庭革命

庭革命

剪定と伐採の違いについて徹底解説!【似ている言葉に注意!】

剪定入門道場

2020.08.02

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

剪定伐採という言葉がありますが、明確な意味の違いを知っていますか?

自宅に木を植えていても、言葉の違いを知らないという人は意外と多いです。

今回は剪定と伐採の違いについて徹底的に解説していきます。注意ポイントも紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

剪定と伐採の意味は大きく異なる!それぞれに分けて解説

剪定と伐採はどちらも木を切るときに使う言葉ですが、意味は大きく違います。

簡単に言うと剪定は枝を切ることで、伐採は幹を切ることです。

樹木の手入れなどを依頼するときに意味を理解していないと、希望していない結果となることも考えられます。

それぞれ詳しく紹介していくので、チェックしてみてくださいね。

剪定の手入れ方法は??|根元から作業を行う

枝の剪定

剪定は、枝を切る作業のことです。伸びすぎた枝を切ったり葉を切ることで形を整えて樹木が育ちやすい環境を作ります。

剪定をすることできれいに花や実がついたり、見た目がよくなりますよ。

剪定をせずに放置していると、枝や葉は伸び放題。

病害虫の被害にあって樹木自体がダメになってしまうこともあるでしょう。また、伸びすぎたことで自分では手入れができなくなってしまいます。

定期的な剪定が重要ですね。

伐採の手入れ方法は??|枝で作業を行う

強剪定

伐採作業とは、木を根本から切ることです。

伐採と言っても様々な種類に分けられています。代表的なのは主伐や間伐・除伐

どれも木を切ることには変わらないのですが、木を切る目的が変わってきますよ。

木を切って木材を収穫するのか、育てたい木を成長させるために余分な木を切るのか、森林を再生させるために切るのかなど様々な目的があります。

伐採方法や伐採作業についても目的によって変わってくるので目的を明確にしておくことが重要ですよ。

剪定の目的とは??|木の見た目を整える

五葉松

剪定の目的は、基本的には木の見た目を整えることです。

どんなにきれいな花を咲かせる木でも、枝や葉が伸びたい放題になっていると美しくありませんよね。

定期的に剪定を行うことで樹形を保つことができるのです。

また、剪定をして余分な枝を切り落とすことで残った枝に日光を当てやすくすることが可能。成長を促すためにも剪定は必要な作業と言えます。

伐採の目的とは??|材木の生産も目的に

伐採

一方の伐採の目的は、先ほども紹介した通り様々。自然環境を守るためには間伐や除伐などの作業を行います。

間伐をすることで木と木の間に間隔を持たせることができ、木が茂りすぎるのを防ぎ、かつ残った木には日光が当たりやすくなり成長を助けることができるのですよ。

また、木は木材となり建築資材として私たちの生活で活躍しています。

家を建てるのにも木材が使われていますよね。森林のためだけではなく、材木の生産としても伐採が行われています。

剪定の時期は?|目的に沿って年に何回か行う

植木屋

剪定の時期は、剪定する樹木の種類によって異なります。

夏と冬の年2回に分けて剪定をする樹木なら、夏は木の環境をよくするために。冬は見た目をよくするために行いますよ。

樹木には広葉樹と針葉樹の2種類があります。さらに1年中葉がある常緑樹か冬場に葉を落とす落葉樹かに分けることもできます。

種類によって剪定時期は大きく変わり、目的によっても変わりますよ。

伐採の時期は?|目的に合わせて行う

伐採

伐採は目的に合わせて行います。木材として利用するのであれば、冬の時期に伐採するのがおすすめ。

冬場の木は成長が止まるので樹液も少なくなり、木の中の密度が高くなります。その分頑丈な木になるので木材としては最適ですね。

また、伐木という言葉もありますが伐採と伐木の違いはほとんどありません。伐木は木を切り倒すという意味なので伐採もそれに該当します。

しかし、伐採と抜根は全く違います。伐根は根を抜くということで伐採とは違う意味を持っているので間違えないようにしましょう。

プロに依頼する前に意味を理解しよう!|費用も異なる

剪定は自分で行うこともできなくはないですが、伐採となるとほとんどの人がプロに依頼しようと思うはずです。

しかし、プロに依頼する前にきちんと言葉の意味を理解しておく必要がありますよ。 先ほども紹介したように伐採と伐木は似た意味ですが、伐根は全く違う意味となります。

作業内容によって費用も異なるので、しっかりと意味を理解したうえで依頼するのがおすすめです。

以下のページで詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。 URL〇〇〇

依頼内容を間違えてしまうとどうなる??

注意

もし、プロに依頼したときに依頼内容を間違えてしまうと、予定していた日に作業が行えないこともあります。

伐採には大きな重機が必要となる場合があります。一方の剪定では、よほど大きな木でない限りは重機を使用することはありません。

また、使用する道具も異なります。業者さんは依頼内容に応じた道具を用意して訪問します。

作業ができないだけでなく、見積もりも一からやり直しとなってしまうので、依頼内容はしっかりと意味を確認してから伝えましょう。

剪定と伐採の違いのまとめ

今回は剪定と伐採の違いについて紹介しました。

どちらも木を切るという意味を持っていますが、実際は全く違った意味なのですね。大切な木を守るためにも、手入れに関わる専門用語は知っていて損はありません。

伐採をするなかで枝打ちという枝を切り落とすという意味を持った言葉が使われることもあります。

意味を知っているかどうかでプロに自分の理想を伝えやすくなるかが決まるので、この機会に勉強してみるのもおすすめですよ。

関連記事Related article

剪定入門道場

2020.10.23

【クレマチスの剪定方法】初心者でもわかる種類別……

イチジク

剪定入門道場

2020.10.22

【イチジクの剪定】品種別剪定方法と時期を解説!……

レモンの木

剪定入門道場

2020.10.22

【レモンの剪定方法】実がならない原因やトゲの処……

みかんの木

剪定入門道場

2020.10.21

【みかんの剪定方法】美味しいみかんをつくるには……

剪定入門道場

2020.10.21

【ブドウの剪定方法】時期や方法・育て方について……

剪定入門道場

2020.10.21

【コデマリの剪定方法】育て方や挿し木の方法も徹……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map