庭革命

庭革命

【カポック(シェフレラ)の剪定方法】育て方や剪定を依頼した場合の費用相場も徹底解説!

剪定入門道場

2020.10.31

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

ホームセンターなど気軽に購入できるカポック(シェフレラ)は、生命力があり初心者でもカンタンに育てられる観葉植物。

しかし、カポックは成長速度は早く、放置すると樹高は5メートルに達してしまうことも。コンパクトなサイズに保つためには、剪定をしなければなりません。

この記事では、カポックの剪定時期や方法・枯らさないための基本的な育て方などを解説していくので、是非参考にしてくださいね。

観葉植物!カポック(シェフレラ)の特徴

カポック

カポックは、ウコギ科シェフレラ属の観葉植物です。原産は、中国南部から台湾にかけて。暑さ寒さに強く、育てやすいといわれています。

成長すると樹高5メートルにも達することがあり、コンパクトにとどめたいなら剪定が必要です。

開花時期は5月〜7月で、赤や白・黄色などの花を咲かせます。ですが、カポックが花を咲かせるまで20年以上かかるといわれており見られるのは稀なんです。

また、葉は基本的には緑一色ですが、ホンコンカポックやドワーフなど斑入りの品種もありますよ。部屋に合わせて選ぶのも素敵ですね!

カポック(シェフレラ)の風水効果

水晶

風水では上向きの葉は活発な気を発し、丸い葉の植物は気持ちを落ち着かせる効果があるといわれています。上向きに丸い葉をつけるカポックは、運気をあげてくれる植物と言えるでしょう。

また、理解力を促進する観葉植物なため、人間関係に悩んでいる方はカポックを育ててみるとよいかもしれません。

カポックは耐陰性がありますから、家のなかでインテリアとしても映えますよ。玄関やキッチンに置くと、家全体の運気が高まり幸運が舞い込みやすいと言われていますよ。

カポック(シェフレラ)の剪定時期

太陽

カポックは生命力が強いため、基本的にはいつ剪定してもよいです。最適なのは、5月〜7月にかけての初夏

カポックの成長期は、この夏に向かっていく時期です。成長期である5月〜7月の間に剪定すれば、切ることでダメージを受けた枝もはやく回復するのがおすすめですよ。

また、成長期に剪定を行うことで、新芽の成長を促すこともできます。

カポック(シェフレラ)の伸びすぎた枝の剪定方法

カポックは成長が早いため、弱った枝や細い枝・株の根元から生えている枝など不要枝はどんどん剪定してかまいません。

高く伸びすぎてしまったら、上のほうの枝を切り戻しましょう。そのままにしてしまうと、手に負えなくなってしまいます。ですから、思い切って切り戻しをしてくださいね。

そして最後に、樹形を整えて終了です。

カポック(シェフレラ)の増やし方は「挿し木」

挿し木

切り戻しで切り落とした枝は、挿し木にして増やすことができますよ。

1~2節残して枝を斜めに切り、下の葉を切りましょう。そして、残した葉のすべてを横半分に切り、プランターや鉢に赤玉土を入れて、枝を挿して水をたっぷり与えれば完成です。

根が張って新しい葉が出てくるまでは、明るい日陰に置いてください。土が乾かないように、湿った状態をキープしてくださいね。

カポック(シェフレラ)の植え替え

植え替え

カポックは成長が早い樹木なため、定期的に植え替えをしてあげましょう。

植え替えをしないと鉢の中で根がパンパンになってしまい、うまく養分を吸い上げることができなくなってしまいます。そうすると株が弱ってしまうため、定期的な植え替え作業が必要ですよ。

ここでは、カポックの植え替えに適した時期と方法を解説します。

カポック(シェフレラ)の植え替え時期

植木鉢

植え替えは、4月〜9月の間に行いましょう。とくに、4月が適した時期と言われています。

1~2年に1回程度の植え替えが理想ですが、鉢の底から根が出てきたら替え時のサインということを覚えておいてくださいね。

すでに、鉢の中で根がパンパンになってしまっている証拠です。そして、葉が垂れて元気がなかったら根腐れしているかもしれません。

植え替えを怠ると根詰まりや根腐れを起こしてしまうので、注意してくださいね。

カポック(シェフレラ)の植え替え方法

株を鉢から抜いたら、手で優しく土を落としましょう。それと同時に古い根も取り除いてあげます。

その後に、ひと回り大きな新しい鉢にゴロ土・用土を入れ、株を入れます。樹高が1メートルを超えている場合は、支柱を立ててもよいですよ。株の上から土を追加で入れたら、割り箸などですき込んで終了です。

植え替えた後は水をたっぷりと与え、直射日光の当たらない場所で管理してください。

植え替えは1~2年に1度行いますが、「植え替えるたびに大きくなるのは困る」という方もいるでしょう。その場合は植え替えする際に剪定し、伸びすぎた根も短く切るとコンパクトに保つことができますよ。

カポック(シェフレラ)の育て方

初心者でもカンタンに育てられる観葉植物ですが、適切に手入れをしないと弱らせてしまいます。ここでは、カポックの基本的な育て方を解説します。

カポックを育て方でポイントとなるのは、「水やり」「肥料やり」「病害虫対策」以上、3点です。

正しく水やりをし必要なときに肥料を与え、害虫を予防することで健康なカポックを育てることができますよ。それでは、詳しく見ていきましょう。

水やり

水やり

カポックは、水を好む観葉植物です。なので、土の表面が乾いたら鉢底から流れるくらい、たっぷりと水やりをしましょう。

また、耐寒性の高い植物ですから、冬でも成長が止まっていなければ同じように水を与えます。もし成長が止まったら、土の表面が乾いてから2~3日後に水やりをするなど回数を減らしましょう。

肥料やり

カポックは生命力のある樹木ですから、基本的には肥料は与えなくても大丈夫です。もちろん与えた方が成長は早いので、大きくしたい方は春から秋の成長期に与えましょう。

もしも、冬の成長が緩やかになる時期に与えてしまうと、肥料焼けをする可能性があります。なので「肥料を与えるなら春から秋」と覚えて注意するようにしましょう。

肥料の種類は、液肥を10日に1回与えるか、緩効性の置き肥を与えましょう。化学肥料を使うことで、コバエの発生を抑制できます。

病害虫対策

カポックにつきやすいといわれる害虫は、アブラムシ・カイガラムシ・ハダニです。アブラムシは新しく生えた葉につきやすいため、定期的に葉水を行いましょう。

剪定で不要枝を切り取り、風通しをするのも効果的です。剪定は枝や葉の成長を促すだけではなく害虫や病気の予防にもなりますので、必ず行ってくださいね。

カポックが健康に育てば、害虫は発生しにくいでしょう。

カポック(シェフレラ)の剪定を依頼した場合の費用相場

電卓と見積書

カポックの剪定を業者に依頼した場合、費用相場はいくらかかるのでしょうか。

通常、業者に木の剪定を依頼した場合は職人一人あたりの時給や日給で計算する場合と、木の本数や高さで計算する場合があります。

おおよその目安となりますが、木1本で剪定料金を見た場合、低木なら1,000円から5,000円程度。中木なら5,000円から8,000円程度。高木なら9,000円から1万7,000円程度となります。

一般家庭で育てられるカポックは低木なため、1,000円〜5,000円程度とみておいてよいでしょう。

カポック(シェフレラ)の剪定はプロの業者に任せるのもおすすめ

職人が剪定をするとおろ

生命力のある樹木ですから、遠慮しないで枝を切ってしまっても問題はありません。しかし、初心者など慣れていない方にとっては難しいかもしれませんね。そんなときは、プロの業者に依頼するのがおすすめです。

プロの業者なら切る枝を見極めてくれ、樹形も美しく整えてくれますよ。また、害虫に対する知識もあるため、健康に育つアドバイスももらえるでしょう。

業者によって、費用はさまざまです。複数社から見積もりを取って、確認してくださいね。

庭革命では無料で複数社から見積もりを取ることできるので是非ご利用してくださいね。

関連記事Related article

アナベル

剪定入門道場

2020.10.31

【アナベルの剪定方法】挿し木の方法や費用相場に……

エバーフレッシュ

剪定入門道場

2020.10.31

【エバーフレッシュの剪定方法】挿し木のやり方や……

剪定入門道場

2020.10.31

【ベンジャミンの剪定方法】増やし方や植え替えの……

剪定入門道場

2020.10.31

【クチナシの木の剪定方法】花を咲かせるための育……

剪定入門道場

2020.10.31

【カポック(シェフレラ)の剪定方法】育て方や剪……

りんごの木

剪定入門道場

2020.10.30

【りんごの剪定方法】美味しい実を育てるコツや剪……

記事一覧を見る

庭革命目次Site Map