庭革命

電話予約

お問合せ

コラム

造園業は儲かる?植木屋・造園士の独立開業の将来性や集客・年収アップの絶対条件も紹介

コラム

2021.10.15

職人の中でも、比較的独立開業しやすいのが造園業。現在会社員をしている人の中でも、「手に職をつけて働きたい」と考えている人も少なくありません。

しかし実際、植木職人って儲かるの?独立後の年収や、将来性ってどうなの?と不安もありますよね。

今回は、造園業に転職を考えている人や、将来性が気になる人に向けて、実際の働き方・年収・年収アップのための営業活動についてご紹介いたします。

植木屋・庭師・造園業って独立開業で儲かるの?

起業

植木屋・造園業の年収は、通常の会社員の年収に比べると低め。どの職人業界も、見習い期間は給料が安いのがセオリーです。

しかし、独立開業後は一発逆転もあり。体力・営業力次第で、仕事をどんどん獲得して、収入を伸ばすことができます。

剪定・消毒などのお庭の手入れ以外にも、高木剪定・伐採や外構などできることを増やし、ニーズに応えることで、収入を増やすチャンスがあります。

植木職人になるには?

松の剪定中の植木職人

シルバー人材センターも、ある意味植木業界。植木職人になるためには、いろいろなルートがあります。

植木屋・造園会社で就職する道。すでに独立開業している庭師親方の元で修行する道。全くの異業種から造園業に転職する人も多くいます。

近年は、文部科学省認定の庭師通信教育講座もあり、まずは知識を仕入れてから、実践として親方の元に弟子入りするパターンもあります。

脱サラして最短で植木屋・造園業に就職・転職する人も

造園業とは全く関係のない業種で長年働き、開業を視野に入れながら40代50代で脱サラするパターンもあります。

最短で半年~1年程度、造園業に転職して技術を覚えてから独立。それまでの営業や経理など、前職で培った経験を活かし、個人事業主として成功している人も珍しくありません。

この場合、転職先選びは厳選する必要があります。「先輩の仕事を見て覚えろ」ではなく、求人情報に独立開業応援を謡ってしっかり指導してくれる会社を探しましょう。

造園業は大卒でもなれる

剪定中

職人は、家業を継いだり、中学卒業・高校卒業から弟子入りして…というイメージがありますよね。脱サラして転職する人がいるように、植木屋・造園業は学歴は不問です。必要なのはやる気と体力。どんな学歴であっても造園業の道は開かれています。

大学で造園工学や造園科学を修め、自然な流れで庭師の道を選ぶ人もいます。

 

造園業・植木屋・庭師・植木職人の給料・年収

札束

植木屋・造園業の年収も気になるところ。造園業は儲かるのか?という問いに対して、結論から言えば、あまり儲かりません。

年収400万程度、見習い期間はさらにそれを下回ります。しかし、独立開業後は話は変わります。

独立後は、どれだけ儲かるかは自分の腕次第。外構や難しい技術に対応したり、慣れて作業スピードが上がれば、その分たくさんの仕事をこなすことができます。

造園師・庭師のバイト・仕事内容はきつい?つらい?

横たわった男性

造園業は、3K職場=きつい・汚い・危険と言う人もいます。繁忙期は夏と年末。炎天下の中の除草作業や、真冬の木枯らしの中の剪定作業は体力を削られる仕事です。

しかし、美しく仕上がった庭や、普通は入れないような寺社仏閣の御神木、社会的シンボルになるようなランドスケープに関わるチャンスもあり、やりがいも大きな仕事です。

人が生きる限り、庭は長く残ります。見習い期間は、技術を教えてもらう修業期間と割り切って、しっかりと技術を身につけましょう。

 

植木屋・庭師・造園業で独立するには?

植木屋の看板と植木

独立後、どんな仕事をしたいかで、独立への準備内容も変わります。一般邸宅のお庭の手入れ(剪定や消毒作業)を中心に活動する植木屋であれば、技術の習得もそれほど長くかかりません。

修行中から独立準備を平行して進め、必要な技術だけ学んで、早ければ半年で独立してしまう人もいます。

庭を創る庭師としての独立を考えているなら、実力ある庭師について、10年以上じっくりと技術を磨く必要があります。

造園業の自営業・社長・一人親方の年収は?

一万円札

見習い期間は少なかった造園業の平均年収も、独立後、自営業・社長・一人親方としての年収は600~700万に跳ね上がります。

全ては自分の営業次第で、顧客を多く獲得したり、外構・庭づくりなど大きな仕事を請けて年収1000万を達成する若手職人もいます。

造園は時代とともに変化しつつ、失われることはない奥深い仕事です。自分で仕事の幅を増やす努力によって、チャンスは巡ってきます。

《求人PR》庭革命の職人なら、植木屋の年収が低いとは言わせない!

庭革命スタッフ

庭革命はIT×ベンチャー植木屋。これからの新時代を担う植木職人を求人募集中です。

造園業でよくある給料の安さや、旧態依然とした年功序列の理不尽さ。これらの問題を解消した職場づくりに取り組んでいます。

 

新時代ベンチャー植木屋・造園会社である庭革命なら、以下の造園業の通過儀礼のような悩みはありません!

・意味のない年功序列で先輩から理不尽な目に合う
・小さなミスで理不尽に怒鳴られる
・休むことができない
・給与形態が割に合わない
・努力しても給料に反映されない

庭革命は、IT×植木屋ベンチャーという特殊な業態が特徴です。IT技術を駆使したマーケティング力・集客力によって、町の植木屋さんレベルで終わらない売上を目指します。

そして、ベンチャーだからこその働きやすさにも注目。誰もが納得のホワイトな就労環境で、安定した職人生活をスタートしませんか?

《求人PR》ベンチャー植木屋・庭革命の募集要項:未経験OK・20代の若手中心!

庭木を手入れする庭革命職人

庭革命では、これからの造園業界を変える植木職人を積極採用中です。在籍する職人は20代の若手中心。若手中心だからこそ、古い体質も上下関係もありません。

また、業界の価値観とは違う視点・不条理を覆す働き方にも取り組んでいるのも、ITベンチャーだからこその在り方です。

求人に関するお問い合わせ、質問はこちらのリンクからお気軽にご連絡ください。

庭革命の求人に関する問い合わせをする

植木屋・庭師・造園業経営の将来性は?

スキルアップ

マンション・アパートなどの集合住宅が増え、植木屋・造園業界も昔ほど仕事が獲得できないと言う人もいます。

しかし、植木屋業界も高齢化が進んでおり、世代交代によって新規開業の可能性もあります。

また、地球温暖化対策のため、屋上緑化や壁面緑化、ビオトープなどに新しい需要が生まれ、ランドスケープの開発も進んでいます。仕事の内容も、時代とともに変化しているため、常に職人として知識・技術を磨く努力を続ける必要があります。

庭園管理士やガーデナーになるには?収入はアップする?

花壇

剪定を中心とした庭木の手入れを専門に活躍する職人もいれば、庭づくりで力を発揮するガーデナーも人気職業の1つです。

新築で家を建てたものの、家本体に集中しすぎて、庭や外構に不満を持つ人も多くいます。古くなったお庭を、現代風にアレンジしたいという需要も高まっています。家と調和した庭づくりを提案し、施工までできる職人は大活躍です。

庭に関する民間資格・庭園管理士は、資格をもっているだけで仕事になるわけではありませんが、ホームページやチラシに記載することで信頼度を獲得できます。

植木屋・造園業の独立後の営業・集客パターン

植木屋・造園業で独立後、しっかり設けていくためには、営業・集客努力は必須です。

では、実際に独立して成功している職人たちは、どのような営業をしているのでしょうか?具体的に行われている集客方法について紹介します。

①飛び込み営業は意外に成約率が高い

営業の看板

自分の腕一つで本気で成功したいなら、飛び込み営業は避けて通れない道。意外にも、庭木に関して飛び込み営業は成約率も高いのでおすすめです。

気が付いたら庭木や雑草が伸びすぎてしまって、なんとなくそのままにしているという家もあります。剪定の必要がありそうな庭を見つけたら、ダメ元で営業をかけてみましょう。

 

②チラシのポスティングで集客

印刷したチラシの束

他の業界に比べてチラシの成約率が高いのも植木屋の特徴です。スマホで検索しない高齢者の場合、植木屋の情報が一番目に入りやすいのがチラシ。

庭に住人がいたら、声をかけて直接チラシを渡すとさらに成約率が上がります。

③口コミや紹介

ネットの口コミ

口コミ・紹介は、リアルでもネットでもかなり重要です。

今使っている植木屋が合わなくて、依頼先を変えたいと思っている家もあります。そんなとき大きいのがご近所さんや知り合いの紹介。お世話になっているお客さんには、それとなくご近所の話を探ってみるのもいいでしょう。

また、ネットで植木屋を探す場合、ホームページでは職人の腕や人柄は見えないため、口コミを探す人もいます。ホームページの顧客の感想や、Googleマイビジネスの評価をしてもらい、積極的に活用しましょう。

 

④ホームページなどのweb集客

SNSとグローバルイメージ

飛び込み営業やチラシのポスティングにばかり時間を割いていると、本来の植木屋の仕事にしわ寄せが来てしまいます。

そんなとき、ホームページがあれば、自動集客も可能。サービス・料金・施工写真等、顧客が求める情報を掲載し、問い合わせしやすい環境を用意しておきましょう。

ホームページには営業エリアの記載を忘れずに。地道な飛び込み営業では得られない、新規顧客を得るきっかけにもなります。

まとめ:植木屋・造園師は営業次第で稼げる

植木屋・造園業は独立後の成功は、その営業次第。飛び込み営業やポスティングのエリアを厳選したり、ネットを駆使した集客方法をするなど、戦略によって新規顧客のチャンスはまだまだあります。

独立後の営業戦略や集客について、独立前からしっかりとした計画を立てて独立に挑みましょう。

関連記事

記事一覧を見る

コラム

2021.10.15

造園業は儲かる?植木屋・造園士の独立開業の将来性や集客・年収…

コンクリート張りの駐車場

全国の植木屋辞典

2021.10.15

【造園・外構会社のホームページ制作】押さえておきたいポイント…

全国の植木屋辞典

2021.10.15

【植木屋・造園業の飛び込み営業は効果的?】飛び込み営業成功の…

コラム

2021.10.15

植木屋・造園の必勝広告!集客できるチラシやホームページ作成の…

全国の植木屋辞典

2021.10.15

造園・植木屋に特化したホームページ制作とは?集客力アップのコ…

剪定作業

全国の植木屋辞典

2021.10.14

【植木屋・造園の一人親方とは?】独立後のメリット・デメリット…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP