庭革命

庭革命

【空き地の雑草はどうする?】気になる法律や対策方法も徹底解説!

全国の植木屋辞典

2020.10.12

空き地の雑草

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

空き地を所有している方は雑草対策はできていますでしょうか?また、隣の空き地が荒れていて不快と思う方もいるのではないでしょうか。

空き地の雑草を放置しておくとトラブルに発展したり借り手も見つかりにくくなってしまうのです。

そこで今回は空き地の管理は強制か、放置するデメリット、雑草対策の方法などを解説していきますので是非参考にしてください。

空き地の雑草対策は所有者の努力義務

空き地の雑草

空き地の管理は、他人に直接損害をもたらしている場合をのぞいて義務ではないです。いわゆる管理者の努力義務になるのです。

「なら管理しなくていいか」「泣き寝入りするしかないのか」と思う方もいると思います。ですが、自治体が条例を設けている場合は指導がくる場合があるので注意してください。

このような、自治体の取り組みが最近増えている影響もあって空き地の雑草は所有者の責任とみなされる地域が増加。ですが、強制力はなく指導以上のことはできませんので所有者の努力義務になるのです。

空き地の雑草を放置するデメリット

放置された空き地

強制力がなくて努力義務なら管理しなくていいか。と気が緩んでしまっている方はデメリットを理解して考え直しましょう。

近隣への迷惑になりトラブルに発展。最悪の場合はその地域に住めなくなってしまうほどの大事になってしまうことがあるので注意しましょう。

では具体的にどんなデメリットがあるのか説明致しますので参考にしてください。

自治体から連絡がくる可能性がある

封筒

先ほども説明しましたが、自治体がルールを設けている場合は指導の連絡が来ることもあります。

基本的には空き地の登録情報を調べて、手紙で連絡が来ることが多いのですが稀に電話などで指導されることもあります。

自治体から連絡がくるということは近隣の方にすでに迷惑になっており、自治体の相談しているので一刻も早く対策をしなくてはなりませんので注意しましょう。

近隣にとって大迷惑になり苦情が来る

苦情する人

近隣にとっては空き地の雑草はストレスの原因にもなり生活に悪影響を及ぼすものです。

例えば、雑草があるだけでジメジメしたり、害虫の増殖、火災の発生、ゴミの不法投棄場所になりやすくなるなど様々に理由で苦情になります。

管理者が遠方に住んでいれば直接苦情が来ることがないですが、身バレをしているなら気まずくて挨拶もできなくなってしまい自分自身が住みにくくなってしまいますよね。

借り手が下見に来たらマイナスイメージになる

残念がる人

雑草が放置されていて荒れている空き地を見た借り手は、どうな感情になるでしょうか?もちろん借りたくなくなってしまいますよね。

せっかく借り手が見つかったのに機会損失してしまうことになってしまうのです。そうならないためにも日頃から管理が大切。気にしないだろうと思っている方は油断しないようにしましょう。

 

空き地の雑草対策方法

ここまでデメリットを説明してきましたが「対策方法はどうすればいいの?」と悩んでしまいますよね。

対策方法は「防草シートを敷く」「草刈りを行う」の2つ。定期的に説明する対策をすれば空き地が雑草だらけになることは少なくなるでしょう。

では、具体的にどう作業をするか解説していくので参考にしてくださいね。

防草シートを敷く

防草シート

一番効率がいいのは「防草シート」を敷くこと。空き地の面積が広いと定期的にメンテナンスをするのは面倒ですよね。そんな時に役立つ対策で、雑草を生えにくくする手段でもあります。

敷き方の方法は、一度雑草を綺麗に刈りそうのうえに防草シートを敷くだけです。ホームセンターや通販でも手軽に購入できるので探して見ましょう。

毎回メンテナンスをするのが面倒、なるべく手軽に対策をしたいという方は防草シートを敷くのをおすすめします。

草刈りを定期的に行う

草刈り

即効性があるのは草刈りです。近隣の迷惑になってしまい「はやく対策をしてくれ」と言われてしまった場合に効果的です!

ですが、草刈りは年に2〜3回行うのが基本なので長期的な対策というより一時的に使う方がおすすめです。

草刈りは身体に負担がかかる、道具を揃えるなど手間がかかるので面倒に思う方は業者に依頼しましょう。

空き地の管理はプロの業者に任せるのがラク!

植木屋

空き地の雑草対策を説明しましたが「面倒」「定期的にはむり」と思う方もいますよね。そんな時には業者に空き地の年間管理を依頼しましょう。

苦情が来る前に対策をしたり、道具を揃える必要がないので手間が省けるのでおすすめです。

庭革命では近くの植木屋から無料見積もりを行えます。相談からでも受け付けているので、是非ご利用ください。

まとめ

空き地の管理は義務努力とは言ってもマナーです。近隣の方に迷惑をかけないように対策をするのが大切。

もし、管理をするのが面倒と思う方は業者に依頼をしてトラブルを未然に防げるように対策が大事です。近隣の方、そして自分自身も気持ちよく過ごせるように雑草対策をしっかりしていきましょう。

関連記事Related article

お金

全国の植木屋辞典

2020.10.14

【庭の年間管理費用の相場は?】対応してもらえる……

空き地の雑草

全国の植木屋辞典

2020.10.12

【空き地の雑草はどうする?】気になる法律や対策……

ほうきとちりとり

全国の植木屋辞典

2020.10.12

【庭掃除を依頼できる業者は?】費用相場や選び方……

全国の植木屋辞典

2020.10.07

【屋上緑化の施工費用】補助金制度やメリット・デ……

全国の植木屋辞典

2020.10.07

【玄関アプローチの費用】玄関周りをおしゃれにす……

お金

全国の植木屋辞典

2020.10.07

【門わりのリフォーム工事にかかる費用】門扉・門……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map