシ制作の方法

チラシを全く作ったことがない人にとっては、「チラシってどうやって作ったらいいの?」「広告会社に頼んだらものすごく高くない?」なりますよね。

ここからは、実際の植木屋・造園・庭師のチラシ制作の方法をご紹介いたします。

①業者に依頼する

デザインを一から業者に依頼すると、時間もお金も高くなります。

また、依頼したデザイン会社が植木屋の仕事に詳しくない場合、見栄えは綺麗でも訴求性の低いチラシが出来上がってしまうリスクも…もし植木屋の横のつながりがあるなら、植木屋チラシの経験を持つ業者を紹介してもらいましょう

しかし、これから独立する人・独立したばかりの人にとっては、営業はスタートダッシュ。チラシはできるだけ速く、安く作りたいですよね。

自分でパソコンで広告を作るのもおすすめです。データを印刷屋に持ち込めば、かなり安い金額で印刷してくれます。チラシの自作については次の項目で解説します。

②植木屋・造園専用のチラシテンプレートで自作

 

 

出典:ppon.askul.co.jp

近年は、インターネットでチラシのテンプレートも多く、パワーポイントやワードなど、無料で使えるテンプレートも配信されています

配布する数量が限定されているなら、自宅やコンビニのプリンターでも十分作れますね。

パワーポイントのテンプレートの配信サイト「パワポン」では、なんと植木屋さんでつかえるチラシの無料デザインテンプレートもあり。電話番号や住所・連絡先を入れ替えるだけで簡単に完成します

植木屋・造園・庭師のチラシに入れたい情報ポイント

植木屋・造園のチラシは、顧客が知りたい情報がわかりやすければ十分。洗練されたデザインでなくても十分にチラシとしての効果はあります。ここからは、実際にチラシに入れたい必須情報を解説していきましょう。

①ターゲットを絞り、適切なタイミングを狙う

例えば、真冬に草刈りのチラシを撒いても意味がありません。剪定・除草が必要な時期を狙った方が効果的ですよね

チラシは、その時期に適したサービスに限定したものをポスティングするのも戦略のうちです

樹木の種類によっても消毒が必要な時期があります。家の外側から見て、「この庭木がある家なら」と厳選し、チラシを持って営業に行くのも良さそうです。

②剪定・消毒・雑草除去等、サービスを限定したチラシに

チラシにはついいろいろと、剪定・伐採・除草・消毒・外構もできますよ~と、自分の作業できるサービスを盛り込みたくなるもの。

チラシに掲載するサービスを、思い切って1つに限定するのも戦略としてアリです顧客としても、「あれこれ売り込まれたらどうしよう」という不安もなくなります。

チラシにあまりにもたくさんサービスが書いてあると、見るのが面倒になってしまうのも実際。顧客の記憶に残りやすいほど、成約率もあがります。

③代表者・植木職人の写真や実績で人柄をアピール

できればチラシに入れたいのが、実際に作業に行く人・代表者の顔写真・メッセージなどの人柄が伝わるもの。独立した植木屋の場合、ほとんどが代表=作業に伺う職人ですね。

植木職人=頑固な職人というイメージもまだまだ根深いです。「この人が来てくれるなら悪くない」と思わせるコメントや笑顔の写真があると、印象もアップします。

④植木屋屋号・会社所在地・対応エリア

何のサービスをしているかわからない横文字の屋号(店の名前)だと、怪しいイメージを持たれてしまうことも。屋号(店の名前)をれから決める場合は、「植木屋」の業者だと伝わりやすい屋号がおすすめです

また、フリーランスの場合、電話番号だけ掲載して住所の記載がないという人もいます。所在地を見て、「近いから依頼しようかな」と選ぶ人もいるので、所在地はあったほうがいいです。

また、少し離れていても、「今契約している植木屋が気に入らないから変えたい。対応エリアならここに依頼してみようかな」と依頼する人もいます。

⑤期間限定の割引サービスやチケット

期間限定のお得感は大切。割引サービスの期間が書いてあったり、チラシの端にでも割引クーポン・チラシがついていると、取っておきたくなるものです。

そのシーズンに合わせてのサービスもおすすめです。期間中、剪定を依頼してくれたら消毒をサービス」など、付加価値があると、選ばれやすくなります

⑥ホームページやLINEのQRコードがあれば効果的

 

チラシに掲載できる情報には限りがあります。

今は何でもスマホで検索する時代。ホームページのURLやQRコードを掲載しておくと、ちょっと興味を持った人を、チラシからホームページに誘導することも可能です。

ホームページを持っていない場合は、SNSやLINEのQRコードがあると、電話より気軽に問い合わせをしてもらいやすい仕組みを作ることができます。

【PR】庭革命が植木屋・造園業特化のホームページを制作!

 

植木屋さんに依頼したい顧客が、どんな情報を求めているか。通常のホームページ制作会社は把握していません。

庭革命は、植木屋さんに依頼したい顧客の「ニーズに合ったホームページ」を知り尽くしており、そのノウハウを持っています。

顧客の心を惹きつけるために「このフレーズがあったほうがいい」とか、安さを追求する変なお客さんをふるい分けるために、金額の記載の仕方など、植木屋・造園業に特化しているからこそのノウハウがあるのです。

ホームページ制作の初期費用が他社より安く、トラブルサポートもあり

他社で100万を超えるホームページ制作も、庭革命であれば初期費用は30万円〜60万と半分以下になることも!

通常の制作会社では納品後の更新作業等・アフターフォローはありません。

しかし、庭革命の場合は、納品後もしっかりとしたサポートをお約束しています。もしもの時のバックアップ体制もできているので、安心してお任せください!

植木屋・造園・庭師のチラシのデザイン

チラシを初めて作る人には、デザインもどんなものがいいかイメージしにくいことでしょう。植木屋のチラシは、顧客の必要なサービスにわかりやすくマッチングさせるのが重要。

凝ったオシャレなデザインを目指すよりも、わかりやすいものになるよう、ポイントをおさえていきましょう。

植木屋・剪定のチラシとわかる色・デザインで

色・デザインは、植木屋のチラシと一目でわかる定番路線で十分です。自分のテーマカラーだったり、単に好きな色を使うのでは、顧客に伝わりません。

植木・庭のイメージであるグリーンや、樹木の写真を使いましょう。

チラシの形状は折りチラシ(巻三つ折)がおすすめ

B5~A4の1枚もののチラシよりは、三つ折りにできる折りチラシがおすすめ。パンフレットのように見えると、とっておきたくなることもあります。

意外に勘違いが多いのが、紙質。上質な紙にこだわって印刷しても、捨てられる時は捨てられるので注意しましょう。

効果が出ないチラシは何度巻いても同じ

チラシをポスティングした後、期間を置いて同じチラシを同じ地域にもう1回撒こうとしていませんか?

必要な時期を狙ってチラシをポスティングし、反応が悪かった場合は、チラシの内容が悪いか、その地域にニーズがないなどの何かの理由があります。

効果が出ないチラシは何度巻いても同じ。中身を見直すか、ターゲットを変えましょう。

まとめ

植木屋・造園業界はまだまだアナログで、チラシからの成約率も他の業界より高い傾向にあります。地域をマーケティングし、飛び込み営業でチラシを渡すのもかなり効果的。

あれもこれも欲張って情報を盛り込みすぎず、顧客のニーズに沿うわかりやすいチラシを用意しましょう。


この記事を読んで、「チラシ集客」に悩まれた方は、庭革命に依頼してみてはいかがでしょうか?
庭革命なら、web上からカンタンに無料相談をすることができます。
しつこい営業もないため、お客様からは、簡単なお悩みでも気兼ねなく利用して頂いております。この機会に是非一度相談してみてください。

庭革命に問い合わせをする

目次
閉じる