植木屋・造園の必勝広告!集客できるチラシやホームページ作成の重要ポイントを解説

植木屋として念願の独立を果たしたものの、仕事が入ってこなくて悩んでいる人はいませんか?ああ

それは営業広告の方向性が間違っているのかもしれません。この記事では植木屋・造園業の広告について、効果的な方法を紹介します。

これから独立を考えている人、集客で悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

目次

植木屋・造園・庭師の広告・営業方法

チラシを撒いて、電話帳に会社情報を掲載して、後は待っているだけ…では仕事は入ってきません。

広告の出し方もターゲットや時期を選んだりと、やり方があります。ここでは、植木屋の広告でおすすめしたい以下の方法について、触れていきます。

  • チラシ
  • ホームページ
  • 口コミ・評判
  • LP(ランディングページ)

植木屋・造園・庭師の広告①チラシ

チラシはあまり効果がないようにも思えますが、実は植木屋業界は他の業界に比べてチラシの成約率がかなり高いのです。

チラシの内容は、ついあれこれと盛り込みたくなるもの。剪定や消毒など、その季節に必要なものを厳選し、顧客のニーズに合わせたものにしましょう。

庭木のある家を狙って、「お庭で何かお困りごとはありませんか?」と、飛び込み営業してチラシを渡すのも意外に効果的です。

また、ホームページやメールアドレスを持っている場合、チラシにURLやQRコードを掲載しておくと、お客さんもメールで問い合わせもしやすくなります。

植木屋・造園・庭師の広告②ホームページ

初期投資がかかりますが、一度作ってしまえばほかっておいても集客できるのがホームページのメリットです。

近年は電話帳を使うより、スマートフォンで検索する人も多い時代。Googleなどにホームページや会社情報を登録しておくと自動集客の後押しになります。

植木屋ホームページに載せておきたいコンテンツについては、この記事の後半で詳しく解説しています。

植木屋・造園・庭師の広告③口コミ・評判

意外に馬鹿にできないのが口コミです。年配の人ほど、自力が植木屋を探すよりも、口コミや紹介頼りとなります。

植木屋の腕はもちろん、親しみやすい人柄で顧客との信頼関係を大切にすることで、友人や近所の人を紹介してもらえる可能性があります。

また、ネットでも口コミ・評判を検索できる時代です。googleで「地域名×植木屋」で検索すると、googleの口コミが見られるようになっています。口コミで判断する新規客も意外にいます。

お世話になった顧客に口コミを投稿してもらいましょう。

植木屋・造園・庭師の広告④LP(ランディングページ)

ランディングページとは、ホームページの中でも、特に注文・問い合わせに直結した集客用ページです。

インパクトのあるチラシに近いデザイン・レイアウトになっており、訪問者が注文しやすい作りになっています。

会社のことをじっくり知ってもらうならホームページですが、ランディングページでは即効性が期待できます。

植木屋・造園・庭師の広告掲載情報の必勝ポイント

不動産・アパレル・飲食と、広告は業界によって効果的な掲載方法や求められる情報が異なります。

植木屋・造園業界でも、顧客が欲しい情報に沿ってこそ、見てもらえる広告になります。

料金・サービスをわかりやすく!

顧客が一番欲しい情報は、自分の欲しいサービスがあるか、それがいくらになるかも気になるところです。顧客の中では「とにかく安く」と、仕上がりよりも料金の安さを優先する人もいます。

剪定・消毒(薬剤散布)・草刈りなどの定番のサービスの他、剪定や伐採で出たごみの処分代まで、わかりやすく表示しましょう。

庭木の大きさや、重機が入りにくいなどの環境によって値段は変動しますが、だいたいの目安がわかるだけでも顧客からの信頼度が増します。

植木屋としてのこだわり・強み

ただサービスと料金が掲載されているだけでは、料金が安い他の業者に流れて行ってしまいます。

「自然風剪定を得意としています」「薬剤散布は樹木によって最適なものを用意し、使い分けています」など、植木屋としてのこだわり・強みを掲載しましょう。価格の安さを売りにするのも、十分な強みです。

植木職人・代表の顔写真で親しみやすさアップ

庭革命職人

植木職人=頑固な職人でとっつきにくい、というイメージがあります。どんな職人が来るかわからないよりは、事前にわかったほうがお客様としても安心です。

代表や実際に作業に行く職人の写真を掲載することで、「こんな人が来てくれるならいいかも」と安心感を持ってもらえます。植木屋としてのこだわりやメッセージを添えるとなおいいですね。

実際の施工例・写真の見せ方にひと工夫

坪庭

新規の顧客にとっては「職人の腕が悪くて、変な切り方されたらどうしよう」という不安もあります。実際の施工例の写真があれば、こんな不安も解決。

施工前・施工後を比較できる写真があれば、「自分の家の木もこんな風にお願いしたい」

イメージを持ってもらえるので、依頼もスムーズです。

お客様の声・感想も紹介

施工写真も重要ですが、それと同じくらい説得力があるのがお客様の声です。施工写真とともに、お客様の生の声が掲載されていると、その広告を見た新規客も気持ちに寄り添えます。

お世話になった顧客に、実際の施工写真と感想の掲載許可をもらっておきましょう。チラシやホームページに掲載したり、SNSにも使えます。

依頼・見積もり予約の流れを掲載

植木屋に依頼したことがない人には、見積もり・予約・実際の依頼・作業・支払いまでの流れがあると親切です。顧客にとっては、予約した翌日にすぐ来てくれると考えている人もいます。

予約から作業日に何日かかるかなどの、だいたいの記載があると、新規の人にもわかりやすいです。

会社住所・対応エリア

自宅を事務所にして個人事業主として活動している植木屋の中には、電話番号のみ記載して、住所の記載がないこともあります。

可能な限り、会社住所は掲載しましょう。年配の人ほど、住所の表示がない会社は不安に思う人も多いです。また、「家から近いから」という理由で依頼することもあります。

また、どの地域まで営業できるか、対応エリアの記載も重要です。隣の市・隣の県であっても、広告を見て気に入れば、エリア内なら依頼する人もいます。

【PR】庭革命が植木屋・造園業特化のホームページを制作!

独立開業

自分でホームページ制作すれば低コストですが、ある程度の見栄えの良さ・クオリティを求めるなら制作会社に依頼したいもの。

通常、ホームページ制作会社に依頼すると、納品後のアフターフォローはありません。デザイン性の高い凝ったホームページほど、住所・料金などのテキスト修正や写真を差し替えたいなど、自分で更新が困難です。

しかし!庭革命のホームページサービスは植木屋さんに特化したもの。植木屋のお客さんの「ニーズに合ったホームページ」を提供し、納品後もしっかりとしたサポートがあります。

植木屋・造園・庭師のホームページの活用・営業方法3つ

顧客も電話帳ではなくスマホで植木屋を検索する時代。ホームページがあれば、チラシや紹介だけでは得られない、新規客を獲得することもできます。

ここでは植木屋のホームページを活かした営業方法・戦略を紹介します。

web集客は集客経路が命

上向きの矢印

ホームページを公開しておくだけでは、人の目に触れることはありません。Googleマイビジネスに登録することで、集客経路を増やしましょう。地域(エリア)の植木屋でgoogle検索したときに、会社情報や連絡先・営業時間・ホームページも紹介されます。

口コミや写真も掲載できるため、ここを充実させておけば、さらにホームページを見てもらえる確率が高まります。

地域(エリア)×植木屋で競合の植木屋を検索

三本のケヤキ

市場調査も大切です。googleで近隣の植木屋を検索してみましょう。競合の植木屋が近隣にどれだけあるかで、営業エリアを考え直すヒントにもなります。

競合先の口コミを見れば、自分に足りないものや営業の参考になることもあります。

競合の植木屋・造園ホームページのコンテンツを分析

お店と手のイメージ

競合の植木屋のホームページをチェックしてみましょう。写真の見せ方、キャッチコピー、料金の紹介方法など、参考になることは多いはず。

競合先を参考に、より顧客のニーズに合うホームページにしましょう。

植木屋・造園・庭師の広告宣伝費を安くする方法3つ

独立開業したばかりの植木屋は、広告宣伝費にあまりお金をかけられないのも実情。そんな駆け出しの人たちのために、広告宣伝費のコストを抑える方法を紹介いたします。

植木屋・造園専用のチラシテンプレートを利用する

スマートフォンとキーボードとグラフの書類

パソコンを持っている人なら、無料チラシテンプレートを使うのもおすすめ。ワードやパワーポイントで、住所・連絡先のテキストを入れ替えるだけで簡単に完成します。

パワーポイントのテンプレートの配信サイト「パワポン」では、植木屋専用のチラシテンプレートが無料でダウンロードできます。

自宅やコンビニのプリンターでも印刷できるし、データを印刷所に持っていけば印刷も可能です。

SNS(Twitter、Facebook、Instagram)を徹底活用

LINE

近年はホームページを持たず、FacebookやInstagramなどのSNSだけを使う業者も増えています。

プロフィール部分に連絡先・簡単なサービスを記載しておき、日々の現場での仕事や施工写真をビフォー・アフターで掲載します。

SNSの場合、ホームページのお問い合わせフォームよりも気軽に問い合わせしやすいというメリットがあります。ホームページと合わせて複数のSNSを使って相乗効果を狙うやり方もあります。

飛び込み営業&チラシの手渡しは成約率が高い‼

チラシのポスティングで成約率の高い植木屋は、チラシの手渡しを大切にしているとのこと。営業エリアを足で回り、庭に住人を見かけたら挨拶してチラシを渡すというやり方です。

笑顔で挨拶し、「この人、感じいいし、ちょっと切ってもらうくらいならいいかも」と思ってもらえれば勝ちです。地域によっては、5軒まわって1軒問い合わせが来るという成功例もあります。

まとめ

植木屋の広告は、業界ならではのポイントがあります。チラシだけでなく、ホームページやSNS、googleのサービスを組み合わせて、自動集客できる仕組みも作っていきたいですね。

植木屋に精通した庭革命なら、植木屋・造園業に特化し、集客力のあるホームページをサポート可能。ぜひご検討ください!

目次
閉じる