庭革命

電話予約

お問合せ

コラム

植木屋・造園業の独立方法は??【庭師の仕事内容も紹介】

全国の植木屋辞典

2020.08.29

植木屋

当記事をご覧いただいた方は「これから植木屋として独立したい」とお考えではないでしょうか?

しかし、独立するにあたって何から始めればいいのか不安の方もいるでしょう。

ですがご安心ください。

当記事では、植木屋・造園業の独立を考える方に向けて、詳しい仕事内容や準備しておくべきことをご紹介します。

目次

植木職人・庭師の仕事内容は??

剪定

これから植木屋・庭師として開業して、一人親方として働くなら仕事内容を理解しておきましょう。

主な仕事は以下の通りです。

・庭木の剪定・手入れ
・庭木の伐採・伐根
・病害虫駆除
・移植作業(鉢、植木・庭木の植え替えなど)
・生垣調整
・草むしり
・防草シート加工

植木屋として独立した場合、仕事も自分で取ってくる必要があります。お客は個人・地方自治体・公共施設と幅広く、継続的な依頼であれば、安定した年収を確保することができますよ。

しかし、病院や学校などの公共施設で作業するなら「造園施工管理技士」という国家資格が必要となります。まずは小さなお仕事からコツコツと土台作りをしていきましょう。

植木屋・造園業・庭師で独立開業はするべき?

剪定

結論から言えば、収入を増やしたいなら独立開業はするべきです。

植木屋・造園業の年収は、植木職人として修業中~雇われている時期は、どうしても低め。

独立すれば収入も増え、自分のペースで自分の責任で働くことができます。営業力と自分の腕次第で、年収を増やすことができるため、「一度きりの人生だから自分の力を試したい」という人にぴったりです。

独立開業の植木屋さんになるには資格は必要?

植木屋 独立

独立開業後に営業に出たとき、チラシやホームページに資格の記載があったほうが信頼度が増すものです。

国家資格の造園施工管理技士や、1・2級造園施工管理技士は、通信講座でも勉強できます。

開業後、すぐには身にならずとも、学んだ知識が信頼や、将来の営業に役立つことは確かです。

植木屋で独立・個人事業主になった職人の収入・年収は?

一万円札

独立前の植木職人の年収は会社員に比べると低めです。

しかし、独立後は営業次第で大きく変わります。

経験を積むことで作業も速くなり、一日に複数のお客さんをこなしたり、客単価も上がります。剪定だけでなく、季節ごとの消毒や草刈り、造園の仕事を請けることができれば年収1000万も夢ではありません。

自分の仕事の幅を増やしておきましょう。

植木職人・庭師の独立に際して必要なものは??

植木屋として開業するなら、まずは作業道具を揃えましょう。仕事の種類によって必要な物は変わるため全てを揃える必要はありません。

代表的な物は以下の通りです。

【移動・伐採】
・軽トラック、クレーン車

【剪定・手入れ】
・剪定バサミ
・刈り込みバサミ
・電動バリカン
・ノコギリ
・殺虫剤、殺菌剤、除草剤
・有機肥料

【その他】
・脚立
・軍手
・ゴミ袋
・スコップ
・シャベル
・作業着

上記のなかには、高価な物もあるため資金がある程度必要です。もし友人や仕事仲間からもらえる物があるなら、素直に譲り受けることが無難ですよ。

開業届や確定申告関連の申請は忘れずに!

個人事業主として仕事するなら税務署に「開業届」を出す必要があります。開業届とは、個人事業主として働くことを証明する証のようなものです。

節税をしたい方は「青色申告承認申請書」という書類を提出する必要があるので、忘れずに一緒に渡しましょう。

廃材置き場や道具置き場(倉庫)を確保する!

廃材置き場

植木職人・庭師の仕事は、道具とゴミが多くなってしまいます。現場で刈り取った枝葉も回収するため、保管場所が必要となるのです。

基本的にはレンタル倉庫を借りることがオススメですよ。もし自宅で保管できる場所があるならそちらでも問題ありません。

ゴミは各自治体ごとに決められた廃棄方法があるので、事前にチェックしておきましょう

営業やチラシ作りもしっかり行う

営業風景

独立して待っていれば仕事がくるわけではありません。植木屋として自分のスキルをアピールするために、営業活動を行いましょう

営業方法は、チラシやホームページを作って宣伝することで集客します。チラシなら発行部数にもよりますが、1000〜20000円程度で作成することができます。

ホームページで宣伝する場合、ある程度ネットスキルが必要となるため、外注を雇って作成してもらうほうが無難ですよ。

どちらで作成しても問題ありませんが、一番大切なことは、あなたが他の業者との違いをどれだけアピールできるかという点です。

植木屋・造園業の個人開業資金は必ず用意する

資金

独立して仕事をするなら、ある程度の開業資金が必要なのです

開業してすぐに仕事があればいいですが、収入が安定するまでは資金を消費して進めていくことになります。

それでは植木屋・造園業として開業する場合、どんなところにお金がかかるのか見ていきましょう。

・生活費
・道具費用
・営業費用
・人件費
・各種保険

上記費用は、人によって変動しますが200万円程度が相場となります。開業をする前に、一度冷静になってしっかりと事業計画を行いましょう。

万が一に備えて労災保険も加入する

労働保険

個人事業主として働くなら、労災保険の加入は必須です。労災保険とは、簡単に説明すると「怪我をすれば保険金がおりる」制度。

例えば、仕事先で怪我をしてしまい数週間は仕事をできない状況になったとします。こんなときに労災保険に入っていなければ、もちろん収入はゼロになってしまいますよね。

とくに植木職人・庭師は危険を伴う仕事なので、万が一のために必ず加入しておきましょう。

植木屋の独立・開業後の仕事・収入源

剪定

独立後は、顧客が少ない時期は、以前所属していた会社から紹介してもらうこともあります。

また、独立したばかりの頃は、植木屋同士の横のつながりで、他の現場のお手伝い=「応援」に呼んでもらえることも大きいです。作業人員が足りないときに声がかかり、時間が空いていれば応援として日給制で参加できます。

駆け出し時期は大変ですが、先輩や同僚との付き合いも大切にしたいものですね。

植木屋の独立・開業後の営業・集客方法

お店と手のイメージ

植木屋業界でも、ホームページやSNSを利用し、デジタル面での集客をする人も増えてきました。植木屋を探している人が自分で検索して、ホームページから問い合わせをしてくれるようになります。

しかし、一方でアナログ営業も馬鹿にできないのもこの業界です。

というのも、顧客全員がスマホやPCを持っているわけではありません。高齢者だけが住む家もあり、彼らの間で訴求力があるのは、地道な飛び込み営業や誰かの紹介、チラシです。

植木屋・造園業は、他の業種に比べるとチラシの成約率がかなり高いと言われるのも、この理由が大きいようです。

【PR】庭革命が植木屋・造園業特化のホームページを制作!

自分でホームページを作ってもいいけれど、ある程度のクオリティを求めるなら制作会社に依頼したいもの。

ただ、ホームページ制作会社に依頼すると、納品後のアフターフォローはありません。凝ったホームページほど、住所などのテキスト修正や写真を差し替えたいなど、自分で更新するのが難しくなります。

しかし!庭革命のホームページサービスは植木屋さんに特化したものなので、痒い所に手が届きます。

1.ホームページ制作の初期費用が30万円〜60万で他社より安い!

他社で100万を超えるホームページ制作も、庭革命であれば初期費用は30万円〜60万と半分以下になることも‼

通常の制作会社では納品後の更新作業等・アフターフォローはありません。

しかし、庭革命の場合は、納品後もしっかりとしたサポートをお約束しています。

2.植木屋・造園業に特化しているので効果的なノウハウがある

業者

植木屋さんに依頼したい顧客が、どんな情報を求めているか。通常のホームページ制作会社は把握していません。

庭革命は、植木屋さんに依頼したい顧客の「ニーズに合ったホームページ」を知り尽くしており、そのノウハウを持っています

顧客の心を惹きつけるために「このフレーズがあったほうがいい」とか、安さを追求する変なお客さんをふるい分けるために、金額の記載の仕方など、植木屋・造園業に特化しているからこそのノウハウがあるのです。

3.ホームページ初心者も安心!トラブルサポートも完備

長く運営していると、ホームページに情報を追加したい、問い合わせが増えてきたのでここを少しだけ変えたいという希望も出てきます。

また、情報更新の際にトラブルが発生し、パニックになってしまうこともあるかもしれません。

庭革命はサポート体制も完備。もしもの時のバックアップ体制もできているので、安心してお任せください!

植木屋・造園業・庭師で独立するメリット

独立後は全てが自分の力次第。営業面も大変ですが、その大変さを上回るメリットがあるのも確かです。

植木屋・造園業は定年がなく生涯現役で働ける

普通の会社員は定年があり、その後は年金生活。生き甲斐を見失って、失速していく人も少なくありません。

しかし、植木屋・造園業は技術職。体力の続く限り、自分の腕一本で働き続けることができます。

収入も途絶えることがないため、健康でさえいれば、むしろ仕事を生き甲斐に余裕を持った生活を送ることも可能です。

植木屋独立後は営業方法によっては収入倍増⁉

上向きの矢印

造園業は奥深い仕事です。剪定だけでなく、庭づくり、外構など、仕事の幅を増やすと、様々なチャンスが巡ってきます。

ホームページやSNSを使えば、足を使った通常の営業とはまた違う新規開拓ができることも。

この他、不動産業者と提携しての外構工事や、集合住宅の年間管理の契約を取るなど、営業方法によって収入も倍増です。

仕事が無くなることはない

芽ぶき

植木屋の仕事が減っていると言われますが、地球に木と庭がある限り、植木屋の仕事がなくなることはありません。

マンションが増えても、庭付きのマイホームを夢見る人もいなくなりません。

その家の大切な思い出の木1本、家族の思い出が詰まった庭を通して、その家の人たちと長くお付き合いできることは、植木屋としてのやりがい・人生の喜びと言えるでしょう。

植木屋・造園業・庭師で独立失敗⁈デメリットは?

メリットがあればデメリットもあり。

独立してから「こんなつもりじゃなかったのに…」とならないように、心の準備をしておきましょう。

植木屋・造園業の仕事は自然・天候の影響を受けやすい

強い雨

そもそも植木屋の仕事は屋外作業。自然・天候の影響を受けやすいデメリットがあります。

災害発生時や天候が悪ければ、その日の仕事が中止になり、収入に直結します。

繁忙期はしっかり稼ぎ、繁忙期は別の業種の仕事をしたり、外構の仕事を請けられるようにするなどの対策をとることは可能です。

煩雑な事務作業が発生する

植木屋 独立

見習いで会社に所属していた時は、営業も請求書なども会社が行ってくれますが、独立後は全て自分でこなさなければなりません。

特に、確定申告シーズンに仕事の依頼が重なると、二重の忙しさになる人も。毎年覚悟して乗り切っていきましょう。

新規の植木屋として飛び込み営業も必要

新規開拓

営業をしたことがない人にとってはハードルの高い話ですが、植木屋の飛び込み営業は意外に効果があります。

剪定が必要な庭木を見つけたら、「お困りごとはないですか?」「1本からでも対応します」と売り込んでみましょう。

庭木のある家を探して、庭に人がいたら挨拶してチラシを渡すというやり方も、意外に成約率が高いのでぜひお試しを。

他の植木屋・造園業をしっかり知ることも大切

剪定

「早く独立して自分の力で頑張りたい」と考えている方に、一つアドバイスさせてください。たしかに独立は素晴らしい挑戦だと思います。

しかし、植木屋として十分なスキルが備わっていなければ仕事を取ることにも一苦労だと思います。最悪の場合、挫折してしまうかもしれません。

そんな事態を避けるためにも、まずはスキルを磨いて自分の足場をしっかりすることが必要です。これは、造園業に関わらず全ての職業にいえることでしょう。

あなたのペースで大丈夫なので、まずは他の植木屋・造園業で腕を磨いてみてはいかがでしょうか。

植木屋・造園業の独立のまとめ

今回は、植木屋の独立についてご紹介しました。

「植木屋って仕事ない」
「植木屋は暇」

若い人は、このような考えを持つ方が多いです。しかし、植木屋として「造園技能士」、「造園施工管理技士」などの資格を取れば安定的に仕事を取ることもできます

ほかにもチラシやホームページに力を入れて集客をしていけば必ず道は開けますよ。最初は仕事が少なくて焦る気持ちもあるでしょう。

ですが、どんな仕事であれスタートラインはみな同じです。新しい挑戦を応援していますね。

 

関連記事

記事一覧を見る

羽村駅東口

全国の植木屋辞典

2021.08.25

東京都 羽村市のおすすめの植木屋7選|お庭の手入れでお悩みの…

スカイツリー

全国の植木屋辞典

2021.08.25

東京都 墨田区のおすすめの植木屋6選|草刈りでお悩みの方必見

立川市 国営昭和記念公園 水鳥の池

全国の植木屋辞典

2021.08.11

東京都 立川市のおすすめの植木屋11選|庭木の伐採を考えてい…

青梅市御岳山ケーブルカー

全国の植木屋辞典

2021.08.11

東京都 青梅市のおすすめの植木屋11選|庭木のお手入れでお困…

荒川河川敷

全国の植木屋辞典

2021.08.10

東京都 荒川区のおすすめ植木屋6選|お庭の手入れでお悩みの方…

全国の植木屋辞典

2021.07.15

【植木屋のアルバイトはきつい?】仕事内容や給料、年収について…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP