庭革命

電話予約

お問合せ

コラム

【植木屋・造園の一人親方とは?】独立後のメリット・デメリットや社員との違い、労災・仕事内容・年収について解説

全国の植木屋辞典

2021.10.14

剪定作業

一人親方とは、個人事業主・自営業者として働く職人のこと。

植木屋・造園業で独立後、多くの植木職人が「一人親方」の道を選びます。

この記事では、独立を考えている人に向けて、独立後の一人親方としての働き方や年収、一人親方のメリット・デメリットを解説します。

植木屋・造園業の職人の働き方

植木屋・造園業では、様々な働き方があります。

造園会社の従業員の他、短期のアルバイト、老後にシルバー人材センターで草刈り・剪定に限定して働く人もいます。

植木屋・造園会社の社員・職人として働く

刈り込み中のハサミ

造園会社は小さな植木屋から、古くから続く老舗、大企業まで、規模はさまざまです。

建設業も行っているような造園会社であれば、ホテルやリゾート地のランドスケープような大きな仕事に関わることもできます

老舗の植木屋であれば、古くから取引のある大庭園や、神社の御神木、他の植木屋・造園業では関わることのない寺社仏閣の庭園管理などに携われる機会もあります

植木屋・造園で独立開業する

起業

独立開業は、一人で個人事業主・フリーランスとして開業する職人もいれば、会社を立ち上げる人もいます

信頼できる同僚や先輩職人と、数人で会社を立ち上げれば、事務や植木屋業務も分担できます。

独立開業の際に、クレーンや造園技能士・造園施工管理技士などの資格を持っておくと、仕事の幅も広がり、営業も有利です。

植木屋・造園の一人親方とは?

植木屋の看板と植木

一人親方は、独立後にフリーランスとして一人で働くスタイルのこと

自分の技術を磨きながら、庭という成功の手ごたえを感じることができる仕事です。気になる一人親方の実際について、紹介いたします。

植木屋・造園の独立後、一人親方の年収は?

一万円札

植木屋業界は全体的に年収は通常の会社員よりも低めですが、一人親方なってからは腕次第。顧客は個人のお庭がメインとなります。600~700万が平均年収です。

造園業は職人の実力の差が出やすい職業なので、技術を磨いて、個人庭園客や提携先に信頼されることも大切。やり方次第でさらに年収を増やすこともできます

植木屋・造園の一人親方のメリット

会社に所属する安定よりも、敢えて独立を選ぶ理由。植木屋・造園の一人親方のメリットとは何でしょうか?

営業・集客次第で収入倍増⁉一人親方で年収1000万の成功例もあり

札束

独立後の一人親方の年収は、腕はもちろん、営業・集客力にかかっています

チラシ・飛び込み営業の他、ホームページやSNSを使ったネット集客にも力を入れましょう。通常の営業ではカバーできない、新規客を獲得するチャンスです。

電話帳でなくスマホで植木屋検索をする人も増えており、ホームページを比較して決める顧客もいます

定年がなく長く収入を得ることができる

植木屋・造園の一人親方は、定年がありません。つまり、体力が続く限り、腕一本で働くことができるのです

通常の会社員であれば、60代で定年し、少ない年金頼りの生活になる人もいます。しかし、60代、70代で現役の植木職人はたくさんいます。

健康と体力の維持さえ出来ていれば、何歳でも自分の腕で収入を得続けることが可能。いつまでも仕事を生き甲斐に働くことができるのは魅力的です

自分のペースで働ける

青空に親指を立てた手

自分で仕事を選び、自分のペースで働けるのは自営業=一人親方の強みです

苦手な同僚もいないので、ストレスをためることもありません。自然を相手に朗らかな気持ちで働けます。

植木屋・造園の一人親方のデメリット

メリットがあればデメリットもあり。植木屋・造園の一人親方は、自由度が高い反面、一人で働くからこその不安もあります。

造園業の一人親方は労災面で不安がある

伸びた枝を切る高所作業は、危険もつきもの。脚立が倒れて落ちた、高圧配電線に触れて感電したなどの労災事故も起こっています。

また、一人での作業だからこそ、熱中症や事故が起こった際に発見が遅れてしまうというリスクも。

天候によって仕事・収入が不安定になる

植木屋の仕事は、外での作業が基本。大雨や台風の時は、作業ができません。梅雨時期・台風・雪のシーズンは、仕事ができない日が続き、収入に直結するリスクもあります

また、雨の中の作業は職人がやる気でも、お客さんが嫌がる可能性もあるので注意しましょう。

事務作業やスケジュール管理が大変

事務作業のファイル

独立後、負担となるのが事務作業です。雇われていた頃は、会社がやってくれていた請求書や経理の事務作業も、全て自分でこなさなければなりません

事務作業になれていない人は、思った以上に時間を取られてしまいます。また、見積もりも自分で行かなくてはならず、出張見積もりは無料がセオリー。効率良く回らないと、本来の仕事の時間がなくなってしまいます

植木屋・造園の一人親方の働き方パターン

前述のデメリットを読んで、「独立にはハードルが高すぎる」と及び腰になっている人へ。

独立後の一人親方は、全員が孤独な働き方をしているわけではありません。いくつかある一人親方の働き方を、紹介いたします。

ホームページや飛び込み営業で個人で集客・営業

営業の看板

一番よくあるパターンが、自分で営業をする働き方。頑張り次第で収入は伸びていきます

お庭のある家を探して営業をかけたり、チラシを撒いたりというアナログ営業の他、ホームページやSNSを使ったデジタル面での集客もおすすめです。

植木屋業界はチラシの成約率がかなり高い業界。お客さんの目に止まるうよチラシの内容を厳選したり、飛び込み営業で直接チラシを渡すなどの工夫で、問い合わせも多くなります。

造園専門のビジネスパートナーとして一人親方を募集

自分で経理や事務、営業は難しいという人には、植木屋・造園業のフランチャイズがおすすめです。

造園専門のビジネスパートナーとして契約すれば、面倒な営業・事務作業は本部がサポートしてくれます

植木屋としての仕事に集中できるので、最初から全部自分でこなすのは不安が大きい人は、フランチャイズからスタートしても良さそうです

植木屋のフリーランスとして業務委託

個人のお庭ではなく、法人オフィスの庭園・維持管理のような大きな仕事がしたいという人もいることでしょう。

建築会社の下請け、法人から直接請負という形で仕事を得ることもできます

個人宅より大きな仕事の分、フリーランスが請け負うためには、経験と実績が大切です

【PR】庭革命が植木屋・造園業特化のホームページを制作!

自分でホームページを作ってもいいけれど、ある程度のクオリティを求めるなら制作会社に依頼したいもの。

ただ、ホームページ制作会社に依頼すると、納品後のアフターフォローはありません。凝ったホームページほど、住所などのテキスト修正や写真を差し替えたいなど、自分で更新するのが難しくなります。

しかし!庭革命のホームページサービスは植木屋さんに特化したものなので、痒い所に手が届きます。

植木屋・造園業に精通しており広告効果が強い

笑顔の作業員

植木屋さんに依頼したい顧客が、どんな情報を求めているか。通常のホームページ制作会社は把握していません。

庭革命は、植木屋さんに依頼したい顧客の「ニーズに合ったホームページ」を知り尽くしており、そのノウハウを持っています。

顧客の心を惹きつけるために「このフレーズがあったほうがいい」とか、安さを追求する変なお客さんをふるい分けるために、金額の記載の仕方など、植木屋・造園業に特化しているからこそのノウハウがあるのです

ホームページ制作の初期費用が他社より安い

計算機を持つ手

他社で100万を超えるホームページ制作も、庭革命であれば初期費用は30万円〜60万と半分以下になることも

通常の制作会社では納品後の更新作業等・アフターフォローはありません。

しかし、庭革命の場合は、納品後もしっかりとしたサポートをお約束しています

ホームページ初心者も安心!トラブルサポートも完備

カップを脇に置いてパソコン作業をする様子

長く運営していると、ホームページに情報を追加したい、問い合わせが増えてきたのでここを少しだけ変えたいという希望も出てきます。

また、情報更新の際にトラブルが発生し、パニックになってしまうこともあるかもしれません。

庭革命はサポート体制も完備。もしもの時のバックアップ体制もできているので、安心してお任せください!

植木屋・造園業で一人親方に有利な資格

スキルアップ

資格があれば、その分仕事の幅を増やすことができます。

小型移動式クレーン、パワーショベル、高所作業車、玉掛などの資格があれば、大きな庭園の仕事も請け負うことができます

また、1000万円以上の工事費が発生する造園の仕事の場合、造園施工管理技士の資格が必須です。一人親方として年収を上げたいなら、この資格はぜひ取っておきたいですね。

造園技能士の国家資格は、ホームページやチラシに記載しておくと、信用度が上がります。

植木屋・造園業の一人親方労災保険で安心

安全面に気を使いながらの作業はもちろんですが、一人親方向けの労災保険もあります

最短当日で労災保険番号が発効されるところもあれば、現場作業の多い1ヶ月だけ加入という利用の仕方もあり。必要な期間だけ加入できるので、資金面も助かりますね。

植木屋の1人親方についてのまとめ

独立後の一人親方は、リスクもあるものの、努力次第で収入や仕事の幅も大きく、確かなやりがいを感じることができる道です。

自分の力で、年をとっても長く働ける点も魅力。50代で脱サラし、植木屋の一人親方になる人も多くいます。

独立後、全てを自分でこなすのは負担が大きすぎるという人は、フランチャイズからスタートするのもおすすめです。

関連記事

記事一覧を見る

コンクリート張りの駐車場

全国の植木屋辞典

2021.10.15

【造園・外構会社のホームページ制作】押さえておきたいポイント…

全国の植木屋辞典

2021.10.15

【植木屋・造園業の飛び込み営業は効果的?】飛び込み営業成功の…

全国の植木屋辞典

2021.10.15

造園・植木屋に特化したホームページ制作とは?集客力アップのコ…

剪定作業

全国の植木屋辞典

2021.10.14

【植木屋・造園の一人親方とは?】独立後のメリット・デメリット…

全国の植木屋辞典

2021.10.14

【植木屋・庭師・造園のチラシ集客】配布・作り方のポイントや無…

羽村駅東口

全国の植木屋辞典

2021.08.25

東京都 羽村市のおすすめの植木屋7選|お庭の手入れでお悩みの…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP