庭革命

電話予約

お問合せ

コラム

造園・植木屋に特化したホームページ制作とは?集客力アップのコツやサイト運営のメリット・デメリットを徹底解説

全国の植木屋辞典

2021.10.15

情報化が進む現代。お客様が植木屋を探す方法は、タウンページではなく、スマホやパソコンで検索する時代です。

今や、造園・植木屋が集客を増やして成功したいならホームページは必須と言えます。ただ、ホームページと言っても、お客様のニーズに合ったサイトを運営していくことが大切です。

では、造園・植木屋に特化した、「売れる」ホームページ作成術とはどんなもの?今回は、植木屋ホームページ作成を検討している人向けに、制作のポイントや、サイト運営のメリット・デメリットまでを解説します。

目次

造園業・植木屋・庭師の独立後はホームページが必要?

パソコンとタブレット

夢に見た植木屋・造園業での独立開業!しかし、開業したからといって、すぐにお客さんがやってくるわけではありません

その後の売上は、自分の植木屋としての技術と集客力次第。経営者としての自分の力を試すチャンスでもあります。

独立後は1人で営業しながら、植木屋の仕事もこなさなければなりません。だからこそ、営業ができない間も誰かに見てもらえる広告=ホームページでの自動集客は必須と言えます。

造園業・植木屋さん・植木職人の独立後の給料・年収は集客力による

札束

植木屋・造園業は、雇われ中の職人の年収は、普通の会社員よりも少な目。しかし、独立後は大きく変わります

独立後の平均年収は600~700万。しかしこれは、営業力あってこそ。お客さんをいかに確保するかが決め手となってきます。

さらに、広告の出し方や営業地域の選定を工夫したり、閑散期も仕事が請けられるように外構工事の技術を磨くなど、戦略によっては年収1000万を実現する職人もいます。

造園業・植木屋でホームページを持つメリット

どんな業界でもホームページを持つ会社・店舗は増えています。

しかし、造園・植木屋に関しては、旧態依然とした世界。昔ながらの顧客頼りで、ホームページを持っていない植木屋も多くあります。

これから独立開業する植木屋として、他より一歩リードする広告手段がホームページです。そのメリットを解説します。

植木屋・造園部門での集客力がある

ノートパソコンとデジタルマーケティング

植木屋業界は、古い職人も多い分、まだまだITの波に乗っていないところがあります。

これから家を建てる世帯・庭付きの家を建てたばかりの世代は、20~40代が中心。庭のお手入れを依頼する際は、まず「スマホで近所の植木屋を検索」となります。

これから庭を持つ世代を新規客として獲得するためには、ネットで検索してもらえるホームページを持つこと。地道な営業ももちろん大切ですが、ホームページなら顧客が好きなときに検索して、手軽に問い合わせをしやすいメリットがあります

顧客のお悩みに沿えば即効性が高い

ハートを手渡す

ホームページを検索する人の多くは、すでにお庭で悩みがあり、そのアンサーになるものを求めています

庭木の剪定を依頼したいけれど、いくらくらいかかるのか。高木伐採を依頼したいけれど、対応してくれるか。来てくれる職人は腕は確かか。メールで気軽に問い合わせ出来て、早めに回答が欲しいという人もいるはず。

お客さんの悩みに沿う=求める情報を提供できるホームページを用意しましょう。予算やサービスなど、求めるものにマッチすれば、問い合わせにも繋がります。

低コスト・低予算からスタートできる

電卓の上に載るコストのブロック

独立時は、資金も少ないため、広告宣伝費にそれほどお金を掛けることも難しい時期。「ホームページを持つのって、かなり費用もかかるのでは?」と心配になる人もいますよね。

デザイン性の高いおしゃれなサイトは、費用が高い分、顧客のイメージも良くなります。しかし、必ずしもお金をかけていれば集客できるわけではありません。

お客さんの求める情報(サービス・金額・技術面)を、わかりやすく表示してあれば、自作の低コストのホームページでもOK。サーバー代など、初期投資は必要ですが、低予算でスタート可能です

造園業・植木屋でホームページを持つデメリット

造園・植木屋の集客には欠かせないホームページですが、メリットばかりではなく、当然デメリットもあります。

独立開業後は、本来の植木職人としての仕事の他、営業から事務・経理まで、何もかも一人でこなさなければなりません。

ホームページを持てば、当然、運営するための労力・費用が発生します。しかし、そのデメリットがあっても、ホームページを持つことによる集客力の恩恵は大きいはずです。

ホームページ担当者が必要

キーボードと女性の手元

ホームページを見たお客さんは、興味を持てば当然問い合わせをしてくれます。電話をしてくる人もいますが、多くはメールでの問い合わせになるでしょう。

メールは24時間送信可能なので、ホームページ担当者としてメールチェック・返信作業が必要です。他の業者にも問い合わせをしている可能性があるため、チャンスを逃さないようにしましょう。

また、事務所の住所・電話番号が変更や、サービスを追加したい場合など、ホームページの修正が必要になります。文字程度ならホームページ専用ソフトを使えば簡単で、近年はスマホを使って、画像入れ替えまでできるものもあります。

造園業のサイト運営のための固定費がかかる

ホームページを持つ以上、初期費用と毎月の固定費が発生します。オリジナルドメイン(お好みのURL)を持ちたいなら、初期投資としてドメイン代。維持費として毎月のサーバー代が発生します。

ホームページは、無料のレンタルサーバーもあるため、予算がなく完全無料で公開することもできます。ただし、無料サーバーの場合、多くはバナー広告が入ります。

見映えが悪かったり、見に来たお客さんにバナーの閉じるボタンを押させるなどの負担が発生することもリスクのうちです

ホームページ制作業者によっては集客力が低いものも

手で作ったバツ

ホームページ制作業者に依頼すれば、見やすく綺麗なサイトを作ってくれます。

しかし、植木屋・造園業界に詳しくない業者に依頼した場合、作ったはいいけれど、更新しにくい・値段や写真を入れ替えにくいデザインで、結局新しく作り直しになってしまうトラブルも…

制作業者に依頼する場合は、植木屋・造園業のホームページ制作経験がある業者を探すのもポイントです

【PR】庭革命が植木屋・造園業特化のホームページを制作!

自分でホームページ制作すれば低コストですが、ある程度の見栄えの良さ・クオリティを求めるなら制作会社に依頼したいもの。

通常、ホームページ制作会社に依頼すると、納品後のアフターフォローはありません。デザイン性の高い凝ったホームページほど、住所・料金などのテキスト修正や写真を差し替えたいなど、自分で更新が困難です。

しかし!庭革命のホームページサービスは植木屋さんに特化したもの。植木屋のお客さんの「ニーズに合ったホームページ」を提供し、納品後もしっかりとしたサポートがあります。

植木屋・造園業に精通しており広告効果が強い

SNSとグローバルイメージ

植木屋さんに依頼したい顧客が、どんな情報を求めているか。通常のホームページ制作会社は把握していません

庭革命は、植木屋さんに依頼したい顧客の「ニーズに合ったホームページ」を知り尽くしており、そのノウハウを持っています。

顧客の心を惹きつけるために「このフレーズがあったほうがいい」とか、安さを追求する変なお客さんをふるい分けるために、金額の記載の仕方など、植木屋・造園業に特化しているからこそのノウハウがあるのです。

ホームページ制作の初期費用が他社より安い

計算機を持つ手

他社で100万を超えるホームページ制作も、庭革命であれば初期費用は30万円〜60万と半分以下になることも

通常の制作会社では納品後の更新作業等・アフターフォローはありません。

しかし、庭革命の場合は、納品後もしっかりとしたサポートをお約束しています。

ホームページ初心者も安心!トラブルサポートも完備

サポートのイメージ

長く運営していると、ホームページに情報を追加したい、問い合わせが増えてきたのでここを少しだけ変えたいという希望も出てきます。

また、情報更新の際にトラブルが発生し、パニックになってしまうこともあるかもしれません

庭革命はサポート体制も完備。もしもの時のバックアップ体制もできているので、安心してお任せください!

造園業・植木屋のホームページに入れたいコンテンツ

造園・植木屋のホームページは、お客さんがチェックするコンテンツに傾向があります。

見に来たお客さんが何を求めているかを考えて、掲載コンテンツを選びましょう。

求める情報が分かりやすい・見やすいほど、お客さんからの印象も良くなり、問い合わせUPに繋がります。

植木屋のサービスと料金

絶対に必要なのが、造園・植木屋として提供しているサービスとその料金。お庭で悩みを持つお客さんの場合、ホームページの目につきやすい所にサービス一覧とその料金があれば、関心を持ってくれます

また、料金は庭木の種類・大きさ・量によって変わりますが、だいたいの料金を掲載することで、他社の植木屋サイトより問い合わせに繋がりやすくなります。

ただし、あれもこれもできますと、たくさん詰め込みすぎるのも情報過多で見る人が諦めてしまうことも。売りにしたいサービスをいくつか選んでアピールしましょう。

植木職人としてのこだわりや強み

青空に親指を立てた手

植木職人として独立するほどの腕前ならば、それぞれ職人としてのこだわりや強みを持っているはず。

「自然風剪定が得意です」「5年後10年後の木の成長を想定した剪定を提案します」などの特徴をホームページで掲載することで、大きなアドバンテージとなります。

「安さ・速さはどこにも負けません」というのももちろんOK。価格やスピード対応も、大きな強みです。

実際の施工例・写真

ビフォーアフター

お客さんにとっての不安の1つは「その職人の腕が確かかどうか」です。

剪定や除草、お庭づくりなど、実際の施工写真を、簡単な説明をつけて公開しておくと効果的。ビフォーアフターの比較写真があれば、技術の確かさを効果的に伝えることができます。

剪定等、実際の施工写真があれば、自分が依頼した際も想像しやすく、「ここにお願いしてもいいかも」と一歩後押しに繋がります。

お客様の感想・口コミ

声のイメージと手

昔も今も口コミは重要です。ホームページがいくら綺麗でも、口コミがひどければ、候補から外されてしまうことも普通です。

IT社会だからこそ、感想・口コミは探しやすいもの。実際に口コミを探してから検討するお客さんも多くいます。

お客さんの感想をもらって、実際の施工写真と合わせてホームページに掲載させてもらいましょう。

植木職人・スタッフの紹介

笑顔の作業員

ホームページは相手の顔が見えないもの。そこで働く職人やスタッフの紹介があれば、親近感はぐっと増します。

お客さんの中には、「年配の人より若手の職人のほうが話しやすい」「男性の職人が一人で来ると怖いから、女性に来てほしい」と思う人もいます。

「こんな植木職人が伺います」「若手職人も在籍」「女性スタッフも活躍中」などの紹介があると、より好印象です。

営業エリア

営業の看板

「〇〇市対応」「隣県まで対応」など、営業可能地域を記載しておきましょう。

植木屋が少ない地域の住人は、多少遠くてもその植木屋の営業エリアに入っていれば依頼してくれます。

また、口コミの内容がいい植木屋、施工写真を見て気に入ってもらえることもあります。隣の県であってもエリア対応していれば「この植木屋さんにお願いしたい!」と問い合わせをしてくるお客さんもいます

お問い合わせ・見積もり・依頼・施工までの流れ

ステップ

ホームページを見て植木屋に依頼するのが初めてという人は、お問い合わせからどんな流れで実際に家まで来てもらえるのかわからず、不安を抱いていることも。

問い合わせから見積もりまで〇日、正式な依頼を請けてから実際の作業まで約〇日、と依頼の流れと期間の目安を掲載しておくと親切です。

繁忙期・閑散期では日数も違いがあるため、〇月~〇月は〇日程度、と記載があれば、さらに丁寧ですね。

造園業・植木屋のサイト制作・運営のポイント

ここからは、実際の造園・植木屋ホームページに掲載したい情報や、運営のポイントを解説します。

ホームページを公開して終わりではなく、チラシと組み合わせた集客術もあれば、競合調査でよりよいコンテンツにしていくこともできます。

即効性の高い方法もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

豊富な実績・施工写真を紹介

ビフォーアフター

お客さんに一番伝わりやすい・信頼を獲得しやすいのが、施工写真です。

剪定・伐採・草刈りのビフォーアフター、お庭づくり、お庭のリフォーム、外構工事は、実際に手掛けた施工写真を見せることで、お客さんも安心して依頼できます。

また、施工写真が多いほど、豊富な実績の証拠にもなります。公共工事の受注や、過去の依頼件数(庭のお手入れの年間受注数)も、お客さんにわかりやすい指標になります。

植木職人の顔写真と紹介文で親しみやすさを

自己紹介

知り合いの紹介なら不安もありませんが、ホームページでの依頼は相手の顔が見えず、どんな職人が来るのか不安もあります。

ホームページに、

実際に作業をする植木職人や、会社の代表の写真があれば、そんな心のハードルも少し低くなるものです。

笑顔で親しみやすい写真とともに、親しみやすさをアピールするコメントもあるとなお良し。「こんな人だったら来てもらってもいいかも」と思ってもらえれば勝ちです。

植木屋・造園業のチラシにサイトURLやQRコードを掲載

QRコードとスマホ

ホームページを制作したら、そのデザイン・内容を元にチラシを作ってみましょう。

サービスの簡単な案内・料金をチラシ1枚にまとめ、問い合わせ先の欄にホームページのURLやQRコードを掲載します。

チラシに興味を持った人をホームページに誘導することができ、さらに問い合わせに繋がります。LINEのQRコードを掲載してもOK。年代によっては、メール以上に気軽に問い合わせが可能になります。

集客経路を増やしてホームページと相乗効果を狙う

パソコンとネットのイメージ

ホームページを作ったら公開して終了ではありません。「Google マイビジネス」に登録しましょう。googleで近隣の植木屋検索をしたときに、会社情報やMAP、口コミなどの情報が掲載されるようになります。

Google マイビジネスの口コミは、これから植木屋に依頼を考えている側も調べやすいのがポイント。

お庭のお手入れをしたお客さんに協力をお願いして、口コミを投稿してもらいましょう。

競合の植木屋ホームページの見せ方やコンテンツを参考にする

口コミとパソコン

地域×植木屋で検索をすると、その地域の競合相手のホームページや口コミも調べることができます

検索上位のホームページや、口コミが多い競合相手のホームページを参考にすれば、自社ホームページに足りないアピール方法や改善点が見つかることも。

良いものはどんどん参考にして、自分のホームページに還元していきましょう

まとめ

植木屋・造園業界は、他の業界に比べるとホームページ集客はそれほど活発ではありません。

ホームページ集客が軌道に乗れば、営業しなくても自動集客ができるようになり、本来の植木屋の仕事にも集中できるようになります。

だからこそ、植木屋・造園に特化した、お客さんのニーズに応えたホームページが大切。より集客できるホームページを作り、他社より一歩も二歩もリードしましょう。

関連記事

記事一覧を見る

コンクリート張りの駐車場

全国の植木屋辞典

2021.10.15

【造園・外構会社のホームページ制作】押さえておきたいポイント…

全国の植木屋辞典

2021.10.15

【植木屋・造園業の飛び込み営業は効果的?】飛び込み営業成功の…

全国の植木屋辞典

2021.10.15

造園・植木屋に特化したホームページ制作とは?集客力アップのコ…

剪定作業

全国の植木屋辞典

2021.10.14

【植木屋・造園の一人親方とは?】独立後のメリット・デメリット…

全国の植木屋辞典

2021.10.14

【植木屋・庭師・造園のチラシ集客】配布・作り方のポイントや無…

羽村駅東口

全国の植木屋辞典

2021.08.25

東京都 羽村市のおすすめの植木屋7選|お庭の手入れでお悩みの…

アナタにおすすめの記事

記事一覧を見る

庭革命目次

PAGETOP