庭革命

庭革命

植木屋・造園業を独立開業したい!メリット・デメリットと独立を失敗しないためのポイントとは?

全国の植木屋辞典

2021.01.31

庭師

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

作業着を着て華麗に庭木を整える職人の姿は、かっこよくて憧れますよね。ある程度仕事をこなせるようになったら、独立開業したいという夢を持つこともあるでしょう

しかし、「失敗したらどうしよう?」「独立して食べていけるのだろうか?」と不安もありますよね。

この記事では、植木屋・造園業として独立開業するメリット・デメリットをご紹介します。また、失敗しないためのポイントについても触れます。

植木屋・植木職人とは?

剪定

植木屋・造園業は、どんな仕事をするのか知っていますか?簡単に言うと、「庭を作る仕事」です。お客様の要望に合わせて、庭に石や池・芝や植木などを配置していきます。

日本庭園を想像してもらえれば、分かりやすいのではないでしょうか。大きなお屋敷の庭園をつくるだけではなく、一般家庭の樹木の手入れをするのも仕事です。

とてもクリエイティブな仕事ですが、自分の好きなように庭をつくるのではありません。お客様の理想を叶えるのが、植木職人の仕事です。

植木屋・造園業として独立するメリット

独立開業して、失敗するのでは?という不安は誰しもが抱くものです。そこで、まず初めに夢のある話し・メリットからご紹介します。

独立開業するメリットは、
・年収が増える可能性がある
・スケジュールを自分で決められストレスが減る
・定年がなく好きなだけ働ける

以上3点です。

植木職人の仕事が好きで、どんどん働いていきたい!という方には嬉しいメリットですね。それでは、それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

年収が増える可能性がある

植木屋 独立

植木職人の仕事は、キツイわりに給料が低いと感じている人が多いです。しかし、独立すれば年収が上がる可能性があります。

独立開業すると一人で仕事をこなすこともあり、支払われた料金を従業員と分けるということがなくなるからです。

その分、細かい事務作業なども自分でやらなければなりませんが、とても夢のある話ですよね。

スケジュールを自分で決められストレスが減る

植木屋 独立

独立開業すると、自分のペースで仕事ができるようになります。たくさん稼ぎたい!という方は多くの仕事を請け負い忙しくなりますが、それも自分のペースですよね。

反対に、生活していけるだけでいいと考える方は、たくさん仕事を受けないという選択もありでしょう。

会社員だと、どうしても自由に働くことができません。色々と我慢をすることもあるでしょう。

その点、独立開業すればマイペースに仕事ができ、ストレスが減ります

定年がなく好きなだけ働ける

剪定

植木職人の仕事が好きな方は、定年後も働きたいなと思いませんか?会社員だと定年がありますが、独立開業すれば好きなだけ働くことができます

病気も怪我もせず、身体が元気な限り続けられるのは嬉しいですよね。

植木職人は若いときは「本当に大丈夫なの?」と不安に思われますが、年齢を重ねるにつれ熟練の職人だと認められるようになります。

年を取るほど、やりやすくなる仕事なのです。

植木屋・造園業として独立するデメリット

独立開業は、よいことばかりではありません。自分一人で仕事をするわけですから、すべての責任を負わなければなりません

植木屋・造園業として独立するデメリットは、
・天候により仕事が左右される
・事務作業も一人でこなさなければならない
・常に危険と隣り合わせ

以上3点です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

天候により仕事が左右される

植木屋 独立

屋外での作業は、どうしても天候に左右されてしまいます。小雨程度ならよいのですが、大雨や雪・台風など悪天候が続く時期もありますよね。

天候が悪く作業が滞ってしまうと、売り上げにも影響されてしまいます。スケジュールも狂ってしまうため、プライベートの予定が立てづらいというデメリットがあります。

天候に大きく左右される職種であり、月収も不安定です。

事務作業も一人でこなさなければならない

植木屋 独立

独立開業すると、すべて一人でこなさなければなりません。スタッフを雇うという方法もありますが、独立したばかりなら現実的ではありませんね。

会社員のときはほかのスタッフが行っていた細かい雑用や見積もりの計算も、自分で行うことになります。

最近では、無料見積もりが一般的になっています。無料の見積もりばかり取って仕事が取れないということもあり得、思うように稼げないということもあるでしょう。

常に危険と隣り合わせ

刈り込み

植木職人の仕事は、小さな樹木の剪定だけではありません。脚立に乗って背の高い木の剪定も行いますし、機械を使って刈り込みをするなど常に危険と隣り合わせです。

会社員であれば休めば代わりのスタッフがいますが、独立するとそうはいきません。病気やケガをしても簡単には休めませんし、休んだだけ収入が減ってしまいます

植木屋・造園業の独立を失敗する原因

独立開業するときは、失敗するなんて考えないだろうと思います。しかし、現実にはなかなか上手くいかず植木屋・造園業をたたんでしまった職人さんも多くいます

失敗する原因は人それぞれですが、主な原因を挙げました。それでは、さっそく見ていきましょう。

横のつながりがなく仕事がない

植木屋 独立

独立開業したら、いきなり仕事が入ってくるわけではありません。自分で営業をする必要があります。

しかし、営業してもすぐに生活できるだけの仕事があるとは限りませんよね。

横のつながりがなく独立開業してしまうと、まったく仕事がなく収入もゼロという恐ろしい現実が待っています。

大切な庭の木の世話をまったく知らない人に任せたくないですからね。

知識・技術不足でお客様に満足してもらえない

植木屋 独立

植木職人になるには、何年間か植木屋でスタッフとして働き経験を積むのが一般的です。

しかし、それ以外にも通信教育や講習会を受けて職人を名乗ることも、不可能ではありません。

植木職人や庭師は資格が必ず必要というわけではなく、極端な例ですが「今日から植木職人です!」と名乗れば植木職人なんです。

しかし、それでは仕事も取れないし、取れたとしても知識・技術不足で満足してもらえませんよね。満足してもらえなければ、次の仕事にもつながりません。

営業力がなく暇を持て余す

植木屋 独立

植木職人には、知識や技術が非常に大切です。知識や技術がなければお客様のニーズに応えることができず、満足してもらえないからです。

しかし、その前に仕事を受けないと知識も技術も披露することができませよね。

それには、営業力が必要になってきます。自分から積極的に営業をかける姿勢がないと、待っていてもお客様は来てくれません

植木屋・造園業として独立開業を失敗しないために

独立開業するときは、失敗するとは思いませんよね。絶対にうまくいくはず!と思って独立するのだろうと思います。

必ず成功する方法なんて、無いに等しいです。しかし、失敗をしないように努力をすることは誰でもできることです。

ここでは、植木屋・造園業として独立開業を失敗しないためのポイントをご紹介します。

親方のもとで修業を積む

剪定

前項目でも解説しましたが、植木職人・庭師になるのに資格はいりません。通信講座で、植木屋について学ぶことはできます。

しかしそれは座学であって、知識は得ても技術を得ることにはなりませんよね。植木職人として独立開業したければ、まずは何年間か親方のもとで修業を積みましょう

遠回りに思えるかもしれませんが、長い目で見て成功するための近道になります。実績を積めばセンスも磨かれますし、横のつながりもできます

また、営業方法や人とのかかわり方など礼儀についても学ぶことができますよ。これは、通信講座などでは得られない大きな財産です。

資格を取るなど勉強してできることを増やしていく

植木屋 独立

どんな仕事にも通じますが、常に勉強し続けることが大切です。庭を作ってほしいというお客様のなかには、昔ながらの伝統的なデザインを好まれる方もいるでしょう。

反対に、今風の新しいデザインの庭を好む方もいます。新しいデザインや新しい技術は、自分から求めなければ学ぶことはできません

植木職人はその道のプロですから、お客様よりも知識・経験がなくては仕事になりませんよね。

独立開業した後も、時代のニーズに応えるために資格を増やしたり情報を求めたりして、向上心を持ち続けましょう

丁寧に仕事をし営業も欠かさない

植木屋 独立

ひとつ仕事を終えたら、そこで終わりではありません。植木の手入れは何年にもわたって管理することも多く、同じ職人に世話をしてもらいたいとお客様は考えます

そんなとき、横柄な態度をとられたり仕事ぶりが雑だったりすると、どう感じるでしょうか?もう二度と、庭を任せたいとは思いませんよね。

職人も人間ですから、その日の体調や気分によってコンディションが変わることもあるでしょう。しかし、その場しのぎの仕事をするのではなく、丁寧な仕事を心がけましょう

また、メールや電話などで様子を伺ったりチラシを配るなど、営業も欠かせない仕事です。

植木屋・造園業の独立を失敗しない方法まとめ

植木屋 独立

植木屋・造園業として独立開業するメリット・デメリットを解説しました。また、失敗しないためのポイントについてもご紹介しました。

ある程度の経験を積んだら、自分一人でやってみたい・独立したいと思い始めますよね。何も計画せずに独立をしてしまうと、失敗してしまう可能性が高くなります

植木職人という好きな仕事をずっと続けるためにも、この記事を参考にして挑戦してみてくださいね。

関連記事Related article

株式会社TIMBERLINE

全国の植木屋辞典

2021.03.24

三鷹市のおすすめの植木屋3選|特徴やポイントな……

Oh!庭Ya

全国の植木屋辞典

2021.03.03

oh庭yaの評判・口コミは??【実際の施工例も……

拝島大師

全国の植木屋辞典

2021.02.20

昭島市のおすすめの植木屋5選|特徴やポイントな……

東村山市・北山公園菖蒲祭り

全国の植木屋辞典

2021.02.20

東村山市のおすすめの植木屋10選|特徴やポイン……

国立市・谷保天満宮

全国の植木屋辞典

2021.02.18

国立市のおすすめの植木屋7選|特徴やポイントな……

多摩湖取水塔

全国の植木屋辞典

2021.02.18

東大和市のおすすめの植木屋10選|特徴やポイン……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map